2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« サロマへの最終調整 | トップページ | サロマ…またしても直前の日程変更 »

2006年6月19日 (月)

サロマへの道、急遽予定変更

サロマへと向かう旅程は、当初23日金曜夜の飛行機で千歳入りしてそこで一泊し、翌日列車で遠軽まで行ってからバスで会場入り。。。と余裕を持ったスケジュールにしておりました。

しかし、本日急遽「23日15時からの会議」への出席要請を受けたので、23日羽田19:10発のフライトに間に合わせるには「ギャンブル」に近いスケジュールとなりました。あわてて当日夜の遅い便をさがすといずれも「空席待ち」とお寒い状況でした。これはまいったというのが正直な実感でした。

そこで、帰り道にない頭捻って考えた結果、土曜の羽田7:55発の便で女満別入りすることにしました。しかし、網走から湧別までのバスのことを全く考慮に入れてなく、網走からのバスが13:40までないことが後になってわかってショック! 今度こそやばいと思ったけれど、いろいろと調べていくと、女満別空港から北見までバスで走り、北見から列車で遠軽まで向かえば、当初予定変更前の時間通りに湧別に到着することがわかり、ニッコリです。最後まであきらめてはいけませんね。

それにしても、会議への出頭要請を受けてから、航空会社と駅前探検倶楽部のHPを何往復もしたり、航空機チケットの解約と予約を繰り返したり、金曜の千歳のホテルにキャンセルを入れたりと、半日ぐらい慌しかったです。

けさの練習は、かなり疲れが残っていました。きのう余裕を残して15km走を終えたつもりでも、クーリングダウンのときからの重たさをずっと引きずっていたみたいです。重たい体をせっせと運んで、赤レンガ倉庫の「SAMURAI BLUE PARK」まで行って帰ってきました。ブルーはさわやかで静かに燃える炎の象徴だけれど、きょうに限っては心なしかブルーがお辞儀しているように見えました。難しい局面になったのは確かです。たとえは悪いけれど、次の試合に勝つのは、わたしがサロマで7時間台を出すのと同じぐらいの確率ではないかと思っています。けさのTVで、あのセルジオさんは勝つ確率は30%とおっしゃっていたけれど、わたしの7時間台の確率はもうちょい低めだと思います。 でも、あきらめないで、自分の走りを心がけていこうと思います。

蛇足ですが、いろいろと割り切れないことが続いたので、小梅太夫の着メロをダウンロードしました。「ちっくしょー!」ってね。。。

« サロマへの最終調整 | トップページ | サロマ…またしても直前の日程変更 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/10598487

この記事へのトラックバック一覧です: サロマへの道、急遽予定変更:

« サロマへの最終調整 | トップページ | サロマ…またしても直前の日程変更 »