2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

練習不足

今週走ったのは、きょうを含めてたったの23km、さんざんでした。これだけの練習不足も珍しい。前半3日はハードワークで、走るどころか日常生活もままならなかった。水曜の名古屋での研修会講師の仕事を終えてからは、ハードワークの反動で頭痛につきまとわれた。仕事は落ち着いたはずなのに、走ろうという意欲が湧いてこなかった。走ろうと思ったら、走れる時間はつくれたのにもったいなかった。「福知山マラソン」を出走断念し、当面の目標を失って行き場をなくしたような感じになったことも影響した。

そんな中でも、きょうは会社の走友との合同練習。こちらは3日ぶりのラン、走友は四万十ウルトラを2週間前に走ったこともあって、いつもよりも短めに走った。久しぶりに、「自分の居場所」に戻って来たような感じだった。まだまだ失った体力は戻っていないが、徐々に取り返していこう。。。

そういえば、きょうの「ザ・サンデー」で、淀川河川敷での野生の野良犬のもたらす危害の模様が報道されていた。昨年今の職場に赴任したとき、現在の自宅が決まるまでは淀川河川敷で練習していたが、そのときに5匹ぐらいに追いかけられて恐ろしい思いをしたことを思い出した。よくぞ無事に帰って来れたものだな。。。と今さらながら思っている。

2005年10月27日 (木)

福知山マラソン出走断念

11/21と22に、東京での研修が入ってしまった。ただでさえ、アルコールと切っても切り離せない研修なのに、悪いことに大会前日の22日の夕方から役員を交えての懇親会が組み込まれている。帰りが24時近くなってのアルコール漬けでは、とてもではないが、フルマラソンを走れる体調には思えない。練習不足の中、無理するよりも、次の機会に賭けるほうが賢明と判断し、出走を取り止めることにした。

それにしても、運がない。しっかり練習しなさいと、天罰が下されたような気分。。。

きょうは4日ぶりに走った。走れるよろこびを感じる以前に、体力が落ちてそんな余裕はなかった。

2005年10月26日 (水)

無事終了

名古屋の支店での経理勉強会の講師、何とか無事に終了しました。何しろ、資料完成が大阪出発5分前、ろくに推敲やプレゼンの練習もできない「ぶっつけ本番」状態、連日の深夜残業で疲れもピークな上、仕事でむかつくことがあって集中力もいまひとつ。。。と、いろいろな困難がついてまわってました。
そんな中、プレッシャーもずいぶんなものでしたが、つつがなく終えられたのは、神さまのご加護があったのではと感謝しています。

やれやれ、あすから走れそうかな?

2005年10月25日 (火)

ただいま徳俵の上

いま帰宅中、大阪の京橋で23時46分。あすの研修講演用の資料が若干未完成、帰宅したらやるしかない。
ここ2日、ずっとこんな感じだから、もちろん走っていない。まさに修羅場、徳俵の上で片足一本で残っている感じ、あすもたぶん走るのむりそう。がーん。。。

ねむくなってきた。まぶたも気持ちも重たくなってきた。

2005年10月23日 (日)

高島平・あれから10年

きょうは高島平ロードレースの日、走友も何人か参加している。わたしもこの大会には3回出ているが、思い出に残る大会なのである。
初出場した1993年大会では20km1時間13分59秒の当時自己ベストを出し、夢だと思っていた札幌国際ハーフの参加標準記録をたった1秒ながらクリアした。当時は20km1時間20分がやっとだった自分がこのように生まれ変われたことがとてもうれしかった。

翌年の2回目は腹痛などでさんざんだったが、その次の1995年は一番印象深い。(後で記載する理由により)食事がのどを通らない時期もあって厳しい体調だったけれど、復活に賭ける思いと「男の真価」を発揮せねばという思いを胸に予想を超えた走り。ゴール前500mの長い直線では、一度はもう永遠に無理かもとあきらめかけた札幌国際ハーフの標準記録めざして全力疾走。「ここでがんばれば、自分の未来が変わるんだ」と念じながら駆け抜けたゴールの先には、2年ぶりの札幌行き切符が用意されていた。1時間13分55秒、ことばでは言い尽くせないよろこびと達成感でいっぱいだった。
そして。。。
1時間13分を出せたらしようと決めていた恋のアタックの電話をして、いい回答が返ってきた。これで出会ってから大会当日まで10日あまり悩まされていた恋煩いから解放された。その後このお方とは3年近くお付き合いしたが、すれちがいがもとで縁が切れてしまった。それでも、自分の生き方に輝きを与えてくれたという点で感謝している。このときの経験が、別れからその一年後の結婚と現在の家庭生活に生きているんです。

あれからもう10年か。。。

これから帰阪

2泊3日の東京出張プラスアルファから帰阪の路へ。出張は重かったけれど、家内の実家ではゆっくりくつろぎ、いためしとワインのディナーをごちそうになり、あさは二日酔いのおまけつきでした。そんな中でも、あさは武蔵野市陸上競技場の周回コースをぐるぐる10周、アルコールが残っていたので快適とはいえなかったけれど、走り出すことで何かが始まり、何かが生まれると心に念じて、13kmを走りました。
何となく、鼻がじゅるじゅるしています。あすから3日は仕事で正念場なので、今晩帰宅したらゆっくり休みます。

2005年10月22日 (土)

皇居に出没

昨晩とけさ、二度皇居に出没しました。決してあやしいものじゃございませんが?
二日とも二周走りましたが、きのうのほうが元気よかったみたい。秋田100kmの入りの10kmと同じペースでしたが、けさは限りなくキロロのペース(キロ6分でーす)に近かったです。久しぶりの皇居は、懐かしくて心地よかったです。欲をいえば、めざましテレビでも紹介された、皇居近くの銭湯につかりたかったです。
余談ですが、今回はよく迷子になりました。東京駅からホテルに向かうときは、タクシーの運ちゃんといっしょに迷子になった。そしてけさは、茅場町のホテルへの帰り道で。。。二年近くの東京ブランクは大きい。
これから、家内の実家の吉祥寺に向かいます。かばんが重い。

2005年10月21日 (金)

ふかひれ弁当

東京出張。これからぜいたくなお弁当でディナーです。
@東横インにんぎょーちょー20051021210725.jpg

2005年10月19日 (水)

わたしの骨密度

会社駐車場の敷地で、骨密度測定をやっていたので、物は試しにと測定いただいた。結果は459E/p(イーバイロー)、わが年齢での平均値の八割ぐらいだそうな。計測誤差?
「普通のひとよりもひじ下が短いので、骨をたたいた振動がエコーしなかったのかもしれません。」と計測者はおっしゃっていた。まあ、骨密度、腕の長さのいずれかが「規格外」であることは確かだ。しぇー。
骨だけはがんじょーだと思っていた自信がぐらついてきた。
ほねほねろっく(懐かしいでしょ?)

2005年10月17日 (月)

「みつを」さん

わたしの愛飲している飲料は、弊社の牛乳よりも、「おーいお茶」。(会社に怒られそう?) 「新俳句大賞」に入選した作品を眺める楽しみもさることながら、つい最近は、キャンペーンであの相田みつをさんの「癒色皿」(いやしいろさら)がついてくる。(実はきのう気づいた。)
全部で6種類ある中で今わたしが持っているのは2種類、その2種類とも、今のわたしにとってズシリと重たい意味を持つ言葉だ。(目にしたときに、はっとしたものです。)

いちずに一本道、いちずに一ッ事

つまづいたっていいじゃないか、にんげんだもの

自分の「原点」に通じる言葉として、大切にしていこう。

ちなみに、上記2つの言葉のうちのひとつは、おーいお茶のパンフレットでは紹介されていない「?」(シークレットマーク)がついていたものでした。「当たりくじ」引いたようでうれしいです。

小虫のいたずら

朝練習、きのうはたった10kmのロードレースでしかもとろとろペースだったのに動きが重い。鍛え方が足りん。昨年までできていたことができていない。できるようにするためには、1日も早く朝練習で1時間以上走ることを習慣化することと思う。そのためには夜は24時前には就寝したい。

それはそれとして、武庫川の河川敷に出て5分ぐらいしてから、不覚にも小虫を吸ってしまった。走りながらむせてしまい、呼吸が続かない。まじで何かもどしてしまいそうだった。せっかく「やる気」が戻ってきた矢先に、こんなざまで走るをやめてしまうと何も進歩がない。だから、症状が治まるまでは視線を下に落としてゆっくり走る。ガマンしたことおよそ10分、そのあとは平静さを取り戻した。「バチ」が当たったのかと思った。神様にしてはずいぶんと手の込んだいたずらに思えた。

2005年10月16日 (日)

金沢駅

20年見ない間に、ずいぶんおしゃれになったものです。手前の時計、時刻を示す文字は「水」でできていました。びっくり。

20051016115151.jpg

近江町市場2

ここで腹ごしらえ。
うに海鮮丼は絶品でした。

20051016112815

近江町市場1

お買い物あんど腹ごしらえ。日曜お昼なので、思ったほどの賑わいでもなし。朝のごはんのおとも、イカキムチとかずのこのピリ辛づけを買いました。

20051016112921.jpg

尾山神社

20年ぶりにきました。
異国情緒漂う建物です。

20051016104736.jpgb

百万石ロード結果

19位、タイムは42分8秒でした。予定どおり39分だったら、8位入賞圏内でしたので、もったいなかったです。やっぱり、練習不足がモロに出ました。体感と実際のタイムが1kmで10秒ずれていたし、3kmで息があがってしまいました。来月23日の福知山マラソンに向け、練習に励みます。
早く終わったので、近江町市場など見ながら帰ります。

2005年10月15日 (土)

懲りもせずに

また、グリーン車をつかってしまった。
だって、「たばこ部屋」と「たこ部屋」しかあいてなかったもん!
快適です。
あすは、金沢百万石ロード、秋田からの復帰第一戦です。10キロ39分ならばおっけーかな?

2005年10月14日 (金)

「秋田」の順位

29位でした。

これまで経験したことのない順位、「ニク」という語呂はしゃれになってません。

奮起あるのみ。。。

よるのおしごと

出張あけのきのうは、昼よりもよるのおしごとの時間が長かった。決して「あっち」の世界のおしごとではなく、衆人監視、千客万来のマイデスクでは絶対にできないおしごとゆえ、帰宅後自宅でお持ち帰りで仕事してた次第です。夜2時近くまでかかってまだ仕掛かり中です。だからきょうは朝寝坊、5キロしか走れず残念。
あさって大会なのに、先行き思いやられます。

2005年10月11日 (火)

中間決算これにて終了

やれやれ、やっと終わった。人件費・管理経費削減指示の出ている中、例年よりも厳しいスケジュールで臨んだ決算はとてもこたえました。でも、きょうでおわりというのが救い、本社のときはこのあと決算発表まで一ヶ月こんな調子でしたから。
けれど、安心ばかりもしていられません。あすは東京の本社に日帰り出張、そのあとは「イベント」と提出書類が目白押し。休みたくても休めない。仕事が山ほど集まるということでこのご時世では幸せなのかも?
いま家路へと向かう電車の中、もうすぐ23時です。走行中不意の雨でずぶぬれになった「最大凶」の一日も終わる。

2005年10月10日 (月)

たいいくの日

きょうは「たいいくの日」、家の向かいの小学校では運動会でした。しかしわたしはというと、たいいくの日なのに退屈にも休日出勤。きのう同様16時ぐらいに帰ろうと思っていたのに仕事が予想以上に手がかかってしまい、帰宅は21時すぎでした。「たいく2の日」なのだ。

朝練習ではきのうのコンサートの効果絶大でした。決算やら何やらで疲れ切った心がシャキッと「生き生きさ」がよみがえったみたい。走りもいつものキロ7分近い朝練習と異なり、ほぼキロ6分で12kmを気持ちよく走れました。心の内面に生き生きさをずっと持ち続けていれば、たとえどれだけ歳を重ねても若々しく輝き続けられると思います。

さあ、決算もあと1日の辛抱!

2005年10月 9日 (日)

はましょー(感想です)

ステージ横の前から五列め、おいしい席でした。ステージ横にはましょーさんが近づいたときには、ほんとう、目の前でしたので「感動もの」でした。17時開演からかれこれ3時間半のロングランコンサートでしたが(アンコール4回、マラソン走ったら45kmは走れます!)、これまで十数回行ったコンサートの中でも一番の印象度でした。カラオケでのわたしの「おはこ」の曲の「マネー」を演奏していただいたこともあったけど、50を過ぎても内面から弾ける「若さ」がとてもまぶしかった。見ている自分まで若返りそう。そして、メロディを聴いていると、静かな曲だけでなく激しい曲でも、自分の心の中の「My Hometown」を思い出させてくれて、心の中から自然とよろこびが湧いてきました。そう、初めて100km完走したときのラスト1kmと同じでした。意識して「やろう」としてもできない笑顔が、14年ぶりに出ました。今年は何かと、初めて「秋田100㎞」を走った14年前にゆかりのある出来事が続いているような気がします。

それと、はましょーさんがこんな印象に残ることをおっしゃってました。
「自分はこの歳になっても子どもはいない。かつては、結婚して子どもが生まれて育てないことには、ジグソーパズルの最後の1ピースを埋められないような未達感を持ち続けていたけれど、いまは違う。たとえ自分の手で直接育てることがなくても、自分の生きざまを通して「何か」を伝え、そういったかたちで「間接的でも」育てていくことができればいいんだ!」と思えるようになったそうです。

この言葉、いま自分の身近で子どもの件で悩んでいるお方にぜひ聞かせてあげたいと思えた「金言」です。この言葉のあとに聴いた「MY SWEET DARLIN’」はまじで泣けそうでした。

帰宅は22時をまわってしまいました。余韻を楽しむ間もなく、あすも仕事です。

はましょー(開演10分ぐらい前)

まにあったよ、やれやれ。仕事をぎりぎりまで粘ったあと、会社の前で運良くタクシー拾うことができました。開演10分ぐらい前に到着。

20051009164118.jpg

ああ(あーあ?)三連休

これから休日出勤、三連休は今日とあすの二日出勤です。世の中のカレンダーに逆らってます。練習は木曜の深夜帰宅後体調崩して、10キロがやっとです。
本日仕事が終わったあとは、大阪城ホールで「はましょー」です。仕事が無事終わればの前提ですが。頭の中に、はましょーのメロディがこだましてる。頼むで、、、

2005年10月 6日 (木)

業爆

24時ちょいまえ、まだ電車のなかです。決算仮締め、処理がこんなに集中するとは思わなかったです。部下たちのありがたいアシストのおかげでかろうじて23時に会社を脱出できました。はらへった。あす無事に起床できることを我ながら祈っています。

2005年10月 5日 (水)

スローダウン

きのう5kmきょう0km、中間決算もはじまり、走る意欲もスローダウン。ウルトラの後遺症もたぶんにあるだろう。人生押し一辺倒だけでなく、たまには引いてみるのも必要だ。「休め」という天の声に従おう。

2005年10月 3日 (月)

仕切り直し

朝練習では「まさか」と思えるぐらいの絶不調、50分で6kmだからキロ8分を超えている。居眠り運転しながら走っているようだった。不調の原因は、二日酔いでも故障でもストレスでもない。まったく心当たりがなかった。悔しかったので帰宅後走ることにした。ひと息置いて走ってみると今度は別人のような生き生きとした走り。同じ6kmでも12分早かった。さしずめ、「取り直し」の一番ってところか。。。

本日は、自分の走りだけでなく、世の中でも前代未聞の「仕切り直し」がありましたね、高校生のドラフト会議。事前に正確にアナウンスしておけば、あんな初歩的なミス、ありえなかった。「長年の経験」にあぐらをかいたのかなという気がしました。企業でアノ手のミスをしたら、あすから自分の座る椅子と机はないでしょう。製品だけでなく、信用というブランドを大切に背負っていかなければいけませんね。。。

2005年10月 2日 (日)

予定変更&機種変更

本日は休日出勤のはずでした。ところが、昨日予想以上に仕事がはかどったので、土曜出勤だけで済んだ。もしも本日出勤だったら、月曜を振替休日にするつもりだったが、休んだのであすは出勤することにした。よかった。。。というべきか。

走る時間は、午前中に宅急便がくるのを待っていたので足止め状態。待っていた荷物は、二代目のi-podでした。初代がいかれてしまい、先日の秋田遠征では用をなさなかった。2年前に買った初代は10GBで3万6千円でしたが、今回の二代目は20GBで3万2千円。恐るべきコストダウンです。うれしくなったので、いまもお気に入りのミュージックを聴きながらこのページを書いています。

出走は午後1時すぎ、10月に入ったというのに夏を思わせる陽気。ほんとうに10月と思いたくなるぐらい。走りのほうは徐々に回復、いつものウルトラ後よりははるかにダメージは少ないようです。力を出し切っていない証拠かも? それはさておき、おニューのシューズを履き慣らしながら約100分、外の景色を楽しみながら、今度どんな大会に出場しようか思いを巡らせていたら、あっという間に家路でした。

帰宅後は、携帯電話の機種変更のため西宮北口のドコモショップへ。現機種は2年3ヶ月十分働いてくれたが、いくつか機能面で不満を感じていたので思い切ってリニューアルすることにした。24ヶ月以上使用したことと、ポイントがずいぶんたまっていたので、「ただ同然」の買い物だった。FOMAにしました。メールやアドレス帳の移しかえはお店でやってもらったけれど、待ち受け画像の移しかえに苦労して、気がついたら午後10時でした。

本日は、何かと「変更」にまつわる話題が多かった。。。

不思議ね。。。

100km完走して不思議に感じたこと。

・フルを余裕でサブ3できるのに、100kmでは9時間以上かかるランナーがいる。
・フルでしばらくサブ3から遠ざかっているのに、100kmでは8時間台で走るランナーがいる。

だいたい、100kmの記録は、フルの2.9~3倍ぐらいと思います。
どの種目に重点や価値観を求めるかにより、「不思議」を解明する上での答えは異なってくると思う。前者はウルトラ向けの練習が必要であり、後者はぴりっと刺激入れたり、心拍数を高める練習が必要だろう。
ただ、たとえ完璧にサブスリーをカバーするスピードがなくても、練習・経験・集中力でカバーすれば好機をつかむチャンスのあるのがウルトラマラソン。わたしはそんなところがたまらなく好きです。

ちなみに自分はもちろん後者です。
100kmベスト8時間6分を出した昨年ですら、フルマラソンベストは2時間59分58秒でした。
今回に至っては、今年のフルマラソンのベストは3時間6分。月間300km台でもあったし、よく8時間台に落ち着いたものだ。
スピード・スタミナ面両方からのアプローチで、更なる精進に励んでいきたい。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »