2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

最低限の仕事はできた。。。

2月が始まるとき、通常よりも3日少ない月でも1月の走行距離を上回ることと、スピード刺激をより多く盛り込むことを目標とした。1ヶ月が経過し、走行距離は何とか先月の332kmを上回る349km。でも、スピード刺激が足りなかった。武庫川での30kmロードでもラスト5kmで失速した。内容的には不満は残るが、コンスタントに練習できる体調に戻れたという意味では、「最低限の仕事はできた」のではと思っている。

夜は牛肉のももとすじ盛り合わせパックに(280グラムで諭吉さん1枚)、カレー用の切り売り野菜を使ってぜいたくな野菜炒め。久しく行っていない焼肉料理屋の光景を思い出しながらお料理。味は自己採点でぼちぼち、こちらでも最低限の仕事はできたかな? でも食べ過ぎた気がする。そういえば先日かみさんと電話でおとこの料理の話しをしているときに、「今度つくって」というリクエストを受けた。すかさず、「金よこせ」と返す。「いくら?」と聞いてきたので、満を持して『時価』って答えた。あくどいだんなだ。「時価」といえば、12年前に礼文島で食した「うに重」(うに丼2段重ね)は絶品、時価3500円でした。

きのうの話題の続きになるけれど、ipodの音源も提供しているiTunesミュージックストアから、あの岡本知高さんが謡う「トゥーランドット・・・誰も寝てはならぬ」をダウンロードしました。パソコンで何度も聴きながら、椅子の背もたれに「イナバウアー」している自分がいました。感動がよみがえります。「誰も寝てはならぬ」という曲のタイトルには何かぷっと吹き出してしまいそうですが。。。

あすから3月、たいへんあわただしい1ヶ月になるのは目に見えている。。。

2006年2月27日 (月)

いろいろあって冬眠中?

先週水曜から残業、飲み会、風邪。。。等が重なって冬眠していました。(-_-;)

おかげで週末も頭痛とのどの痛みで、距離で7割、スピードで6割程度の走りがやっと、来週の静岡駿府ハーフ、大丈夫かいな。。。とさえ思えています。

この尼崎での生活もついに残り2ヶ月、カレンダーを眺めてみたら、実はフリーな週末・休日がほとんどないことに気づきました。

・3/4,5…静岡駿府ハーフマラソンに遠征
・3/11,12…家内の実家に上京
・3/19…友人との合同練習会
・3/21…多摩湖駅伝のため上京
・3/25,26…たぶんフリー(かな?)
・4/1,2…休日出勤(さびしきバースデー)
・4/8,9…同上
・4/15,16…退散準備?

そういう意味でこの週末はとてももったいない過ごし方だったと後悔しています。有馬温泉に日帰りで行こうと思っていたのですが、この分だと、3/18か25ぐらいまで待つしかなさそう。それを逃すともう行けない。とても名残惜しい。

名残惜しいといえば五輪、ついに閉幕です。ようやく「早寝早起」のよい子の生活を取り戻せるかな? …仕事しだいですが。今週は金曜に高松出張、大会2日前なのでおさけは184です。

最後に。。。

・・・わたしが小学校のとき、「笠谷ごっこ」がはやったけれど、こんどは「いなばうあ」でしょうかね。ラジオ体操で背中をそらすとき、まねごとしようとする人たちもいるかもしれないけれど、前屈でひざより下に手が行かないわたしにあの体勢は「ぼきぼき」ものです。ありえない姿勢です。

それにしても、「本物」のいなばうあはお見事でした。現在の採点法では点数にはならないとのことですが、何よりも滑っているときの「生き生きとした表情」がすべてを物語っていると思いました。自分なりの価値観・こだわり・思いいれが不動の「アイデンティティ」として筋の通った演技になっていたんですね。余韻でしばらく震えが止まらなかったです。

2006年2月20日 (月)

ばりばりの筋肉痛。。。

ももの筋肉痛が甚だしい。ばりばりです! きのうの30kmロード、ラスト5kmはジョギング同然だったのに。失速の原因は空腹だけではなく、ももにもぼろが出たことを示している。

朝練習では10km走るのに78分かかってしまった。あしたも同じか。。。

帰宅は午後10時すぎ、でもきょうは台所に立って牛肉カルビと野菜炒めにトライ。あわてて野菜を思い出したように切ってフライパンに放り込んだので、少し焦がしてしまった。ペース配分をミスったかもしれないが、味ははずしていなかったと「自己採点」。

そういえば、話は変わるけれど、昨年「サロマ湖100kmマラソン」のゴール後にマッサージを受けた常呂町スポーツセンターは、いまオリンピックで活躍しているカーリングの会場であることを思い出した。選手の多くも常呂町のご出身ということで、「サロマつながり」の親近感が湧いてきますね。。。 

2006年2月19日 (日)

30kmロードレース

残業と飲み会の連続で、久々の更新となってしまいました。

きょうは「武庫川ロード記録会」に出走しました。この大会は500円で「自分の好きな距離」を自己申告して走る大会で、もちろん「延長」もありです。片道2.5㎞のコースを何度も折り返し、切り替えが難しいですが、目標は5km21分台で30km、あわよくばラスト5kmでも21分台だったらフルマラソンにしよう。。。なんて考えていました。

結果は、見ての通りラスト5kmで上げるどころかつぶれてしまいました。

【5㎞ごとのLAP】

 21:11-42:23(21:12)-1:03:34(21:11)-1:25:06(21:32)-1:47:49(22:43)-2:12:51(25:02)

3㎞手前で息が上がるし、足首が痛くなって出だしから不安いっぱいながらも、7㎞あたりで「セカンドウインド」状態を脱してからはリズムがよくなって20㎞まで予定通りのペースでいけました。「このまま42.195㎞走ったらギリギリサブスリーかな」と期待も抱きましたが、20㎞の給水で失敗してからぼろが出ました。体感と実際のペースとのギャップで力んでしまい、キロ4分20秒を出てしまいました。25㎞手前でいったん持ち直しましたが、そのあとは完全にガス欠状態、28㎞でやめようとさえ考えたけれど、やめてしまったら何も残らないし、ぼろぼろでも最後までがんばることで「次」が見えてくると思って踏ん張りました。25㎞では後ろと3分近い差をつけてのトップだったのに、28㎞すぎで2人抜かれてしまいました。ラスト2㎞で抜かれたことで、2年前の「サロマ」を思い出しました。ラスト2㎞は時計を見る余力もなく、空腹感で視界には無数の流れ星。5㎞25分にまで落ちるとは。。。

ゴール後、主催者のスポーツクラブの方々から、「イーブンペースでいい走りしていたね」といろいろ声を掛けていただきうれしかったのですが、「練習不足でぼろが出ちゃいました」って苦笑いの連続でした。この調子じゃ、5月の「武庫川ゆりかもめ70㎞マラソン」も6月の「サロマ湖100㎞マラソン」もまじでやばいと思えてしまいましたが、復調の手ごたえを感じたのでいい方向に考えることにします。反省も忘れずに。

30㎞ロードレースといえば、東京ではきょう「青梅報知マラソン」が開催されています。今年で青梅も40歳(だれかとひとつ違い)、歴史の重さを感じます。実はわたしが青梅に出たのはちょうど20年前、「青梅マラソンが『成人式』を迎えた」という記事が出ていたことを懐かしく思い出されます。20年前の青梅は、今よりもはるかにマスコミでの青梅マラソンのステータスが高く、スポーツ番組でも特集組んで放映されていたので、いなかのぽっと出のわたしがそのような舞台に飛び込んでいくことでずいぶん舞い上がっていました。ましてや、それまでの最高距離がハーフマラソンでしたし。。。 「1時間50分を切るんだ!」と意気込んで「お祭り」の雰囲気の中を走り、20㎞までは設定ペースよりも少し遅い程度でしたが、ロードレース初のけいれんにわれを忘れ、緊張感までも切れてしまう恥ずかしい走りに。ラスト5㎞は「20年後のきょう」のような感じでした。レースを途中で投げてしまった後悔が残ったけれど、完走できたからこそ得られた「達成感」と「踏ん張ることの大切さ」を実感できたことも確かです。

来年は12年ぶりに出てみようかな。でも、体重が当時よりも8㎏も重くなってしまった。青梅は重くなったわたしのことを覚えていてくれるかな?

2006年2月14日 (火)

きょうは。。。

きょうは女の子の日でしたね。家内からと会社からの2個でしたが、所帯持ちのじじーだからまあこんなもんでしょう。若いもんにまかせたって感じで。。。 家内からはこの前上京したときにフライングでしたがいただきました。療養中の体調ながら吉祥寺まで買出しに行って、一筆添えていただいた心遣いに感謝です。

朝の練習は、かかとのひび割れ、五輪寝不足、きのうのビーフシチューの胸焼けと三重苦ながら、ここ最近ではいいペースで走れましたので不思議です。日曜日には、武庫川スポーツクラブ主催のロード記録会にエントリーするつもりです。距離は自由設定ですが、30kmにしようかな。。。

残業で帰宅は23時ちょい前、五輪見ながらひと晩寝かせたビーフシチューを食べています。ようやく「とろみ」が出てきてほっとしました。わしの腕も錆びてはいなかったな。今度家内にご披露しようかな?

五輪見ながら、スキーのクロスカントリーのリレーって、陸上の「マイルリレー」や「駅伝」とよく似ているな。。。と感心しながら見入っていました。いままであまり好んで見ていなかったように思えましたが、これを機に「やみつき」になるかもしれませんね。きょうはもう寝ましょう。さすがに寝不足が3日も続くときつい。

2006年2月13日 (月)

久々にシェフ?

2日ぶりに単身赴任に戻りました。昨晩尼崎に戻ってからは、たまったクリーニングの処理、ワイシャツのボタンつけ、家内の実家へ送る宅急便の手配、左かかと裏のひび割れの治療。。。と慌しかったです。落ち着いてからTVをつけたまま就寝、あわよくばオリンピックのジャンプノーマルヒル決勝を見れたら。。。という願望を持って。

まあ、何とも目覚めの悪い朝、「結果」がついてこなかったからやたらけだるい。4年前の「勝田マラソン」もこうだったことを思い出した。あのときも大会前夜、突然目が覚めて同じくジャンプを見ていた。日本勢の結果は今回同様芳しくなく、わたしも寝不足と何とも言えぬ消化不良感でぼろぼろだった。(10km39分ぐらいだったかな?) 勝田マラソンもずいぶん懐かしく感じるようになった。わたしだけ?勝田はやっぱり「2月11日」というイメージがふさわしいと思うのは。。。(…だいたひかる風に)

仕事はそこそこに切り上げて、本日は久々に「自炊」した。10日前に母が置いていったじゃがいも、たまねぎ、にんじんが残っていたのでどうしようと頭を巡らせていたら、「そうだ、ビーフシチューをつくろう!」と行動を起こしていた。自分でごはん以外の料理をつくるなんて、かれこれ20年ぶりぐらいではないかと記憶している。ぐつぐつ煮込むのに時間がかかり、めんどうくさかったけれど、まあ捨てたもんじゃないと思えた。とろみはひと晩寝かせないと出てこないと思うが、そこはあしたのお楽しみとしよう。蛇足だけど、これでも学生時代には弁当やで「巻き寿司」を巻くアルバイトを半年やっていたんですよ。

・・・ここまで今日の練習のことは全く触れていなかった。朝粗大ごみを出す「大仕事」があったのでいつもより15分早く6時30分でジ・エンド。走れた時間は70分でもう少し行きたかったが、週の初めだし体もよく動いていたので、まずはよしとしておこう。

2006年2月12日 (日)

一時帰省

土日は家内の実家で一服、二週間ぶりに家内とのひとときでした。いろんな意味で「もうひと辛抱」、時間と意欲が解決してくれるものと思っています。

昨晩は家族一同で外に出てイタメシをつついて乾杯、ご両親のご尽力ぶりにはほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

三日連続のアルコールはさすがにこたえました。帰り道に飲んだ後の必需品のポカリスエットを買って二日酔い防止策、深夜目がさめてオリンピックを一時間ほどTV観戦しても、朝の練習にはさほど影響ありませんでした。

朝練は武蔵野市陸上競技場の900m周回コースを10周したのち、目がまわってバターになりそうだったので、ロードに出て青梅街道を西に進んで田無まで往復。2時間で20kmのjogでした。青梅街道に出てからは、歩道の小刻みなアップダウンと北風で走りづらかったです。走りながら、「今日の東京国際マラソンは後半つらい展開になりそうだな」と実感しましたが、6時間後にTVの映像からまさにそのような光景が飛び込んできました。

マラソン中継が終わったあと、実家をあとにして家路へ。家内が最寄り駅の三鷹駅までバスに一緒に乗ってお見送り。次回お邪魔する一ヶ月までのあいだ、住まいは別々になりますが、前にも書いたけれど、ほんとうに「もうひと踏ん張り」と言葉を送ってプラットホームへ進んでいきました。

ただいまのぞみ号の車中、指定席がたばこ部屋しかなかったので、奮発してグリーン車にしました。
@静岡通過中

2006年2月11日 (土)

お久しぶりの。。。

きのう急遽出張が入り上京、かつての同僚たちとの打ち合わせでした。終了後場所を変えて延長戦、前日会社の送別会で沈没して出勤途上に川に向かってかえるのまねごとしたので、抑え目に飲みました。最初はビールオンリーのつもりが、調子が出てきたので焼酎「六区」とワインまで。気の知れたかつての仲間たちと久しぶりの歓談が調子づけたのかもしれません。

夜は遅くなったので、品川の「有名な」ホテルに泊まりました。チェックイン時にちょうど自分のそばにいたひとが、「社長はほんとうに反省しているのか?」と冗談まじりにフロントに話し掛けていて、何やら答えにくそうでした。社会への誠実さはどれほど大切なことか教えてくれた事例と思います。

朝目が覚めたら調子がよかったので、品川からかつてのホームグラウンド多摩川河川敷まで向かいました。多摩川に出るまで55分、河川敷を20分走って折り返し、かつてのホームグラウンドとの久しぶりの再会にうれしさを感じながら走りました。至るところで護岸工事のため、サイクリングロードの様相がずいぶん変わったなと実感しました。走行距離は26.5km、久々に稼ぎました。もっとも、きのうは二日酔いで吐いて走れなかったので、何とかリカバリーできたかなってところかもしれませんが。。。

これから家内の実家に向かい、一泊してきます。

2006年2月 7日 (火)

日替わり定食

ここ最近、毎日痛みを感じる場所が異なる。日替わり定食みたい。足首がよくなったと思ったら今度は背筋痛、腰痛と来ている。長時間のデスクワークと緊張感が体にひずみを与えているのかもしれない。きのうもきょうも走ったのは10kmと控え目です。

単身赴任状態となり、毎日ごはんを炊いておかずは買い出しという生活です。きょうはカツカレーにしたかったけれど、残業で遅くなって肝心のカツがなかったので、コロッケカレーに。毎日めんどうだけど、頭を使うチャンスと思い、日替わりメニューをいろいろ工夫していきたい。

2006年2月 5日 (日)

合同練習

9:30から会社の走友と合同練習、武庫之荘駅で待ち合わせて武庫川沿いを約90分ジョッグ。昨日同様、冷たい北風がペースに影響し、行きはよいよい帰りはくたくたでした。出走前に10kmぐらい走っておきたかったけれど、きのうから右足首が痛かったのであきらめました。晴天なのに途中で小雪が舞うほど冷え込んでいました。こうした尼崎での月一回の合同練習もあと2回です。走り終えたあとに走友と2/17にかなり遅めの新年会の約束をして解散。おいしい家庭料理が楽しみ。。。

帰宅後は別府大分毎日マラソンをTV観戦。すばらしいお天気だったけれど、後半はTVではわからない寒さと冷たい風がこたえたように思えました。走るからには一度は出てみたい大会だけど、参加標準記録とわが走力がお互いに「歩み寄り」がなければ実現しない。

夜ご飯はスーパーでうなぎを買ってスタミナつけるぞー。あすから忙しい。考えるだけでも気が重くなるけれど、前に進まないとね。。。

2006年2月 4日 (土)

きのうの「世界の車窓から」

きのうの「世界の車窓から」では、どこかで見たことのある列車と街並みが映し出されていた。しばらくしてから、それが新婚旅行で行ったカナダのジャスパー駅ということがわかって感激! バンクーバーからトロントまで続く大陸横断鉄道で、目的地のジャスパーまでは13時間ぐらいかかった。あのときは列車に乗っているときだけ曇り空、列車からはカナディアンロッキーの眺めはかすんで見えず晴れ男の神通力までもかすんでしまった。でも、翌々日のジャスパーからバンフまでのカナディアンロッキーのバス道中ではおつりが出るほどの爽快な青空に恵まれた。コロンビア大氷原の前で夫婦で収まった記念写真の光景は心の中の宝物です。さっき家内に「世界の車窓から見たか?」と電話で聞いたら夜遅かったので見ていなかったとのこと。見せてあげたかった。

父の日

世の中では6月の第3日曜が父の日ですが、わたしにとっては父の命日の2月4日がその日です。今年で33回目の父の日、わたし自身も33年前の父の年齢に達した。父は4月5日生まれだから、4月2日生まれのわたしは今日現在、父より3日多く生きていることになる。父が早く他界した分、母が気丈にがんばっている。家内が帰京した日曜からきのうまでの5日間、家事のフォローをいただき、非常に助かった。今年76になるのにひとりで大阪まで足を運んでいろいろやってくれて本当に感謝です。母には父の分まで長く生きてほしい。そして、わたし自身も。。。

きのうは母を大阪駅まで送った後午後から出社。仕事はたいへんばたばたして帰宅は22時。経理締めに加え、組織変更対応で目が回りそう。これから詳細が明らかになってくるものと思いますが、4月末には大阪を離れることになりそうです。行き先はもう少ししたらお知らせします。ちょうど2年いたことになりますが、さすがに離れるとなると名残惜しいです。六甲とか行っておきたかったな。。。

…きのうの仕事疲れ等で午後から出走、ちょうど20km走りました。1000×2本も入れて4分7秒と3分51秒、1本目と2本目は風向きが違い、それがタイム差となってあらわれたようです。途中で右足首が痛くなったのが気になりました。あすは会社の友人との合同練習会です。きょうみたいに小雪が舞うのかな?

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »