2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« サロマのナンバー | トップページ | 後遺症? »

2007年6月 3日 (日)

皇居8周ラン・ぎりぎり合格点

本日は皇居8周の40km走、先週7周でやめた心残りがあったので巻き返しを期して出走。先週同様、暑さを感じる晴天というのも世の中うまくできている。

結果は3時間14分38秒、昨年10月の四万十前に出したコースレコードには1分半ほど及ばなかった。設定タイムは3時間15分から13分だったので、まさにぎりぎり合格点。1周ごとのラップタイムは以下のとおり。

24:44-49:05(24:21)-1:13:29(24:24)-1:37:52(24:23)-2:02:04(24:12)-2:26:21(24:17)-2:50:29(24:08)-3:14:38(24:09)

調子は明らかに先週のほうがよかった。先週は駅伝大会のアシストも多分にあったのだろう。20km通過時に3時間15分も覚悟、それでも5周目から調子をつかんで徐々に挽回。7周目が特によかった。このままいけば8周目は22分台もいけそうと思えるぐらいだったが、さすがにきょうはラスト1周がいちばんつらかった。勝手が違ったみたい。入りの1kmこそ4分46秒だったが、そのあと3kmまではキロ5分をすね毛一本分オーバー。上りの走りがよたよただった。ここはキロ4分50秒を切っておきたかっただけに痛い。1周25分近くかかりそうだったが、ラスト2kmで踏ん張って24分ひとけたまで挽回。せめてもの意地か。

きょうの走りの評価は難しいが、万全でない中粘り抜いたことは収穫と思う。このあとはせいぜい30km縛りとなるが、レースペースで落ち着いて走ることを意識していこう。

さて、6/2に走友がウルトラマラソン初挑戦。その初挑戦の場が阿蘇100km、かなりタフなコースだったようです。高低差300~400mを2回上り下りしないといけない。しかも2回目はレース終盤、上りも大変だけど、もも前側が棒になった状態で走る急坂下りも悩ましい。そんな中でも初100kmを見事に完走。拍手です。サロマを控えた自分自身にとっての励みにもなりました。次は自分の番だって。もしも阿蘇が来年5月31日開催ならば出走を検討しよう。6月の月あたまの開催ならば、経理締めの関係で無理なので、神頼みです。

« サロマのナンバー | トップページ | 後遺症? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/15306456

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居8周ラン・ぎりぎり合格点:

« サロマのナンバー | トップページ | 後遺症? »