2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 巡りあわせ | トップページ | 気持ちの切り替え »

2006年8月 4日 (金)

たとえ体が重くても。。。

朝練習では、重たい体重ながらこれまで忘れかけていた軽快なリズムで走れた。たとえ体が重くても、このような動きを続けていけばきっといつかはよくなるだろう。「重」に「力」と書いて「動」です。だから、重たい体に力を加えれば「動き」となるんです。このことを念頭において練習していこう。

話は変わり、今日本中で話題となっている「微妙な判定」ですが、このときの試合を見ながら、33年前の元世界チャンピオン大場政夫さんの試合を思い出していました。1973年の1月初旬、5度目の防衛戦で「今回」と同じく初回にダウンを食らいながら粘りに粘って土壇場で逆にダウンを奪って見事な勝利。大場さんはよく序盤にダウンを食らっても、最後は必ずダウンを奪い返すたくましさがありました。当時小学2年坊主の自分にとっては、まぶしく見えるヒーローでした。だから「今回」も、33年前の大場さんと同じことができたら、彼はとてつもなくすごいボクサーだと思い描いていました。

しかしながら願いはかなわず、あのようなもやもやした結末になってしまいました。現時点では幻のボクサー大場さんにはなれなかった。でも、「次」がある。マスコミはあれこれと、商品価値が落ちたとか王者を返上すべきなどマイナス面ばかり強調するけれど、本人は決して悪くない。記者会見での彼のコメントを聞いて安心した。もっともっと練習して、次すっきりと勝てばいい。だから、しばらくそっとしてやって欲しいと思う。久しぶりに「ゼニの取れる選手」が登場したのだから。

大場さんの話しに戻り、5度目の防衛を終えてからたった1ヶ月の間に、大場さんだけでなく、わたしの父も他界してしまった。当時幼なかった自分にとって、ショックが2度続いたつらい時期だった。あれからもう33年か。。。

« 巡りあわせ | トップページ | 気持ちの切り替え »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/11268158

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ体が重くても。。。:

« 巡りあわせ | トップページ | 気持ちの切り替え »