2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

ばたん9

けさはくたばって一歩も走れず。藤井寺往復もこたえたけれど、それだけではないような。月間300km到達のための切符を自らの手でドタキャンしたようなものです。宿泊や切符の当日キャンセルは違約金が取られるけれど、自己の責任と趣味の範囲内で行うマラソンにおいては、経済的なペナルティではなく、走力ダウンというペナルティが待っています。でも、これからの意欲次第で取り戻すことはできるはず、休養も練習のうちです。ガツガツしないで、復活めざします。

それにしてもきのうの新商品説明会での試食タイム、食べさせてもらった身分で贅沢言ってはいけないんでしょうが、量が少なくて食べた気がしなかったです。スーパーでの試食のほうがたっぷりいただけたような。まあ、仕方ないか。。。

2005年11月28日 (月)

闇夜のカラス

昨晩、やたらのどがかわいて夜中に目が覚めて、みかんをほおばる。どうも、きのう実家から送っていただいた富山名産のますのすしのしゃりがのどの渇きを促したようだ。そのせいで目覚め時には胸焼けと睡眠不足でけだるい。きのう25km走った疲れがあるのかもしれない。朝5時20分に出走したが、まわりは夜明け前で真っ暗闇。特に武庫川の河川敷では街灯も何もない。暗闇を走るわたしはさしずめ「闇夜のからす」みたい存在に思えた。そんな中でも、闇夜のカラスは何匹(何人)もいらっしゃった。ランナーだったり、お散歩の方だったりと。暗闇を走ることに快感や充実感は感じないけれど、貴重な時間を自分の思うままに、好きなことを楽しんでいる自由さと、走ることで「未来」につながるだろうという期待感がこのように走らせてくれるのかもしれない。本日は70分で10.5kmだった。まだまだじゃ。

あすは、新商品の説明会のため、藤井寺にある弊社の支店に出かけます。自宅から2時間近い長旅(?)ですが、あの藤井寺球場の近くにあるようです。藤井寺球場で思い出すのは、1989年の巨人と近鉄の日本シリーズの最終戦。引退表明していた絶好調キヨシ君が感動的なホームランを放ち、巨人が3連敗のあと4連勝という奇跡的な逆転劇に花を添えたことが印象に残っています。あの日はちょうど「白河の関ロードレース」(10マイル)をブービーで走り終え(18人中17位、記録は64分台)、新白河のホテルでTV観戦していました。最終戦は風が強くてピッチャー泣かせでした。このときは、「巨人?、最下位のロッテ(当時)よりも弱いですね。」というビッグマウス君の暴言がシリーズの流れを変えました。勝負事でも、日常生活でも、「口は災いのもと」です。悪気はなくても、ふと発した言葉が、勝負のあや、世の中の流れを大きく変えてしまうことだってあるんです。言いたいことを言うこともいいことだろうけれど、「場を読む」ことにより、ぐっとこらえて思いを「飲み込む」ことも必要に思えます。

2005年11月27日 (日)

空振り

土日は合計41km走った。特にきょうは朝昼2回練習した。いずれも、出だしは乗りが悪かったものの、後半調子をあげてきた。1ヶ月前は10km走っただけでも息があがっていたので、ひところのどん底状態からは脱出できたと思う。走っていてリズムをつかむと自然とうれしくなってくる。そしてそれが自信にもなる。来週ぐらいから、スピード練習も入れてみよう。


土曜日、商売道具のランナー用ウオッチを探しにいった。これまでごひいきにしていたアートスポーツ大阪店が9月いっぱいで店じまいしてしまったので、どこにいったら買えるのか頭を悩ませていた。たまたま、今回出場できなかった福知山マラソンの案内に同封されていたお店のちらしにお目当ての時計が出ていたので、地図を見たらお近くの西宮北口と梅田の本店があるらしい。ラッキーとよろこび勇んでお店に入るといずれも「空振り」。くたびれもうけでした。何だかだまされた気分、仕方なくランナーズの通信販売を使用することにしました。
やれやれ。。。

2005年11月24日 (木)

頭が二つ?

本日は朝から「頭が二つ」の状態。
その心は、、、
「ず・twoぅ〜」

今から振り返ると、朝はこんなおやじギャグをかますような余裕などなかった。二日間の研修で目一杯絞られた疲れ、昨日根詰めて研修レポート書いたことによる知恵熱、そして溜まっている仕事への見えない不安があったように思える。朝10kmちょい走るも、頭痛の影響で70分かかった。
二日間不在だったので、まじで忙しかった。でも忙しさが逆に頭痛を忘れさせてくれた。不思議なもんだ。

また時計がいかれてしまった。これで三回目、だめじゃこりゃ。時計も主にお付き合いか。おにゅーが必要みたい。会社でのお引越しのときにどこかにぶつけた覚えがあるので、それが致命傷になったみたい。土曜に買いに行こう。

2005年11月23日 (水)

本来ならば。。。

今日は福知山マラソンを走るはずだった。事前に出走断念を決意していたが、くやしさはなかった。

今から考えると、きのうの研修&懇親会が19時前に終わり、帰宅が23時ごろだったので、出ようと思えば出られたかもしれない。朝の移動を考慮して、京都に泊まる手もあったかもしれない。

もしも自分が独身だったら、たぶん強行出場していたかもしれない。でも、家庭のこと、会社で置かれている立場も考えると、この体調で無理することはかえってマイナスになってしまうと判断した。自分の好きでやっているマラソン、好きゆえに生活の「すべて」に優先させることは、よくないと思う。家庭での理解、会社での仕事があって、その中で与えられた自分への時間で、走ることに精一杯取り組み、楽しんで、充実したひとときとすることが大切ではないか。

晴れた武庫川堤防沿いを19km走った。晴れた日は、走るリズムと呼吸が心地よく感じた。またあすから頑張ろうという気持ちになれた。

2005年11月21日 (月)

ただいま研修( 謹慎)中?

きょうあすと、東京の研修所で缶詰めです。偉様だらけで緊張の続く座学でぐったり。夜のアフターも自主的にパス。謹慎生活?隠遁生活?
頭痛があったので、これでいいのだ。

朝は、青物横丁の宿から第一京浜を上って芝増上寺まで行って折り返し。昨日のQちゃん、走友たちの熱戦の余韻で心地よく走れた。走っていて元気さがもどっていく自分の姿がうれしかった。未来への希望を道しるべに、一日を前向きに、大切に生きていこう。

2005年11月20日 (日)

東京での研修・その前に

皇居和田倉門の前で応援してました。アスリートの輝く汗は美しい。そして、Qちゃんおめでとう。ゴール後のインタビュー、いろんな思いが詰まっていて感動しました。20051120140425.jpg

2005年11月18日 (金)

人生いろいろ

今週はいろいろありすぎて、くたくたなのだ。日記を更新する心の余裕が持てなかった。それでも、不十分ながらも、走ることは忘れてはいない。

悩み、しがらみを抱えながらの毎日、でもそれも人生。みんな悩んで大きくなった。(懐かしのCMを思い出す。古いなー)
こう見えても、開き直っているので、楽観的に構えています。何とかなるさって感じで。

来週月火と東京で研修です。そう、福知山マラソンと引き換えの。。。

2005年11月13日 (日)

大会観戦

職場の執務場所入れ替えでばたばたしていました。2週続けての土曜出勤でしたが、つつがなく終わってひと安心です。

日曜はいつものように、武庫川河川敷に向かった。快晴でアウトドアスポーツにはうってつけ、こうして走れる幸せに感謝だ。河川敷に出ると、西宮ハーフマラソンが開催されていた。昨年この大会にエントリーしていながら、台風で河川敷が荒れ野原と化した影響で開催中止されてしまった。今年はエントリーしようか迷ったが、体調を考えてエントリーしなかった。
走るうちに次々とランナーが通過していく。こちらは走りながら声援を送る。一生懸命走るランナーたちを見ているうちに、「走りたい」という気持ちで満たされてきた。一生懸命さを見ていると、自分自身もすなおになれそう。体力が落ちて走り自体はアップアップしていたが、「いつか自分にも全力で走れる日が戻ってくるように。。。」と思いながら、前向きに走れた。

大会を観戦しながら、それぞれの一生懸命さは美しいと思えた。たとえ一番ではなくても、自分にしかない走りができればそれでいいんじゃないか。

帰宅後はさすがにダウンした。まだ15kmがやっとみたい。

2005年11月 9日 (水)

時計が。。。

出勤前、時計が気付かぬうちにリセットされていた。しかも、覚えていた時間合わせ方法を試みても、リセットボタンがうまく効かなかったり、時間を合わせたあとでも文字が点滅し続けるなど、正直おしゃかと思った。しかし、あるボタンを押したら不思議にも生き返った。やれやれ。。。

でも、大切にお守りがわりに保存していた、昨年の秋田100kmのラップがいっしょにリセットされてショックです。
いやなこと、都合の悪いことは、消しゴムで消してしまいたいけれど、大切な思い出はかたちあるものとして残しておきたい。でも、見方を変えると、神様が「過去にすがらず、いまと未来を見据えて前に進め!」と教えてくれたのかもしれない。

あさは目覚めてから走り出すまで1時間かかった。どたばたで疲れているとはいえ、走れたのはたった6kmだったからもったいなかったです。

2005年11月 6日 (日)

雨の日曜

朝15km走る。途中から雨に降られた。おまけに突然せきが出た。ここ最近の疲れが原因と思う。キロ6分後半のペース、まだまだですね。

帰宅後は、全日本大学駅伝をTV観戦。母校が出場していない大会は味気ない。(昨年は出ていました。)そして留学生3名で固めた学校はやりすぎです。外国人選抜チームと走っているみたいだった。見ていて「あっ、そ」って感じになって、何度もお眠りが入った。一生懸命走った選手の力走は評価する一方で、見る立場としては、例年に比べて退屈で味気なかった。やっぱり母校がいないとね。地区枠が1校に減らされたので、難しいけれど。

雨なので、外に行けず退屈してました。風邪治さないとね。。。

2005年11月 5日 (土)

さわやかさ

昨日、会社の同僚と外出したときに、標題のことが話題になった。前日の広島でのマラソン大会で、同僚も知っているわが先輩が自分よりも5歳上とは思えないさっそうとした走りを見せたことが話題となり、「さわやかっていいですね」と切り出したら、「(わたしも)十分さわやかですよ」って言われ、こそばゆかった。「いやー、わたしはどろどろですよ」って返しながら、「さわやかさって、何だろう?」って、自問自答してみた。

・笑顔と汗が似合う。
・わかりやすい性格。
・内面から発せられる若さ。
・細かいことにこだわらない。
・後味すっきり。

いろいろ並べてみたけれど、「オーラ」ということばがすべてを説明してくれるように思えてきた。さわやかなひとを見ていると、若々しいオーラが発せられているのではないか。

気持ちが沈んでいるときや、心の中に気持ちが向いているときには、オーラすら発せられない。

また、怒っているときには、怒りの「赤いオーラ」が発せられる。

「さわやかなオーラって何色?」と問われると、わたしならば青か黄色と答えたい。目にやさしく自然な色、自然な雰囲気が伝わってきそうだから。
皆さんはどう思いますか?

きょうは休日出勤、朝に11km走った。体力がまだ戻り切っていないので、このぐらいの距離で目一杯だ。できることを積み重ねることで「未来」が見えてくるはずだ。とにかく、走り続けよう。

@帰宅の阪急電車車中

2005年11月 3日 (木)

ひろしま国際平和マラソン

サロマ湖100kmの10km通過よりも遅かった。スタートからゴールするまで、体がずーっと眠り続けている感じだった。練習不足を通り越して運動不足の体調ゆえ、きょうはこれが精一杯だった。
いっしょに走った会社の先輩は、転勤であしたお引越なのに、いつもどおりの実力を発揮、わたしとラベルが違う。尊敬します。

まずは、心身ともに健康で走れる体調に一日でも早く回復させたい。

2005年11月 1日 (火)

くろをさる( 黒おさる)

宮崎青島神社の苦労よけのお守りの「くろをさる」(苦労去る)、あやまって踏んづけてしまい、そてつの殻にひびが。。。最近の運勢を暗示しているみたい。
けさは、大掃除疲れで走れず。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »