2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

月後半の追い上げ及ばず

7月もきょうで終わり。前半はふくらはぎのリハビリとストレスで飛び石状態の練習。前半15日で走れた距離が120km強とひどかった。これが「激太?」に引導渡した。

月後半はふくらはぎの故障も癒え、ようやくエンジンがかかりはじめた。スピード練習へのとりかかりは遅れたが、長い距離は暑さにあえぎながらも何とかこなせるようになった。そんなこともあって、月後半の走行距離は255km、でも月前半の出遅れをカバーできず、400kmには乗らなかった。

でも、8月に向けていい流れができたと思う。「通常の練習」よりも「プラスα」にこだわっていく姿勢が大切と思う。1日たった5分や10分のプラスでも、日ごろたった少しの心拍数アップでも、それを積み重ねていけばきっと「もの」になると信じていきたい。

2007年7月30日 (月)

強攻策・見事に裏目

きょうは日中激しい雨、朝80分弱走れたことをラッキーに思えた。帰宅時には雨も上がり、夜空からは雲の切れ目も見えていたので「あすは晴れかな?」とさえ思っていた。品川駅ナカで買出しを済ませ、荷物を両手に抱えながら帰宅の途に。

荷物が多いので、歩く距離を短縮することと突然の雨を回避するために、横浜駅から自宅の真向かいに停留所のあるバスまたはタクシーを使おうと考えていたが、「天気も大丈夫そうだから」という判断から、上記手段をとらずに横浜駅から京急を乗り継いだ。まさに強攻策。

しかし。。。

駅から降りるや否や、小雨がぱらついてきた。ここで雨が本降りとならぬうちにまっすぐ帰ろうという気持ちとは裏腹に、コンビニに寄って切れていたお茶を買って帰ることに。コンビニから出るや否や、突然のゲリラ雨。今にも雷鳴が届きそうな荒れ模様。かばんと買出しの荷物でほとんど両手ふさがり状態、ろくに傘させない。あっという間にずぶぬれ状態。それに輪をかけて、せっかく自宅前の交差点にたどり着いたのに1分半ぐらいの信号待ち。「落雷来たらどうしよう?」なんて弱気な自分と、「じれったいぞ、長信号!」と荒れ模様の自分。強攻策、見事に裏目に出た。 野球でいえば、「スクイズ一転のヒッティング失敗、三振ゲッツー」って感じかな。

家に入って10分ぐらいしたら激しい雷鳴。辛うじて命拾いでした。おまけですが、お腹の中でも激しい落雷状態でした。まだお腹痛いです。

この天気、あすの朝までには回復して欲しい。雨で走らないというのは、この体重では致命傷だ。

2007年7月29日 (日)

暑い夏到来、脂肪を燃やせ!

木曜夜の職場での送別会後、体調崩して(二日酔い)立ち直るのに苦労しました。二日酔いよりも、おそろしいほどの体重の数値に!

金曜朝はさすがに二日酔いで走れる体調でなかったので、業務終了後半蔵門の「バン・ドゥーシュ」に荷物を置いて皇居2周。お腹が重い中、25分半→24分半のペース。銭湯に入る前に体重計に乗ったら自己(事故?)最高値。(もちろん、大学入学時の74kgは比較対象外です。)かなりこたえる数字でした。お腹を見て、サロマ直前からの練習不足と不摂生を悔やんだ。

土曜は気持ちを落ち着けてから(?)日産スタジアムまで。11時半出走なので暑い。帽子をかぶっていたので何とかしのげていた。スタジアムに到着までは。しかし、スタジアムに入るなりがくっと調子が落ちた。日のあたらない回廊を走っているはずなのに調子が出ない。950m×2では、4分10秒→3分48秒。1本目がいただけない。キロ4分20秒ペースであえいでいたから。1周のインターバル後の2本目はまだましだったが、「やっぱり体重か」と思いたくなるような走りだった。走行距離は23km弱。

そしてきょう日曜、金沢文庫まで往復の31km走。朝8時に出走、はじめは調子でなかったが徐々に元気を取り戻した。暑い中だったが、距離を踏んでも疲れを感じない元気な走り、少しは自信も戻ったと思う。体重は金曜と比べて0.8kg減、まだまだ先は長い。これから暑い夏となるが、走って脂肪を燃やそう。そしてランニング後の腹筋を確実にこなそう。

帰宅後、近くの小学校まで行って投票へ。たったの一票ですが、与党に「ノー」を突きつけてきました。度重なる強行採決だけでなく、法律「さえ」守っていれば問題ないと答弁する閣僚、「コンプライアンス」の「コ」の字もない。一般企業ならば存続さえ危惧されるような問題なのに。領収証がないのに精算が許されるなんて言語道断、経理マンとしては許しがたい。というわけでお灸をすえたつもりです。皆さんの審判はいかに?

夜は1日フライングして土曜の丑。うなぎをデパ地下で買って夜はうな丼。ごちそうさまでした。

あすは天気大荒れみたい。朝しっかり走ろうと思っているのに。負けるもんか!

2007年7月25日 (水)

夏恋し

昨晩、うとうとしていたら夏の日の夢を見た。まぶしい日差し、青い空と海、そしてまばゆい緑に包まれた光景。決して熱を出しているのではない。梅雨明けしているはずの時期にはっきりしない天気が続くので、「夏」を欲した気持ちの表れと思う。生まれは富山なので、雪国や冬のイメージが好きなのではと思われることがあるが、わたしは冬よりも夏が好き。富山も実は夏は暑い。アイスがよく売れる。湿気が入ると体温並みの暑さになる。先日のサロマ後に出した39℃になることさえある。富山は日本海と北アルプス連峰に囲まれ、海も山も緑も身近なところにある。だから夏が好きになったのかもしれない。

夢に出てきたのはなぜか10年前の夏の光景。ぼんやりしていたけれど。目が覚めて10年前の現在ごろってどんな感じだったかなと記憶をたぐりよせると、こんな感じです。

①アキレス腱の故障で真夏の通院とリハビリ
  (…そして恋のリハビリも? 家内と知り合う前年でした。)
②網走ハーフマラソンに出場後、摩周湖観光と海の幸を堪能
  (…かつての職場の先輩ご夫妻にお世話になりました。)
③そして「ウルトラ元年」へと走り出した夏
  (…その年の「秋田」はみじめにも72kmリタイアだったけど。)

うーん、暑いようで切ない夏。だから「夢」に出てくるのかも。

-------------------------------------------------

思い出はこのぐらいにして、朝はおつりがくるぐらいまぶしい日差し。帽子かぶらなかったことと軍資金0円で出走したことを後悔した。調子自体はよく、67分で12km弱。いつものペースならば11kmだ。寝坊で出遅れた借金を帳消しにした。でも、暑いものは暑い。日かげはまだ涼しい。特に、信号待ちでは日かげに身を潜めて待機。日かげでの信号待ちがオアシスに感じた。

暑いけれど、夏が恋しい。

歩きながら、「大阪の夏は強烈だったな。。。」と思い出す。たった2年しかいなかったけれど、ぶちきれそうな暑さが懐かしくなった。大阪といえば「世陸」、8/26の日曜に長崎五島からの帰り道に大阪に寄り道してナマ観戦してきます。

2007年7月23日 (月)

梅雨明けまだかい?

昨晩9時に就寝したのに、朝は不機嫌な起床。TVでは女子ゴルフの衛星生中継が流れているが体はびくともしない。土曜の飲み疲れ、きのう日曜の31㎞走の疲れと脱水症状が影響しているみたい。

寝ぼけながら朝6時前に出走。外はまたしても小雨。走る分には気持ちいいけれど、この時期にはまぶしい太陽が似合うので物足りない。「梅雨明けまだかい?」ともどかしい。走りのほうは寝坊のせいで11㎞がやっと。走りのリズムはいい。でも、追い込んだ練習ができていないし、何よりも体重がまだ重い。こちらのほうも一刻も早い「梅雨明け」が待たれる。「待たれる」というよりも、練習して「自力」で梅雨前線を押しのけなければならない。

仕事は、上司だけでなく事業所長もご不在だったので、久々に気の休まる一日。それでも、体の芯に疲れが残っていて定時プラスαで退社。自宅へと向かう過程で強烈な空腹感。辛かったけれどここはじっと我慢。今まではここで「プチ栄養補給」していたので、こんな体になったことを反省。少しは進歩して、心も強くならないとね。

帰宅後、お待ちかねの夕食したあとで大会エントリー。10/14に開催される「滑川ほたるいかマラソン」に申し込んだ。本来ならば「四万十」を走るはずの日だったが、残念な結果になってしまったので、実家への帰省を兼ねてこちらにエントリーした。種目はハーフ、いままでずっと10㎞だったので、どんな走りができるか楽しみ。そういえば、この大会は2回連続年代別8位(入賞は6位までなのでスカ!)、そして遠来賞もあと一歩のところでもらい損ねているので、2回連続ダブルスカ。今回はどちらかもらいたいですね。

2007年7月22日 (日)

暑さと二日酔いの中、新コースへ

昨日、お昼は家内のご家族との会食、夜は旧職場のOB会。いずれも「これでもか」というぐらい食べて飲んだ。二日酔いは致命的ではなかったが、ありあまる摂取カロリーを燃焼しなければならないと思った。大事を取って11時出走、初めは小雨交じりだったがしばらくして雨もやんで暑くなった。燃焼する前に消耗してしまいそうだった。

気分転換のため、日産スタジアムを横目に新コース開拓。鶴見川を東に進み、綱島まで走った。往復31㎞余り。初めてのコースだったが、ランニングコースは道路が整備されていて走りやすかった。綱島にたどり着いたとき、もう少し、「海」へと足を進めたかったが、所持金360円にこたえはじめた暑さを考え、ここで折り返す。ランニングコースの帰り道は調子よかったが、新横浜あたりから足の動きが鈍くなる。上り坂はまともな走りになっていなかった。練習不足を感じた。ラストはやや脱水気味にゴール。長く感じた3時間10分だった。

結局今週もスピード練習さぼってしまった。今日はカロリー燃焼と二日酔い覚ましがメインだったので、何かしまりがなかった。今度の土日こそはしっかりやろう。

2007年7月21日 (土)

因縁対戦

昨晩寝つきが悪くて睡眠時間はナポレオン。しかも午前中に病院へいく用事があるので、まったりしているわけにはいかない。そんなことで、自宅出発時間から逆算してぎりぎりのところで2時間走。前半は湿気と眠気のWパンチでさえなかったが、時間が決まっているという緊迫感が走りに刺激を与えてくれた。


さて、表題の因縁対戦、高校野球県大会3回線で母校の対戦相手が奇しくもおじの母校。身内決戦ながら勝機たっぷりと思ってましたが結果は4対11のまさかのコールド負けでベスト8ならず。母校の夏は終わった。「行ける!」と読んでいたことが実現しないとくやしさはより一層募ります。おじさんに花を持たせたかたちとなりましたので、8月の富山帰省時に「思いっきり」歓待していただこう。


病院に行ったあと、家内のご家族交えて、イタリア料理なのに「鯖」ではじまるお店でお食事会。腹一杯食べ、ワインを浴びるように飲んだけれど、このあと旧職場でのOB会が控えている。
夜は長いぜ。

2007年7月20日 (金)

いくつかの郵便物

バリウム腹痛の朝、本調子ではなかったが、みなとみらい&山下公園の11㎞を走りきる。きょうは走れただけでもよしとしよう。

会社では珍しく平穏な1日、気をよくして帰宅したらいくつかの郵便物。珍しく自分にとって非常に待ち遠しいものばかりだった。

☆月刊R

定期購読してますんで。。。
思い出したくもないサロマ100㎞の大会レポートも出ていた。

☆サロマ完走証

後半のラップと苦悶のゴールの写真、苦しかったけれどいまとなっては思い出のひとつ。あの体調でよく完走できたものだと、朝走っているときに感じたことを思い出す。

☆北海道マラソン参加承認証

お待ちしておりました。ナンバーカードは586、思ったよりも大きい番号。11年前は280、あのときは2時間48分の自己ベスト出した年だったからね。でも、そんなことよりも練習練習、夏マラソン向けのトレーニングに対応していかないと。

☆フルマラソン1歳刻みランキング

100番外だったので、月刊R社に500円払って手配いただきました。
結果は109番でした。東京マラソンの「ネットタイム」の3時間00分05秒が掲載されていました。あと一歩届かない順位とタイムで悔しさ2倍。
でも120番ぐらいと思っていたので今のところはよしとしよう。2007年こそはランクインしたい。

------------------------------------------------------

あすはお昼に病院行ったあと、夜は取手に遠征して旧職場でのOB会です。楽しみです。おっと、その前に朝はしっかり走ろう。スピード練習も解禁してもいいでしょう。

2007年7月19日 (木)

人間ドック…無罪放免

本日は白金台の病院で人間ドック受診。昨晩残業で23時半帰宅の上、朝7時自宅出発、飲食ご法度につき、走り出すまでがつらかった。それでも辛うじて10km積み上げ、何とかつないだ感じ。

ドックのほうは、今回晴れて異常ナシ! 前回は「後ろの口」からの出血で再検査食らって、腸に内視鏡をいれたことを考えると安堵感でいっぱい。

でも、喜んでばかりもいられない。体重が前回検診よりも3kgも増えていてshock! ドクターからも「体重増えましたね」と言われ、更なるダメージ。もっとも、前回は熱出して点滴の人になった直後の体重だから、実質現状維持プラスアルファと見てます。

バリウム前の注射と直腸触診に腹部エコー検診は鬼門のような苦痛でした。あと一年後にはまた同じ思いをしなければいけない。でもお昼の弁当がデラックスだったのと、ドックの受付嬢がタイプだったので許します。

帰りは腕時計のベルトがやばいので、気分転換兼ねて渋谷のアートでおニューを購入。ついでにドック無罪放免祝いとして、のれん街でバナナモンブランケーキをゲット。家についたら、ささやかにお祝いしよう。

2007年7月17日 (火)

連休明け

連休明けの朝は雨でお出迎え。昨晩よく眠れなかったので(…このサイトの「世陸名場面集」の見すぎのせいです)、お目覚めから起動まで30分要したが、走り出すと意外にも調子いい。きのう30km走ったとは思えないぐらい。欲を言えば、もう少し走る時間が欲しかった。きょうも早め出勤だったので、早起きして走り出さない限り叶わぬ願いだったけれど。

朝出勤時、通勤電車の15分遅延で、危うく集合時間に遅れるところ。冷や汗ものでした。しかし、その後予期せぬ突発事項が発生、とんでもない1日でした。あさっての人間ドック、無事に行けるかな?

気がついたら夏の高校野球の地区大会が開幕しておりました。昨年は故郷で母校が県大会ベスト4進出、自分の中では大盛り上がりしたことを思い出します。きょう、何気に高校野球の結果を見たら。。。

何と、甲子園10数回出場している強豪シード校に、シーソーゲームの末9回逆転サヨナラ勝ちしているではないか。。。 びっくりです。「昨年の神がかり的快進撃の再現か」と胸躍らせる勝利です。

まだ2回戦突破なのでこれからが勝負、「♪わたし祈ってます。。。」(古いっすね)

2007年7月16日 (月)

シーサイドラインまで30km走

3連休最終日、ようやくお天気に恵まれた。うだるような暑さではないが、走っていてのどが渇きそう、帽子をかぶればよかったと後悔。とりあえずは25kmという予定だったが、磯子を通り富岡へと走っているうちに調子出てきたので、金沢シーサイドラインまで足を伸ばして往復30kmとした。もう少し余裕あれば、八景島までと思ったが、軍資金が360円ということと、病み上がり・故障上がりということを考えて自重した。

行きは調子よかったが、さすがに帰りはのどが渇いてきつかった。前半キロ6分切っていたのに、信号待ちや給水タイムで何かとロスタイムがあっていつの間にかペースダウンしていた。ラスト3kmでペースを上げたけれど、キロ6分には1分ちょっと届かず。

きついときのコーク給水は生き返る。ただ、のどの渇きがとても感じたので、糖分よりもあっさり系がよかったのかもしれないと後悔。。。

帰宅後はさすがにのびていた。TVをつけると、故郷のお隣で大きな地震のニュース。ほんとうに、この3連休は台風の次は地震と、いったいどうなってしまったのかと嘆く。かつて「富山⇔東京の帰省コース」となっていた信越本線のシーサイドラインが土砂崩れで埋まっていた。いまはほくほく線経由となったので通ることはないが、ちょうど海岸線、背後の米山山系のビューポイントとなっていた「見どころ」だけに痛々しかった。8月に帰省するのに、「久しぶりに列車で帰ろうか?」、それとも「速さで勝負の飛行機にするか?」と迷ったあげく、飛行機を選択したのがちょうど昨日。何という巡りあわせか。

1日も早い復興を願っています。

2007年7月15日 (日)

誤算の3連休

この3連休、台風接近で容易に走る時間が確保できず苦戦。本来ならば「稼ぎ時」なのに、土曜12km、日曜14kmと隙間時間を見つけての練習がやっと。思わぬ誤算。昨年晴天の宮崎に走りに行ったことを思うと大きなギャップ。体重も大変なことになりそう。

それでも、月曜までしくしく痛みを感じたふくらはぎが何ともなくなったことは朗報だ。

それにしても、皆さん楽しみにしていた3連休にこの台風の仕打ちはひどい。たいてい物事には、ある立場の人々にとってうらめしいと思えることにも別の立場の人々にはありがたいと思えることがある。「恵みの雨」がそうだ。ランナーだけでなく、行楽を楽しみにしていた人々に雨はうらめしいけれど、水がめや農作物にはありがたい。でも、この台風はわれわれの暮らしにも深い(不快)打撃もあたえているように思える。「バチ」があたったとしか思えないような気もする。。。

あすは晴れそうだ。台風一過のさわやかな気持ちで、あと1日しかない休みをエンジョイしよう。

2007年7月11日 (水)

天罰か。。。

四万十ウルトラ落選。。。(落選通知が届く前に、my runnetの出場予定大会を見たらわかってしまった。)

サロマでの爆沈、その背景となった調整不足への天罰にも思える。もう一度、イチからやり直せと。

次のウルトラは来年まで待たねばならないのが悔しい。

2007年7月 8日 (日)

3日ぶりの練習

けさ、3日ぶりに走った。昨晩、家内のご家族との夕食会でバキュームぶりを発揮しすぎて、重たい体がより一層ヘビィに感じた。

日産スタジアムまで往復20km、これだけ走ったのはあのサロマ以来2週間ぶり、ふくらはぎはやや張りを感じたが、このレベルならば走りながら流していこうと思う。

帰宅後は自宅でテレビ、かつて2回出場した札幌国際ハーフを感慨深く観戦してました。あれからもう11年か。

11年ぶりといえば、9月9日に開催される北海道マラソンに出場します。11年の年輪を感じ取りながら、ここまで11年積み重ねてきた経験を生かせるよう、がんばろう。


今夜はゆうぽうとへコンサート行ってきます。3年前はデビュー20周年記念で行きました。楽しんできます。

2007年7月 7日 (土)

ぼてぼて

きのうは仕事のストレスで走る気になれず、きょうは午前中郵便物受け取り、午後は病院アンド家内のご家族との会食のため、ノーラン。けさ走れる時間あったのに居眠りしてもったいなかった。

サロマの写真が届いた。切れ味悪い、ぼてぼての体と走りがはっきり写し出されていた。太いと思っていた去年よりも重そう。大会2週間前からの故障で十分納得いく練習できなかったこと、ここ2日のようなストレスで練習に穴あけたことが響いたと反省。

七夕には、家内安全と、体調回復を短冊に書きたいですね。

2007年7月 4日 (水)

一回休み

朝気乗りしなくて、練習を休んだ。走ろうと思ったら走れたはずだったが、仕事でもやもやしていたことと、病み上がりということを考慮した。一回休みです。

でも、今から考えるともったいない。結婚披露宴8周年当日に走れなかったから。

まあ、あすから新たな気持ちで走り出そう。。。

2007年7月 2日 (月)

きっと忘れない。。。

サロマ後1週間の眠りから覚めて、きのうから走り始めました。満を持して。。。

まだまだ故障上がり&病み上がりなので体力激減、当分は60~80分のjogを基本にしていこうと思う。幸い、ふくらはぎは長期休養の甲斐あって「全く」痛まない。それを考えると、サロマ2週間前からの苦悶はいったい何だったんだろうと無念さが募る。今回味わった無念さ、悔しさ、もどかしさは「きっと忘れない」。しっかり練習して「結果」で返したいと思う。

きょう7月2日は8回目の結婚記念日。挙式は7月4日なので「記念日」が2つあることになりますが、区切りの日に変わりはありません。ここ3年、家内が体調崩してお揃いでの記念日はごぶさたしておりますが、こんどの土曜日(七夕です)に、5日遅れのお祝いをする予定です。もちろん、毎年のこの記念日は「絶対に忘れない」。

帰宅後、ポストに見慣れたブルーの封筒。「もしかして?」と開封したら、去る6月27日に青山葬儀場の「偲ぶ会」で参列者に配られていたものと同じメモリアルカードが入っていた。「暮れゆく都会 あふれる人波 今にも笑顔であなたが現れそうで。。。」と記されていたあのカード、まさしく、本日のブログの題名の曲。。。 

このカードはファンクラブの会員の皆様に発送されたとのことです。当日、会場に行きたくても行けなかった方々にはとてもありがたい。「宝物」として大切にします。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »