2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

1月の練習

本日で1月終了、月間走行距離は480km。月前半で270km近く走っていたペースから考え、月間500kmもいけると思っていたところ、後半210kmでしたから距離的には物足りなかった感はあります。それでも、3000m超のペース走でのタイムが走るたびに昨年の東京マラソン直前のタイムに限りなく近づいてきたので、「手ごたえ」は十分です。「走った距離は裏切らない。」という意味で、強くなるには距離は必要です。しかし、ただ長く走ればいいというものではなく、中身のある納得いく練習積むことが大切ではないかと思います。

けさの朝練習は珍しく気分がよかったので、いつもの朝より少しだけプラスアルファして13km。大会前なので、このぐらいがいいでしょう。あす軽く走って土曜はスピード刺激を入れて調整します。

仕事は、午後個人面談と経理締めの準備のため、23時過ぎの帰宅でした。

2008年1月30日 (水)

二日酔いあけ

きのうの責任者会議後の送別会、下僕に徹しつつちゃっかりビールに老酒を激飲(?)してきました。ほんと、ずうずうしいですね。勧められた盃は「184」と言わず気持ちよくごちそうになったものですから、次々と注いでいただきました。下僕のわたくしに。

おかげで、帰宅の電車に乗るころから意識が飛び始めました。電車を乗り越したあと、道草(寄り道とも言います)して帰ったようで、われながら情けなかったです。そんな状態ですから朝は当然二日酔い。起きるまで時間を要し、けさの練習は55分JOG。二日酔いが致命傷でなかったのは救いでしたが、せっかくの好調ムードに水を差した感じだったので、後悔を引きずりながら走ってました。

仕事はノー残業デーにつき定時帰宅。家では夕食食べながら「ハンド」の再試合をTV観戦。もう一歩だったけれど、クリーンな、きびきびした試合は見ていて気持ちよかったです。高校ではハンド部だったわたし、試合を見ること自体そのとき以来だったと思いますが、「走・攻・守」の三拍子そろった激しい動きを求められるスポーツの醍醐味を懐かしく思い出していました。ほんとう、ハードなスポーツですよ。ジャンプシュートも簡単そうに打っているけれど、見た目ほど簡単じゃないんです。ポストプレーもディフェンスのボディチェックに耐え、フットワークも求められるのでたいへんでした。

…公式戦でたった1点しかとれなかったへぼ選手の回顧録でした。

2008年1月29日 (火)

会議&作業だらけ

24時半に帰宅。月曜からいきなりこれでは先が思いやられる。

そもそも、午前は市区町村へ申告する固定資産税申告書の発送業務、午後は18時まで営業担当者向けシステム説明会の立会い、そのあと午前中の申告書発送業務の続き。席に戻れたのは20時すぎでした。そのあとは、山になっていた決裁書類のチェックにあしたの責任者会議の準備などなど。。。業務終了は23時半でした。雨が降っていたら、傘持ってこなかったので「T」にしようかと思いましたが、止んでいたので公共交通機関で帰宅。横浜からの京浜急行は文庫行きラストの普通列車でした。

これだけ立て込んでいるときに、やれ「あれどうなった?」と軽い感じで言われたり、暗に「早くやれ」とも取れる言い方をされるとむかつきます。最近こんなことが続いているので、心の中の波高し。

走るほうは、朝調子よかったけれど、起床から走り出すまでに50分要したのは非常にもったいなかった。82分で14㎞、あと10分オンしたかった。きょうで1月448㎞、500㎞には残念ながら届かないっす。

朝のみなとみらいでは、いつにも増して行き交うランナーの数が多い気がした。きのうの女子マラソンを見て、走り出そうと思った方もいたのかなとさえ思った。きのうのマラソンでの何度にもわたる転倒シーン、マスコミではいろいろと「結果論」で書かれているけれど、走ったこともないくせに「評論家」のように「練習不足」とか「マラソンを甘く見ている」とコメントしている人々には「いかがなものか」とさえ思えた。

あす(火曜)はおえらいさんメンバーの送別会、下僕に徹します。

2008年1月27日 (日)

回廊6周自己ベスト☆

きょうは日産スタジアムまで足を運び、1周950mの回廊6周のペース走。昨日家内の家族との食事会でビール&ワインをたくさんごちそうになったけれど、早めに就寝したので致命的は二日酔いはなし。9時までふとんでゆったりしてから出走、日産スタジアムまでの9.5kmは前日飲んだ後とは思えないほどのいい動き。

そして、これが本日の結果です。

☆1周ごとのラップ

3'50-7'40(3'50)-11'27(3'47)-15'14(3'47)-19'00(3'46)-22'45(3'45)

回廊6周での自己ベスト更新、これまではぎりぎり23分切るレベルだったので10秒ちょっとの更新です。ついでに、3~6周の4周の15分05秒も、昨年の東京マラソン1週間前に記録したベストをたった1秒ながら更新でした。6周走ったので距離は5.7km、6kmに換算するとプラス1分12秒で23分57秒、練習でもキロ4分を切るペースで6km弱走れるレベルに持ち直しました。

入りの1周が3分50秒、だいたい1周4分弱のペースで進むかなと思っていましたが、3周目からギアが入り、周回後半軽い追い風に乗ってきっちり走れてきてから調子をつかみました。ラストはもう少しペースアップしたかったけれど、毛が生えた程度のペースアップにとどまりました。それでも、あと4周ぐらいはこのペースでいけそうな感じでした。

これで、昨年の東京マラソン直前のタイムに追いつきました。練習ではね。あとは来週の神奈川マラソンのハーフで昨年ぐらいのタイム(1時間24分)が出たら、自信が確信に変わるかもしれません。もうひと息です!

2008年1月26日 (土)

久しぶりに。。。

疲れのため朝はゆっくり。。。としたかったのですが、午後から病院に行く予定があったので、8時ちょい前から20kmjogの合間に3000mの刺激を一本。体は軽かったけれど、時々「ふっと魔が差したような動き」もあってやや心配の中スタート。出だしは余裕残して走っていたら1000mはジャスト4分。これでは遅すぎると思い、ピッチを上げたけれど、2000m通過は8分2秒とその割りでもなくて少しあせる。ラスト1kmで意識的にチェンジオブペースを試みるも、2~2.5kmはジャスト2分。これでは先週の12分5秒ぐらいかなと思ったけれど、少しでも進歩のあとをみせようとラストスパート。その甲斐あって「久しぶりの」11分台でフィニッシュ。(11分59秒でしたが。。。) ラストはよく踏ん張れたと思う。ひとつの「壁」を破ると、次へとつながっていくものと信じ、練習を積んでいこう。

午後は病院に行った後、家族での食事会。よく食べて、よく飲みました。でも明日の練習もあります。ゆっくり休んで、明日の練習に備えます。

2008年1月25日 (金)

かみ合わぬ歯車

昨日の夜走った疲れが残り、背中が痛かったので寝坊してしまった。朝から走りに精彩なかった。10kmを65分、今週キロ6.5分以内で走れていない。

これだけで済めばよかったのだが、仕事ではいろんな「とばっちり」を受けて1日の動きがギクシャク。かみ合わぬ歯車へのもどかしさ、どこにぶつけることもできない腹立たしさで、心の中の大気は不安定。こんなときに「音楽」が心を癒してくれる。

あすは、かなめの練習。先日の千葉マリンでは5kmまではよかった。だから、せめて3kmのスピード刺激ではそのときの通過タイムの11分44秒は出しておきたい。

2008年1月24日 (木)

難関脱出&二日酔い

1日さぼって再登場。昨日の社内での一大イベントの新商品発表会でそそうして落ち込んでいたわけじゃありません。何とか与えられた任務を無事にこなし、難関脱出といったところです。任務終了後、打ち上げで焼酎ロックをぐいぐい、おかげで帰宅時には新橋で逆方向の列車に乗った上、東京駅からの東海道線では勢いあまってグリーン車に乗る始末。東京駅からの記憶は「真鱈」もとい「斑」です。気がついたら布団の中でしたが、頭痛で飲みすぎたことを認識し、反省でした。。。

そんなわけで朝はへろへろjog。アルコール麻酔で起床が遅れたため40分ちょっとしか走れなかったのですが、キロ7分を超えるひどい走りに情けなさいっぱい。帰宅してから「追試」のrunをしようと心に決めて出社。

帰宅後、その公約どおり追試ラン10km。行きは調子よかったのですが、帰りは向かい風にあおられたのと度重なる信号待ちで行きよりも6分オーバー。評価は難しいです。

あすは朝からびしっと走りたい。

2008年1月22日 (火)

疲れ、生命力強いです

きのう夜9時すぎに就寝して思いっきり体をいたわり、朝5時前にお目覚め。たっぷり休んだのに、背中が痛くて起床して走り出すまで50分。走り出したら、きのうほどの筋肉痛はない!…と順調に走れていたのに、距離を踏むにつれて疲労がじわりじわりと走るペースにあらわれた。12km走り、行きは38分で帰りは41分。急な下りはまだまだ歩きのお世話になっている。生命力の強い疲れですね。

あすは社内での一大イベント対応で気が重いです。
そそうしないように。。。

2008年1月21日 (月)

予報外れてラッキィ!

きのうまでの予報では本日雪が積もるかも。。。という予報でしたが、けさ起床して外を見ると雪の気配はまったくなし。きのうの走りが悔しかったのでけさは雪の中でも走る覚悟でしたが、予報外れてラッキィでした。もっとも、走りのほうはあんなへぼい走りだったのにももの筋肉痛が著しくてキロ7分で12㎞とさえなかったです。

仕事でも、ももの疲れに加えて頭が酸欠状態。仕事はさておいて、健康第一に考えて定時後即退社してきました。視神経がかなり疲れているようです。こんなときは早く就寝するに限りますね。昨日のくやしさも早く忘れたいし。

申し遅れましたが、東京マラソンのナンバー通知届きました。今年のナンバーは「10677」、昨年の「10539」よりもちょっと大きい番号です。ナンバーは申告記録順ですが、昨年同様、ナンバーの下3桁よりもいい順位で行きたいですね。おっと、その前に今年はスタートの整列ブロック間違えないこと、そしてきのうの千葉マリンでの失敗を繰り返さないこと!

2008年1月20日 (日)

千葉マリン速報

ハーフ1時間28分58秒、予定より約1分半オーバーでした。

☆ラップタイム
19.55-40.45(20.50)-1.02.25(21.40)-1.24.14(21.49)-1.28.58(4.44)

スタートから5kmまではすこぶる軽快で、抑えていてもキロ4分切れていたので、「大化け」も期待。しかし、その後走友に抜かれたあたりからセカンドウインドに。第一折り返し後ピッチをあげてやや持ち直したが、第二折り返し後、大してきつく感じないのにキロ4分10秒を超え始めた。

とどめは12kmすぎ、メタボなお腹が冷えて上半身の感覚がなくなったのに気持ちが引けてしまった。これは大反省、これしきのことで気持ちで負けないこと、寒さ対策でランシャツの腹部に小さいタオルをセットすべきだったと。東京マラソンでは同じちょんぼ厳禁。

その後、稲毛海浜公園内の4kmはキロ4分20秒超の苦しい走り。さすがに大通りに出てから少し元気が戻ったけれど、12kmすぎからの失速で2分近く損してしまった。ゴールはせめて1時間29分切らないと恥ずかしいと思い、ダッシュかけました。

結果的にはせっかくの好調に乗ってレースの流れを「つかんだ」と思ったところから、チャンスがするりと逃げてしまった失敗レースでしたが、何かつかめそうだなという好感触もあって、次につながる走りだったと思います。復活まで「もうひと息」、悲観することはない。

☆追記

(その1)

ようやく「GTメール」届きました。
ゴールから約7時間後、東京とアテネの時間差ですね。
地球一周してから届いたのかな?
ちなみに、結果は手元計時と同タイムでした。

(その2)

マリンスタジアムで久々に「♪かもめが飛んだ~」を聴けました。
しかも「ご本人」の肉声だったから感激でした。
わざわざ、これを聴くためにウオーミングアップの時間をずらしました。

ちなみに、この曲が世の中に出たとき、わたしは中学生でした。時間が巻き戻された感じがしました。

2008年1月19日 (土)

大会前日の調整

大会前日、恒例の1000m刺激を一本。アップでいい感じだったので好走を期待。事実、200mまではそのとおり。しかし、そのあとが伸びない。折り返しは1分50秒とまだ許容範囲だったが、その後息が上がったところに向かい風のダメージが加わり結果は3分47秒。3分30秒台はかたいと思っていたところ、昨年の大会前日よりも7秒悪かった。

自分自身では不満が残る締めかただったが、あと一本走ったら「結果」が出そうな感触(負け惜しみですが)、あすにつながる走りができたとは思う。あすには「きょうと違うあしたの風が吹く」と考え、大会に臨みたい。

きょうは千葉みなとのホテルで前泊し、あすに備えます。

オセロな日々

朝は寝坊ながら、調子よく走れた。たった8kmでしたが。。。

ここ1週間の調子をただいま開催中の大相撲にあてはめて星取表にしてみると。。。

日 月 火 水 木 金
○ ● ● ○ ● ○

ただいま3勝3敗の五分ですが、火曜日から「オセロ」状態です。

風邪と業爆パンチにやられてから、調子よい日が続いていませんが、仕事で4つ抱えている難題をこの2日で2つやっつけたので、気分は軽くなりました。

もっとも、オセロのルールならば、上記の星取表はこのとおり、

日 月 火 水 木 金
○ ● ● ○ 
 ↓ ↓ ↓
○ ○ ○ ○
 ↓ ↓ ↓
○ ○ ○ ○ ●
 ↓ ↓ ↓
○ ○ ○ ○ ○ ○ 

オール白にリバースなんですねー。

都合よく考えすぎていますが、人間このぐらいの気持ちの切り替えができないと、長続きしないと思っています。

「人生オセロのごとく」、これ本日思いついた「MY BIBLE」。
でも、一転して「逆」のこと(オール●にリバース)もあるから、驕らず、怠けずです。

天気予報から、日曜の千葉マリンは冷蔵庫の中を走る覚悟を決めないと。。。

2008年1月17日 (木)

あと1ヶ月…でしたね。

朝はまた絶不調に逆戻り。昨晩お風呂に入らず就寝したことと、仕事での気疲れが響いたみたい。大会3日前なのでリフレッシュも兼ねて、8kmjogと軽めに切り上げた。あすもこんな感じでいくつもりです。

朝ごはんを食べながら「ズーム」を見ていたら、東京マラソンの特集。さすが、主催の4チャンネルです。アナウンサーたち10数名が大挙して出場するようです。そのほか、この前お世話になったアート日比谷店や毎度毎度のバン・ドゥーシュ、いまだ未体験ゾーンのランナーズステーションなどが取り上げられてました。よくよく考えたら、きょうでちょうど大会まであと1ヶ月って今さら気づきました。テレビに映るランナーたちの生き生きさを見て、風邪や仕事でつぶれている場合じゃないって、自分を奮い立たせました。いい刺激をいただきました!

2008年1月16日 (水)

ひと晩で復活(かな?)

昨晩業爆パンチで帰宅が23時すぎになって起床は遅れ気味だったが、朝の調子は昨日より格段によろしい。昨日はキロ6分半でアップアップだったのにきょうはキロ6分ちょい、何とか復活したみたい。昨晩あまりにも寒かったので、この冬常にオフにしていたエアコンを入れて暖かくしたのがよかったみたい。ひと晩で復活(かな?) 週末の千葉マリン、一時は悲観していたけれど、また気持ちが戻ってきた。

2008年1月15日 (火)

かかったかな?

昨晩の「公約」どおり、いつもより早起きして出走準備。でも、こんなときに限っておなか(特に大腸)の調子がすぐれない。「Gショック」を心配したけれど、15分かけてトイレ脱出。走り始めは5時20分、100分走りました。

しかし、昨日の借金(走るべき距離を走れなかった分)は10㎞、本日走れたのは16㎞なので借金返済は4㎞、15分の出走前ロスがもったいなかった。

そして、肝心の走りの調子も昨日にも増して重い走り。まじで、「かかったかな?」と思える体調です。どうも、ここ数ヶ月、調子よくなってきたら必ず風邪や故障で「出る杭」を打たれてしまう。定時退社後、医者に行こうと思っていたのによりによって業爆パンチ。家に帰っても残っているのは期限切れの風邪薬ばかり。「自力で治せ」との神さまからのメッセージかな?

とにもかくにも、早く寝るぞー。

2008年1月14日 (月)

もくろみ、見事に外れたー!

きょうは休日出勤。その前に20㎞走プラススピード刺激を入れるところ、背中が痛くて起床がままならない。時間は容赦なく過ぎていき、「朝は90分プラススピード刺激、帰宅後10㎞走ろう」と切り替えて出走。

しかし、2000Mの刺激では、前半4分4秒という苦しいタイムで通過後、一気に崩れた。まさかそのあとキロ4分半もかかろうとは。。。
絶対に7分台はかたいと思っていたのに。
寒さを考慮して、ランパンではく薄手のジャージにしたけれど、疲れから予想以上に体が動かなかったので、足下の微妙な重さを必要以上に感じてしまったと思う。

そのあと5㎞のインターバルを置いて1000Mを一本、今度は1分57秒→3分51秒とまたしても伸びず。前半がいただけない。後半は少しは意地をみせたけれど、もうひと伸び足りず。くやしいっす。

練習後、速攻で着替えて会社へ出社。16時に業務終了して皇居ランというもくろみを抱いていたけれど、仕事が予想以上に手間取り19時まで要してしまった。時間をやりくりすれば走れなくもなかったけれど、おなかが減ってきたこともあって、あすの朝多く走ったほうがいいと考えた。「食欲」優先。弱いですねー。

きょうは、練習でのタイムだけでなく、帰宅後の練習でも、もくろみが見事に外れました。

あしたのあさ、しっかり多めに走るんですよ。睡魔と背筋痛に負けずにね。

2008年1月13日 (日)

もうひと息です!

業爆でしばし沈没してましたが、土曜日からの休暇で何となく持ち直してきました。

土曜は20km走プラススピード刺激のつもりだったけれど、冷たい雨に見舞われるとの天気予報に凍え(?)、守りに入ったように帽子&ウインドブレーカー着用の重装備で20km超jogのみ。結局雨には見舞われなかったので重装備も空振りでしたが、「備えあればうれいなし」ということでよしとしましょう。出走後は2週間に一度のマッサージ後、みなとみらいの万葉の湯でゆったり。帰宅時には異様に寒くて強い風、こんな日に大会があったら大変だなと思いながら帰宅しました。

そして本日、起床時からのどにエヘン虫襲来。走る分には影響なかったけれど、外は寒いので下をランニングパンツで行くのは勇気が必要でした。(タイツぐらい買いなさい!)それでも、本牧を通って国道357号側道で先週同様3000mのスピード刺激を一本。結果は12分5秒と先週より9秒改善。最初の1000mが3分57秒、次の500mが2分1秒だったので、7分台も期待できましたが、後半は向かい風に負けて伸びませんでした。でも、昨年の東京マラソン前の体調まで「もうひと息」というレベルまで戻ってきているなという実感を得ています。このコースであと10秒短縮できたら○です。1日1日、自信を積み重ねてがんばっていきます。

帰宅後は都道府県対抗女子駅伝をTV観戦。有名選手もさることながら、大学関係者も2名出場されていたので、楽しみにして観戦しました。大学関係者はそれぞれ区間5位と区間6位、すばらしい走りでした。襷リレーの瞬間もTVでばっちり確認でき、うれしく思えました。大会結果は京都がだんとつ勝利でしたが、帽子をかぶった2区のランナーに萌えっときました。

あすは悲しいけれど出勤です。出勤前にびしっとスピード練習決めていきます。

2008年1月 9日 (水)

いろいろインフレーション

本日の様子は標題のごとし。

1.仕事が立て込み、システムトラブルも重なって帰宅も午前様に
  近く、疲れのインフレーション。

2. 疲れと余裕のなさから、フラストレーションもインフレ気味。
  「韻」を踏んだわけではないけれど。

3.一方、走行距離は疲れのため本日12km、年末からのインフ
  レ気味な走行距離はしばし収束。
  (必ずしもいい傾向ではないけれど、「休め」と言っているのか
   も?)

というわけで、ご機嫌は必ずしもよろしくないようで。。。

朝になれば、運勢が変わることを祈ろう。
疲れたので、風呂入って寝ます。

2008年1月 7日 (月)

「サロマ」、申し込みました

朝4時すぎに起床後、思い出したかのように本日0時からエントリー開始の「サロマ100km」に申し込みました!

この時期に出走する100kmマラソンの選択肢として、阿蘇やいわて銀河もあって、「浮気」寸前でしたが、いずれも6月初旬開催で業務上の理由により参加不可能。サロマは6月最終日曜の29日と思いきや、一週間前の22日。もしも29日だったら当日のうちに東京に強制送還(?)だったので、なおさら助かりました。

サロマは4年前に自己ベストを出してから、+48分→+31分→+51分と3年連続ぼろの無限大です。3年間で味わい続けた130分のふがいなさを晴らし、失われた時間を取り返したいので、ブレーキの原因である練習不足と故障に陥らないよう、しっかりと準備とケアに努めます。

本日よりオフィシャルな御用始め、スーツ着用の上出勤しましたが、年始早々朝の東海道線の「ブレーキ」には参りました。ホームで到着していた電車に乗れず次の電車と思っていたら、次の電車の到着は30分後とのことで京浜東北線に路線変更。自宅を30分早めに出発したから遅刻はなかったけれど、京浜東北線は混雑で閉口しました。通勤電車には駅伝同様、「繰り上げスタート」はないものだろうか。。。と思ってしまいました。

朝からつまづき、仕事も立て込んだので帰宅は23時。先が思いやられます。

2008年1月 6日 (日)

寝不足の中、やや復調の兆し

昨晩心地よい疲れからすぐにでも就寝と思われたのに、後味の悪い夢で目覚めたり、寝静まっているときに忌まわしき間違い電話で完全に寝不足。特に、深夜の間違い電話は、午前4時前にたった一回着信音が鳴って切れたけれど、何故か自宅の電話番号と末尾を除いて同じ番号からの着信。自分のところにかけるつもりが「6」と「9」を押し間違えたのだろうが、こんな非常識な時間に間違いとはいえ電話を操作していること自体が信じられない。常識をもって行動してほしいですね。

寝不足のまま、「かなめの練習」をするわけにもいかないので、10時過ぎまで安静したあと走り始めた。根岸を通って本牧めがけて走り、首都高高架下の国道357号線にさしかかったところで3000mのロード刺激を一本入れた。(…このコースは路面に500mごとに3kmまで距離表示のあるところです。)出だしは恐る恐るのスタートで、息が上がりそうになったけれど、1kmを4分5秒で通過後少しずつペース走の感覚を思い出し始めた。1~2kmこそ4分11秒要したけれど後半2分4秒と持ち直したので気をよくしてビルドアップ。ラスト1kmをコースレコードに近い3分58秒でカバーしてトータル12分14秒。走る前の予想では12分30秒ぐらいと思っていたので、タイムはまだまだながら「何か」をつかめたかなと好感触でした。

まだまだ余裕はあったけれど、トータル22.5kmで打ち止め。月曜からもこの復調の兆しを大切にして、練習を積んでいこう。

走り終えた後は、銭湯に行こうと思っていたけれど、ちょうど着替えて身支度したあたりで睡魔に襲われて、服を着たまま就寝。銭湯行きはあきらめたけれど、そこでまた奇妙な夢を見てしまう。どうしたことか。。。

あすから「ほんとうの」御用始めです。難題に押しつぶされないよう、がんばります。

2008年1月 5日 (土)

仕事始め、その後2部練

土曜から「わたしの」仕事始め。ちなみに公式には月曜からなのですが、経理締めスケジュールの関係で、土曜の本日出勤しないといけなかったのです。

というわけで、朝はたったの80分走。昨朝は家内の実家で二日酔い沈没して走れない不覚をとったので帰宅後14km走ったけれど、朝型人間が夜走ると疲れをためてしまい翌日に後を引きますね。

出勤時にはもちろん、ランニンググッズを持参。午後4時ごろ本日の業務が終了したので、皇居で軽く走ることにしました。いつもの半蔵門の銭湯「バン・ドゥーシュ」に寄るつもりだったけれど、乗換えが億劫に感じたので、気分転換と新規開拓の意味から、つい最近オープンしたアートスポーツ日比谷に寄ることにしました。ポイントがたまっていたので、ただ同然で利用できました。

着替えた後、皇居へと向かい3周。24→23→22と1分ずつビルドアップ。さほど無理もしなかったので、走り終えた後は心地よかったです。そしてアートでのシャワーですっきり。おみやげに(?)グッズを買って家路へ。その前に、小腹が減ったのでイタリアンレストランでディナー。ドルチェが予想以上にボリュームがあったのでおなか張ってます。パンを追加で頼んだのがはまりでした。あしたしっかりカロリーを消化しましょう。

☆追記

つい最近出た飲料で、カルピスプレミアムとボルヴィックレモン味にはまっています。カルピスはその名のとおり高級感、ボルヴィックは後味すっきりのレモン味が好きです。でも、飲みすぎ注意ですよー。

2008年1月 3日 (木)

1/3…駅伝観戦その2&きょうは胸焼け

ただいま駅伝観戦中。きょうは復路、9区13kmすぎで自宅ベランダより特等席観戦しました。残念ながら太もも君の映像は撮れなかったけれど、「区間新」の映像はしっかり撮れました。(→こちらです)

個人的には「W」の大番狂わせを期待していたけれど、自宅前にさしかかる前に決着はついてしまいました。でもよくがんばりましたね。

きょうも途中棄権があって残念でした。しかも2件も。ぎりぎりのところで闘っていたプレッシャーもあったことでしょう。そして強い日差しも影響したことでしょう。結果は仕方ないけれど、その結果を責めることはできないと思います。

次回の予選会は有力校が3校揃い踏みで大変ですね。

さて、わたくしのほうは2日続けて体調異変。きのうの下痢に続いてきょうは胸焼けから来る嘔吐感。4㎞すぎから苦悶の走り、往復20㎞のコースを途中で引き返すことも考えました。折り返すまではだましだまし走っていたけれど、後半はようやく持ち直してやれやれでした。もちとか、お雑煮など、腹にもたれて、塩分の多い食べ物が影響していると思います。何とか立て直したいです。

これから、家内の実家へ1泊していそうろうしてきます。家内の実家にランニンググッズ持参というのが我ながら笑えます。飲みすぎ、食べ過ぎに注意して、しっかり汗を流してきましょう。

2008年1月 2日 (水)

1/2…駅伝観戦&おなかゆるいです

年末からお通じが悪く、昨晩からおなかが張ってやばい予感。それに加え、おせち料理をたっぷり食べているので、体重が3日で2kg近く増量。出るものが出てしまえばもう少し軽くなるのにと負け惜しみ。

朝4時すぎに起床すると悪い予感的中。昨日初詣のおみくじで人生初の「凶」をいただいてしまったことを引きずっているのか、とにかく止まらない。40分後に「落ち着いた」と思って出走しても、2,3分走るだけでもう大腸が忙しくなってくる。2kmの間にコンビニに4回ピットイン、せっかく襷中継を控えた「鶴見中継所」まで気持ちを盛り上げて走ろうと思ったのに、これでは走るどころでないので途中で退散かと覚悟。

幸い、東神奈川をすぎてから落ち着きはじめたので、予定通り鶴見中継所まで行った。朝4時40分に出走したのに、ピットイン4回で20分近くロスしたのでちょうど6時に到着。夜明け前で襷中継3時間前なのでさすがに選手たちはお出ましではなかったが、大会関係者やテレビ局の方々を近くで何度か見かけた。そして、こんなに朝早いのに、行き交うランナーの数もいつになく多かった。

帰り道は調子が出てきたのでスピードを上げた。行きはピットイン抜きで10km64分だったが帰りは58分。そういえば、昨年も帰りにスピード上げたことを思い出した。横浜駅手前で夜が明け始めた。

帰宅後おしりがひりひりするので「かじり虫」にやられたかと思い(?)、お風呂に入る前に確認すると、あろうことか赤い海。恥ずかしいことに、ジャージにもしみていた。刺激が強すぎたか。(もちろん、スピード上げたときの刺激ですよ。)これではお風呂にも入れないので、寒いのにシャワーだけで済ます。悲しいできごと。。。

そのあとは「お決まりの」自宅ベランダからの駅伝観戦。2区10km地点付近の沿道に自宅があるしあわせ、「特等席」からの観戦でした。10kmなのでギアを切り替える前の「流している感じ」が伝わってきました。ランナーだったらハーフ走っているときの中間点付近をイメージするとわかるでしょう。それでも、モグスは格の違いを見せていましたね。

おまけですが、そのモグスを追う第2位の2校の動画を撮影しました。

(→こちらです。)

そのあと、TV中継終了直前に予想もしないアクシデントがあって、びっくりしました。爆走と暴走は紙一重、自信と過信も紙一重、絶好調と体調異変も紙一重、気合と力みも紙一重、と改めて実感しました。自分自身への「教訓」としようと思います。

2008年1月 1日 (火)

2008賀正

P1010015

→初日の出のスライドショーは「こちら!
  ボタンを押すと、スライドショー開始します。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

朝5時に出走し、起伏のある根岸台コースをとおり、本牧→山下公園→みなとみらいを経て、「ここだ」と決めていたポイント臨港パークに初日の出10分前に到着。ずいぶんにぎわってました。

6時52分に初日の出、快晴のもと、ベイブリッジの隙間から差し込んできた太陽はお見事でした。健康、幸運、家内安全を初日に願い、自宅へ戻りました。

今年は、4年ぶりのサブスリー、サロマ100kmでの復活もさることながら、最大の目標は3年ぶり再開の「秋田100km」です。体を絞り、歓喜のゴールにたどり着けるよう、がんばります。

これから、自家製のお雑煮を食べながら、駅伝観戦しよう。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »