2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 宇都宮マラソン | トップページ | 痛み和らぐ »

2007年11月27日 (火)

29

本日のタイトル、わたしの年齢ではありません。(年をさば読むなって!)
「にじゅうく(二重苦)」と読むべきか、毎度毎度の「にく」と読むべきか、どちらとも取れる。

「にじゅうく(二重苦)」とは、断続的に続くせきの発作と、日曜の宇都宮マラソンでぴりっと痛みの走った右ももの状態。せきのほうは、いったんおさまったと思ったら、けさから思い出したようにジャブられた。先週のような呼吸困難にはならなくても、しつこいせきにむせてしまう。大事な責任者会議で何度もむせて、気まずかった。
そして、右もものほうは「肉離れ」ではないかという心配を抱かせる違和感。大事をとってきょうは走らなかったが、これではせっかく「奇跡」を見せてくれた宇都宮マラソンの走りが青島太平洋マラソンにつながらない。完走すら「大丈夫?」ってレベルだ。肉離れに苦しめられて撃沈した今年のサロマの悪夢を思い出す。

こんな状態が続くと、ほんとうに「ニク」になってしまう。無理して走ると「ニク離れ」でニクの二乗だ。恐るべし、ニクのスパイラル。。。

« 宇都宮マラソン | トップページ | 痛み和らぐ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/17207801

この記事へのトラックバック一覧です: 29:

« 宇都宮マラソン | トップページ | 痛み和らぐ »