2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« ベスト4進出 | トップページ | Thanks! »

2006年7月26日 (水)

余韻

昨晩は母校のベスト4進出の余韻でよく眠れなかった。おかげで朝走り出すまでひと苦労だったが、走り出すとどうってことはなかった。久々の夏を思わせるお天気と盛り上がっている気分が心地よかった。

走り終えた後、富山の実家の母へ久々の電話。こんどいつ帰るっていう話、自分自身の調子、療養中の家内の様子などいろいろ話したあと、「母校、野球強いね!」って話しを向けたら、「へぇ~」って予想外のリアクション。野球はせいぜい巨人しか知らない程度ですから、高校野球で今何が起きているかということはよくわからないみたい。26年前もきっとそうだったと思う。むしろ、野球よりも、わたし自身と家内の様子のほうがよっぽど心配みたい。仕方ないか。。。

きょうは大会休養日だったので応援もひと休み。この前26年前のことを書いたことをきっかけに、この前書ききれなかったことなど、いろいろと思いを巡らせた。あと1勝、2勝は難しいと考えるよりも、昭和44年(だったと思う)の当時1県1校制でなかったころに県代表として地区代表決定大会に出場したこと(当時5歳、自分自身の目では見えていない)、20年ぐらい前に春の県大会で優勝したこと(学生時代、GWで帰省中にTVで見た記憶あり)など、プラス材料をさがして希望を持つこととした。

よく「無欲の勝利」って言うことがあるけれど、わたしの実感としては「無欲」というよりも「普段どおりの自分を発揮すること」が正しい表現と思う。自分自身において、これまで結果を残してきた大会(たかが知れているレベルではあるけれど)ではどれも、いい記録・いい順位を残したいという気持ちはあったにせよ、それ以上に「よそ行きではない、自分のありのまま」を発揮しようという気持ちに支えられたことが大きかったと思う。もちろん、その背後には納得の行く練習を積めたという満足感と自信はあったけれど。。。

あすの勝負のゆくえを楽しみに待つことにします。

« ベスト4進出 | トップページ | Thanks! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/11107891

この記事へのトラックバック一覧です: 余韻:

« ベスト4進出 | トップページ | Thanks! »