2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月27日 (木)

13年ぶりの山下公園

朝練習で山下公園まで走った。戸部から野毛山公園まで南下後、伊勢佐木町を抜けて関内へ。昨日同様坂が多いコースと、朝早いのに若人たちが夜の余韻を引きずって行き交う姿が目に付いたことに驚いた。

関内に着いたころから雨が降り始めた。そして山下公園と13年ぶりの再会。以前ここに来たのは1993年の横浜マラソン以来だ。そういえば、そのときも小雨だった。晴れ男らしからぬが、めぐり合わせだから仕方がない。横浜マラソンには3回出場したが、相性がいい大会ではなかった。いいコースなのだが、相性の悪さから自然と足が離れてしまったみたい。それでも、13年ぶりの再会で、過去のことよりも、懐かしさがこみあげてきた。ここに帰ってこれてよかったという気持ちとともに。。。

あすはどこを走ろうか、ひと晩寝てから考えよう。

ところで、5/1と2で終日研修が入ったため、5/3の武庫川ゆりかもめ70km出場は実質的に不可能となった。「サロマ」でこの出られなかった借りを返せるようにしたい。でも、まだ体力が戻っていないので、大きいことは口に出来ない。身の丈程度の走りが必要だと思う。まずは「練習」だ。

2006年4月26日 (水)

あっ!という間の赴任休暇

本日はたった1日の赴任休暇、朝久々に2時間走った後、お役所への転入手続き、ウォシュレット設置工事立会い、そして近場のエリアの探索。。。と何かと慌しかったので、ほんとうに「あっ!」という間だったのが正直な実感です。

朝練習は三ツ沢公園経由で新横浜まで。自宅を出てまもなく、新横浜通りに入ったときに「新横浜まで5km」という標識があったので、三ツ沢公園で時間調整(?)したら1時間30分ぐらいにはなるだろうというもくろみのもとに走り続けました。途中、横浜なのに「軽井沢」という地名があって不思議な気分になったり、予想もしないだらだら上り坂があって、思いのほか疲れました。これからこの坂を行き来するのかと思うと尻込みしそうになりますが、この坂を上り続けると強くなれるんだと思うほうが賢いのではないかと思います。三ツ沢公園は緑が多い周回コースとなっていて、気に入りました。週末のスピード練習にも使えそうです。

三ツ沢を出た後、なかなか新横浜までたどりつかない。ずいぶんじらされたなと思いながらたどりついたら、スタートしてから1時間ぐらい経過していました。三ツ沢に寄り道したこともあったけれど、本当に戸部から5kmなのかなと。。。 「だまされた」とさえ思える気分でした。この際だからと日産スタジアムまで足を伸ばし、外周を一周してきました。ここに足を運ぶのは3年前の陸上日本選手権の観戦時以来です。ここにも時々足を運ぼうと思います。電車を使うこともあるかもしれないけれど。。。

お役所への転入手続きがてらの新居近辺の散策では、スーパー・散髪や・クリーニング屋・郵便局などがどこにあるのかをチェックしてきました。商店街は、かつて住んでいた元住吉のブレーメン通りを少し控えめにしたような印象でした。近辺にはコンビニはいっぱいあるけれど、ちょっとしたスーパーは「これは!」と思えるところは少なかったし、あっても少し歩かないといけない。横浜駅のデパ地下にお世話になったほうが賢明かもしれない。

きょうは歩き疲れました。あすからまた仕事なので、本日はこれにて失礼なのだ。

2006年4月25日 (火)

引越し完了

日曜日に何とかお引越しは完了しました。しかし、押入れの収納容量が前のところよりも小さめだったため、ダンボールがいくつか(いくつも?)あぶれてしまいました。ただいま、ダンボールの海におぼれています。月曜日には会社に着て行くワイシャツが1枚しか見つからず、泡くいました。きのうきょうと大掃除したおかげで、パソコンもようやくつながりました。ナローバンドですが。。。

走りのほうは、戸部と権太坂を往復、途中歩道すらない道があってとてもこわい思いをしました。練習コースは日によって変えようと思っています。

あすは赴任休暇です。部屋の後片付け、お役所への手続き、そしてこれまでにたまった疲れのリセットをしたいです。

2006年4月23日 (日)

新居

新居

じゃーん。
目の前はバス停と東海道、近くに区役所です。
このあと、荷受けが始まります。

2006年4月22日 (土)

尼崎ラストラン

ついにやってきたお引越しの日、早朝珍しく早く目が覚めたので、5時前から80分ちょっと武庫川堤を走ってきました。ここに来てちょうど二年、この堤をいったい何回行き来したのだろうか。きょうでこのコースとも見納めと思うと、名残り惜しかったです。いつになく、六甲の山並みが鮮やかに見えました。これから旅立とうとしている自分を快く送り出そうという心遣いに思えました。

これまでの二年の思い出をかみしめながらこのコースをあとにしました。

ありがとう尼崎、ありがとう武庫川!

あすからは新しい生活が待っています。心静かにその日を待ちましょう。

2006年4月21日 (金)

大阪での御用納め

悪戦苦闘の末、やっとこさ「この日」を迎えることができました。「留年」しなくてよかった。。。

ここ三日間、走れないどころか、満足に食事も食えなかったです。引越準備は母に任せっきり、電気・ガス・水道・電話のライフラインの移転手続きも引越前日にして手付かずだったので、勤務の合間を縫って、電話以外は完了しました。電話とネットはしばらく不自由しそうです。

帰宅したら、あす泊まるホテルをさがしてから荷造りのラストスパートをかけます。

2006年4月19日 (水)

大ボケしました

午前中は東京の新事業所で業務、午後は横浜の建物管理会社にて新居の下見と契約準備のあと、大阪の会社に戻ってたまった業務の処理。ただいま梅田発2410の電車で帰宅中です。

きょうは標題のとおり大ボケの日、穴があったら入りたいボケを二題。


ボケいち

横浜の建物管理会社へいったときに迷子になった。六年前にお世話になったときの記憶を頼りに現地へ向かったら、会社が移転していたことを全く考慮に入れていなかった。おかげで30分遅刻してしまった。横浜にはほぼ定刻に到着していたのに。
油断大敵、行く前には記憶だけでなく、しっかり地図を打ち出して確認しよう。


ボケに

新幹線で新大阪で下車後、大阪へ向かう新快速に乗ったはずが、どこでどう間違えたか京都方面行きに乗ってしまった。新快速なので、高槻まで12分止まらない。会社到着が30分遅れ、大きなロスタイム。繁忙期に痛すぎるボケだった。疲れで魔がさしたのかも。

乗る前に行き先は確認しよう。


朝は中延のホテルから多摩川堤まで往復10km走ってつなぎました。

2006年4月17日 (月)

上京中

発令日前ですが、新職場での体制足固めのため、上京中です。幸か不幸か、前日目が冴えて眠れなかったこともあり、朝は4時20分から50分走れました。一週間のブランクの割りにはぼちぼちのペースでした。

自宅出発は6時ちょうど、新幹線の中ではグロッキーでした。さすがに仕事と引越準備の疲れが押し寄せて来たみたい。おまけに、いろいろと予想される懸案事項を思い出すと胸がいっぱいになります。でもあすの朝は何とか走りたい。


あすは午前中新事業所にて業務後、横浜の新居を下見してから大阪の職場に戻ります。あすも強行日程です。倒れない程度に踏ん張ります。

2006年4月16日 (日)

この街とも。。。

この街とも。。。

この街とも、今週末でお別れです。この武庫川へと続く道、あと何回走れるだろうか。

きょうは一週間ぶりに走りました。走り出すまでには勇気がいりましたが、久々に走れたよろこびを味わえました。

きのうから本格的に引越準備を始めました。きのうは家内のご両親が来阪し、お手伝いいただきました。5時間作業のあとは皆さんでお食事。振り返ると、初めて武庫之荘に来た日の夕食もこのお店、今回はその日以来約二年ぶりでした。家内はご両親と一緒に東京へ戻りましたが、始めと終わりがこのお店というのも、不思議な縁ですね。


あすあさってと、新任地の東京への出張です。自宅発が6時30分前、相変わらず強行軍です。

2006年4月13日 (木)

東京復帰

本日、会社にて大阪から東京行きの辞令をいただきました。行き先はそれとなく内示がありましたので、これでXデー到来かというのが実感です。 本心では馴染みはじめた関西にもう少し(世界陸上大阪大会まで)いたかったけれど、まわりの状況から「そろそろ戻れ」というお導きがあったのかもしれません。

2年ぶりの東京復帰、住まい探しではありえないような大苦戦。会社の築40年ぐらいの社宅が満杯でない限り借り上げ社宅は手配しないとか、二人家族だと2DKが限度で2LDKはNGということで完全にあてがはずれました。結局、「社宅に空きがあるので」というオファーを聞いた瞬間、「自費で借ります」と切り替え。このあとがまたたいへん、インターネットでかつて住んでいたところがひと部屋空室ありとのことから建物管理会社に電話したら「消し忘れ」で空室なしとのこと。悪いことに、希望していた多摩川沿線のいい物件は埋まっていて、「横浜でも大丈夫ですか?」ということに。 引越しも迫り、切羽つまった時期なので、当たるも八卦という思いでその物件をお願いすることにしました。最寄り駅は京急戸部駅、横浜駅西口へも徒歩17分ぐらいということです。箱根駅伝花の2区のちょうど10kmあたりでもあります。もしかしたら高見の見物ができるかもしれません。

練習コースは頭が痛いです。普段のロードワークは国道1号線沿いとかみなとみらいなど思いつくけれど、持続走やスピード練習は河川敷まで「出稼ぎ」しないと難しいかもしれない。23日に越してからじっくり考えます。

2006年4月 9日 (日)

つかの間の休日

ようやく訪れたつかの間の休日。あすからはまた、決算や業務移管対応でばたばたするので、ほんとうに「つかの間」だ。今週中には転勤の「内示」が出るものと思うので、現状に輪をかけた状態になるだろう。

きのうは23時に帰宅したので、けさは10時まで寝ていた。(というか、起床できなかった。) 相当疲労がたまっているみたい。そして体力も落ちている。いつもなら休日は20km超走ったり、スピード刺激を入れるところだが、現状では1時間ちょっと走るのが精一杯の状態。昨年の今ごろは「長野マラソン」に向けての最終調整で、7kmペース走をしていたことを思うと、もどかしくも悔しくもなる現状だ。まずは「体力回復」と「日常生活を軌道に乗せること」が大切だ。

・・・昨晩は上記の通り23時帰宅だったので、楽しみにしていた「エンタ。。。」を見逃してしまった。「どうでもいいですよ。。。」ってことかも知れないけれど、「ちっくしょー」と思っているのは「わたしだけ?」。。。

2006年4月 8日 (土)

3日ぶりに。。。

朝走りました。夕張めろん城のカレンダーの日付も3日ぶりに変わりました。とはいえ、きのうは24時帰宅の上きょうは土曜出勤、腰を落ち着けて走るどころか、空気と大地の間で溺れるように走っていました。この走れなかった3日間は疲れで容易に起床できないばかりか、朝ろくに食事がのどを通らず、ずいぶん体力が弱ってました。会社へ向かうときも時には足がもつれそうになるし。お昼すぎには元気を取り戻すけれど。。。


5/3の武庫川ゆりかもめ70kmはパスして「サロマ」一本に絞ったほうがよさそう。体力面だけでなく、転勤や引越しで落ち着かないと思うので。

話は変わるけれど、エイプリールフールからちょうど一週間経ちました。ぷっと吹き出すような軽いジョーク程度なら笑って許せるけれど、あまりにもどぎつい、悪ノリはいただけませんね。自分には直接関係ないけれど、身近なところでつい最近そのようなことが起きています。

2006年4月 7日 (金)

止まったままのカレンダー

20060407000958 この卓上カレンダー、走らなかった日には日付を変えないことにしている。走らないことには1日が始まらないから。。。というこだわりがある。

4/4で止まったままということは、2日走っていないことを示している。「止まったままのカレンダーを動かそう」という意気込みが必要だ。

ちなみにこのカレンダー、ちょうど10年前に「夕張めろん城」で買ったおみやげです。札幌国際ハーフマラソンに出場時、その2日前に観光で訪れた思い出の場所です。レンタサイクルで坂の多い街を駆け、ご立派な夕張メロンを2玉買って「大切な人たち」に宅急便でプレゼント。自分は買わずに大切な人たちに楽しんでいただいた。なつかしい。。。

2006年4月 5日 (水)

走れない日々

きょうも練習さぼってしまった。起床すること自体ひと苦労だ。まさに「走れない日々」、 やるべきことが多すぎるし、いろいろなしがらみを抱えながらの毎日、走るほうに気持ちがいかない。背負っているものが重過ぎると感じているのか。。。

そのような思いは雨や汗と一緒に流してしまいたい。「走るしかない」と思うが。。。

ついでに、本日医療費控除の還付通知が届きました。今回は家族が医療機関に何かとお世話になったので数万円戻ってきました。自分の取り分ではないので、(確定申告書作成の手数料をちょっと差し引いて)家内の実家に還付します。

2006年4月 4日 (火)

いつの間にか

月曜から2日間、ずっと帰りが遅かった。特にきのうは帰宅が24時をまわっていた。何に、どこで時間をとられているのか。。。というよりも、決算・業務移管対応であちこちから「手」と「口」が入り、自分のペースで進めない。気がついたらもうこんな時間って感じ。マラソンならゆさぶり負けで致命傷だ。そのせいで月曜は体調を崩して走れなかった。きょうはリハビリランということで40分走ったが、多少後遺症はあるみたい。一日も早く、「心やすらぐ日」が到来することを願っている。

朝出勤時、先発の通勤電車が途中駅での人身事故の影響でストップ、終点までたった2駅だったが止まってしまったら仕方がない。決算業務も控えていたので途中下車してタクシーを拾う。何とか間に合った。会社での人口はたったの3人、皆さん苦労したようです。何はともあれ、たとえつらくても人さまに迷惑をかけてはいけません。

2006年4月 2日 (日)

きょうは誕生日

気がついたらきょうは誕生日でした。誕生日だからといって何か特別なことをするわけでもなく、きょうは「出張シリーズ」と休日出勤でたまった疲れをとるべく、のんびりしてました。午前中は不在票が入っていた宅急便を待っていたのですが、指定の時間になっても来ないので、怒りの電話を2度ばかり。「(走りにいけないので…言葉にはしていないけれど)夕方にしてください」と窓口に言って電話を置いた矢先にようやくご到着。もー、青いゼブラマークの作業着の会社はいただけない。忙しくても、時間は守ろうね。それが「信用」なんだから。。。

午後1時すぎに宅急便が到着してから2時間ばかり走りました。あいにくの雨もあがり、気持ちよく武庫川の堤防を走りながら、この2年の尼崎での生活やマラソン大会での走りを振り返っていました。忙しくても輝いていた2年前。。。と考えているうちに、土砂降りの雨に見舞われました。しゃれにならないほどすごい降り、目もあけていられない。お祝い事には、「ライスシャワー」を使うことがありますが、今回のわたしは誕生プレゼントがほんまもんの雨のシャワー、ずぶぬれになりました。そういえば、現職場に着任した翌日の2年前の4月2日も、雨足の強い淀川べりを走っていたことを思い出しました。「歴史は繰り返す」ってか。。。

夕食は少し早めに海鮮すし10皿、そのあとお決まりのケーキでささやかにお祝い。梅田までケーキを買いに行きたかったけれど、お天気が荒れ模様だったので、足が止まってしまいました。あした「本祝い」しようかなって考えています。

考えてみると、33年間止まっていた父の年齢をきょうで越えることができました。もうそんな年齢に自分も達したのかという気持ちと、働き盛りで他界した父の分まで、健康に、幸せに、1日でも永く生きていこうという気持ちがあります。

月曜からは「決算シリーズ」です。最近、シリーズづいていますが、職業柄やむをえないですね。胃が痛い。。。

2006年4月 1日 (土)

3月は軟弱な走りっぷりでした

気がついたらもう3月は終わり、意識の中では走っているつもりでも、実際の走行距離はたったの310km、28日しかなかった先月よりも40km少なかった。いろいろと「行事」が多くて走ることだけに集中できなかったとか、気持ちが空回りしていたとか、気持ちに余裕がなかったとか、いろんな要因がありそうだ。しかし、「走れなかった」という事実は冷たく残っている。

今月のわたしは「なんじゃく」だった。来月は「転勤」が控えているので、今月にも増して荒れると思う。もう、なるようになるしかない。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »