2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 「ほんとうの」涼しさ到来 | トップページ | 疲れたときに、プレゼント »

2007年9月30日 (日)

冷たい秋の雨

8時すぎから冷たい雨の中、多摩川へと向かう。きのうの段階では六郷まで電車で行って30km、もしくは皇居6周を考えたが、あいにくの雨と左もも裏の張りのため、おとなしめのメニューに変更。国道1号を北上し、多摩川大橋を左に折れてガス橋まで行って往復32km。ちょうど、多摩川河川敷で月例川崎マラソンが開催されていたが、雨のため路面が泥田状態で、選手も主催者もお気の毒でした。冷たい雨を3時間あまり浴び続けたので、後半はいつの間にかペースが落ちていた。「いっきに寒っ!」って、走りながら実感しました。

冷たい秋の雨を3時間あまり走っていたので、7年前の秋田100kmを思い出した。あのときは、スタートから雨を浴び続けたので、中間点までビニール袋をかぶって走り、顔面は降りしきる雨に脂汗が混じって何度も拭き取っていた。秋の雨は、夏の暑さに慣れ続けていた体にはこたえるけれど、リズムをつかめば心地よい。あの7年前の力走の光景、想いを今の自分に映し出し、当時の自分になりきっていた。

秋田100kmといえば、昨日友人からいただいたメールによれば、先日の豪雨でコース途中で路肩があちこち崩れていたり、刈り入れ前の農作物にも被害を与えたとのことです。長年走り続け、励まされ続けているあのコースに災害の跡が残っているのは痛々しく感じますので、1日も早い復旧を望んでいます。

ウルトラといえば、走友がスパルタスロン初挑戦で見事に完走した。あのコース、全行程246kmというただの長丁場だけでなく、暑さや紫外線、悪路の峠越え、そして睡眠や休息とのコンビネーションの難しさ、そして「アウエー」といういくつもの困難を乗り越えないとゴールにたどり着かない。完走できた人は本当にすばらしい。わたし自身も、一度は挑戦できたらという思いはあるけれど、今の走力と業務内容では出場は困難です。友人に刺激され、一度は国内の超・ウルトラに挑戦し、どこまでいけるか試してみたい気持ちもあります。

とはいっても、9月は350kmちょっとしか走れなかった。まずはこのあたりを改めないと「まだまだ先」の挑戦、夢物語ですね。ここ最近100kmマラソンの結果が芳しくないので、まずは100km走りきる走力の回復が最優先です。

あすから10月、衣替えです。さらば、クールビズ。。。

« 「ほんとうの」涼しさ到来 | トップページ | 疲れたときに、プレゼント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/16622182

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい秋の雨:

« 「ほんとうの」涼しさ到来 | トップページ | 疲れたときに、プレゼント »