2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

あろうことか、携帯ポロリ

朝、たった40分のrunから戻ってさあ出勤と準備のころ、ズボンのポッケにいれておいたはずの携帯がないことに気づいて泡食った。きのう会社からの帰宅時、くたくたでもうろうとしていたからやばいと思っていたけれど、「どうせ家の中にあるだろう」という楽観と、出勤時間がやばかったので、心配を引き連れて会社へ出勤。仕事中もやっぱり引っかかって集中しづらかったが、自分で勝手に定時すぎに帰る口実(用事)をつくって21時半に帰宅。このころは、「絶対に家の中」と信じていた。

今度は念入りに調べたけれどいっこうに見つからない。自宅の電話から携帯に電話したら振動音で手がかりつかめるかなと思ったけれど空振り。しばし対策を考えたあと、ドコモの利用中断コーナーへ電話。ここで紛失時の手続きを聞きながらアドバイスいただこうと思っていたら、何と「GPS機能」を利用して、ドコモのオペレーターがだいたいの場所をさがしていただけるとのこと。わらにもすがる思いでお願いし、「所在地が自宅だったらかっこわるぅ」と内心思っていたら、だいたいの所在地が「中区福富町」から半径300M以内だって。「盛り場じゃん」ってある意味ショック。福富町なんて横浜市民にして足を踏み入れたことがない。「その筋の人」の手に渡っていないだろうかと不安になる。冷静になって位置関係を整理してオペレータに「日の出町の駅の近くですよね」と聞いたら、当たらずも遠からずとの返答。取り急ぎ携帯にロックをかけていただいてから、何も考えずに(?)家の前からタクシーで日の出町の駅へゴー。(ひと駅だから電車で行けよー、はいそのとおりですdespair

駅の事務室で探していただき、諸手続きでごそごそのあと、「現物」が戻ってきた。shineどうやら、昨晩京浜急行の座席で、横浜と戸部のたったひと駅の間で携帯ポロリをしてしまったようだ。3つあとの駅で下車したお客さんが日の出町までお届けいただいたとの駅員さんの話でした。ほんと、ありがたかった。そしてポロリがとても恥ずかしかった。「ドコモのオペレータにGPS機能でだいたいの場所を探していただいた」旨を駅員さんにお話ししたら、駅員さんから「便利になりましたね」とのお返事。結果的には「GPS機能をオン」にしていたことが自分の身を助けてくれた。よかった、よかった。

そういえば、昨年もバスの中で1回携帯ポロリしているんですね。ポッケの中に入れるのはご法度ですね。反省です。

2008年4月29日 (火)

8合目から下山?

きのう8合目まで差し掛かったと思ったら、予期せぬトラブルに(と上司に)巻き込まれ、仕事が停滞。8合目から下山? 足場を滑らせて転落までは行っていないけれど、ほんとうに調子の狂った1日でした。あっ、もう25時半、横浜駅で10分タクシー待たされたけれど、運良く同じ町内の気さくな運転手で楽しくコミュニケしました。2メーターでしたが。。。

あすは当然出勤、予算をやりたいけれど、いろいろ頼まれそう。(最小フォントのお方に。。。)

2008年4月27日 (日)

もうひとふんばりかな?

今週は新入社員研修の主催、予算作成、責任者会議、そして宴席幹事2本と盛りだくさんだったため、てんてこまい。マラソンあけの老体には厳しすぎましたね。

わたしは残業のつかない立場ですが、もしもまともにつけたならば4月は週32時間×4週で128時間、われながらおぞましく感じます。何だか一生懸命に山道を登り、ふと気づいて視界にひろがる谷の下に目をやったときに感じる「高さ」のようです。体力的にはがたがた、その日暮らしのような実感ですが、「もうひとふんばりかな?」と思えるところまでさしかかった感です。8合目あたりかな?

今週は50kmにも満たなかったです。アルコールも週3回でした。そういえば、来週は春日部大凧ハーフでしたね。大丈夫かいな?

☆追記

きのう、たいへん遅ればせながら「秋田100km」のエントリー終了しました。郵便局が会社から遠く、休日出勤連続だったので、現金書留封筒の手配と受付手続きがフリーズしてしまいました。25日遅れのエントリーでしたが、記録まで遅れないよう、体調を立て直したいです。

2008年4月22日 (火)

かすみがうらの完走記

大会終了後の走友とのアフターやら1日あけた月曜は25時半帰宅のため、すっかりかすみがうらの完走記を出しそびれて失礼しました。

【ラップタイム】

5km 0:21:36  
0:20:58
10km 0:42:34
0:21:18
15km 1:03:52
0:22:02
20km 1:25:54
0:23:32
25km 1:49:26
0:24:14
30km 2:13:40
0:24:09
35km 2:37:49
0:24:36
40km 3:02:25
0:10:19
goal 3:12:44
 

【完走記】

5km21分半から22分あたりをターゲットに、6月のサロマ100kmを走るようなイメージで出走。業爆による大会1週間前の5日間のブランクや睡眠不足など不安材料だらけでしたが、そんな中でも、いざスタートラインに立つと「自分の帰る場所」に戻ってきたような気分になれて、「そうこなくちゃ!」ってわくわくしました。

15kmまでは「欲出せばサブスリー」のペースでしたが、さすがに17kmあたりでももの動きが悪くなりキロ4分20秒ペースを超え始め、余裕なし状態に。走りのイメージが崩れて苦戦の始まりでした。中間点通過以降、「小」をがまんできずピットインで30秒のロス。リフレッシュできたが、ここから30kmまではももの疲れと睡魔でまじできつかったです。

30kmで「せめて3時間10分切り」はきびしいかな。。。とあきらめかけていたころ、風が背中を押してくれるような感じが心地よく感じて持ち直しました。体感ではキロ4分40秒台のつもりでしたが、実際はペースが安定してなくてトータルでは「ウルトラペース」でした。ラスト2km手前で東京マラソンでもけいれんした左もも前の筋肉が悲鳴をあげ始めて「やばい」と思いましたが、見通しのよい道路を目にするうちに気持ちが吹っ切れてラストスパート。1km4分半以内で飛ばしている感じだったのに4分40秒台だったのでやや拍子抜け。残り1kmはとても長く感じて気持ちが切れたみたいと反省です。病み上がりにしては上出来のゴールタイムかもしれませんが、やっぱりもうひと伸び欲しかったです。100kmではこのぐらいのタイムで通過して「あたりまえ」だから。

この大会出場は12年ぶりでしたが、ラスト3kmから1kmは田んぼの中の細い一本道だったと記憶していたのに今では立派な道路に模様替え。「12年」を実感しました。そして、12年前、自分が2時間51分ジャストで完走した1時間ちょっと後、けいれんをこらえながら田んぼの一本道を逆走して「大切な友人」を迎えに行き、ゴールまでの2kmを伴走。。。という胸の中にしまっておいた思い出を走りながら懐かしみました。12年ぶりにこの大会にエントリーするきっかけとなったのは、12年経ってようやく、この記憶を「思い出」として自分の中で受け入れることができたから。。。

2008年4月20日 (日)

かすみがうら速報

フルマラソン3時間12分44秒。流して走ったつもりが17kmぐらいでいっぱいいっぱい。30kmまでがとにかくつらかったです。30kmすぎで持ち直したけれど、ひとのび足りず。

2008年4月18日 (金)

ありがたき同郷の先輩

仕事は落ち着きを見せてきたかな。。。と思うといろいろと難題が舞い込んで、きょうも25時前まで会社。オフィスを消灯して「きょうも蒲田からタクシーか」と思いながら、帰りの階段に向かったとき、偶然会社の2年先輩でかつ高校の部活の先輩とばったり遭遇。たまたまあす得意先直行のためセールスカーでご帰宅され、しかも同じ横浜方面ということで、自宅まで送ってもらいました。happy01  

車の中での30分あまり、楽しい歓談のひとときでした。そして先輩の懐の大きさを実感しました。

雨も本降りになっていたので、これほどの幸運は「できすぎ」とさえ思えました。この先輩は高校の部活で、自分が1年坊主のころの主将でした。高校のころからその人柄ゆえ「神様」と呼ばれていました。卒業して同じ会社、同じ事業所にいること自体奇遇なのですが、会社に入って21年経過しても、この先輩はわたしにとっては永遠に「神様」です。

おっと、もう26時です。
あと17時間後に直属上司の送別会、今回は幹事&司会なので逃れられない。ビールオンリーでいこう。それにしても、これが2日後に42.195kmを走るランナーの生活なんですかねー。。。

2008年4月15日 (火)

運勢では「ツキあり」だったのに。。。

昨日26時帰宅して、ナポレオン睡眠のあと奇跡的にも10km走ることができた。昨日のブログにも記載の通り、「きのう流した汗はむだにしない」との思いが、走ろうという気持ちを呼び起こしてくれた。前半は多少居眠りが入っていたが、総じてまずまずの調子だったと思う。

ここまではよし、本日の運勢も「ツキあり」、これできょう対応しなければならない難題もうまい具合に。。。と気合を入れて臨んだのですが、できあがった報告書に親玉から予期せぬ説教を食らい、怒りと戸惑いと落ち込みとこれまで背負ってきたものがクロスして、どうしようもない気持ちです。結局きょうはお昼抜きで仕事してかろうじて期限ぎりぎりに間に合わせたけれど、ここ最近報われないことが続いているところにこの有様、よっぽど「そこまで言うのなら責任とろう」と思ったよ。救いは旧上司が「不在でフォローできず申し訳なかった」となぐさめていただいたこと。本当にうれしかったです、このお言葉。

きょうは久々に24時前に帰宅できた。(といっても23時半でしたが)
ひと晩寝て気持ちを落ち着けよう。

性懲りもなく

24時59分発蒲田行き最終がやっと、やっとこさ決算書類を本社に提出してやれやれと息つくひまもなく次の案件。今夜も性懲りもなくたくちゃんのお世話になります。経費削減の折、もちろん「じば」でーす。rain

あすになれば、やや「ましな」状態になりそうですが、そろそろ新部長もいらっしゃるし、新人さん二名の面倒をみないといけない。やれやれ。

そんな中でも、走ることは忘れないようにしよう。きのうの汗をむだにしないために!

2008年4月13日 (日)

春眠からお目覚め

おひさし鰤です。
火曜日から決算、懸案事項対応に加え、直属の上司の異動が重なり、26時帰宅のぶっ続けでした。肉体的疲労に加え、懸案事項対応の気疲れと上司異動のショックが重なり、とても走るどころでなかったのです。もう、木曜午後あたりからあわや過労でダウンするのではと思えるぐらいの体調でした。魔が差したように「ふっと」力が抜けたり、目ぢからが落ちてきたり、食欲がなくなったり、朝、こむらがえりで目覚めたりなどなど。。。 きょうまでかろうじて持ちこたえた感じです。

土曜の夜に決算もほぼひと段落したので日曜はお休み。これまでの分を取り戻すべく(?)、午後2時まで寝ていました。お目覚め後、5日ぶりのrun!
心配されたブランクはさぼりばねに変わり思いのほか好調、まさに「春眠」から目覚めたような走りでした。疲れもストレスもいろいろなもやもやも、心地よい汗とともに流れ出ていきました。過労で倒れなくてよかったです。

練習は本牧往復の23km、途中で混ぜた3000m刺激は12分7秒、入りの1000mが3分50秒と予想外でしたがあとが続かず。まあ、ブランクあけにしては上等でしょう。

次の日曜は予定通りかすみがうらを走ります。でも2日前に上司の送別会&メイン幹事、これを乗り越えないと。。。

2008年4月 8日 (火)

いま帰ったぞー

25時37分。。。

電車がおしまいの時間まで仕事、やむなく会社からタクシー。24時50分にもなると、なかなかタクシーがつかまらない。雨の中傘を差さずに待っていても2,3度素通りされた。哀れみすら感じてくれないのかな? ちなみに本日の仕事でも報われないような出来事があって複雑な思いです。上司たちから一生懸命フォローいただいたので、それだけが救いです。忌まわしきは「本社病」。。。 形式だけでなく本質で判断してほしい。

明日走れるかな。。。(その前に、寝坊せず会社にいけるかな?)

2008年4月 6日 (日)

くたくたですが、何とか。。。

先週は月から金まで24時超え帰宅、会社では23時すぎまで働いていたので「7-11状態」か。そして土曜も出勤でした。ここまでくると鉄人のわたしもくたくた、金曜は一歩も走れず、土曜は11kmがやっとでした。

貴重な休暇の本日はじっくり休養の後、11時前から日産スタジアムに向けて出走。2週間後にウルトラへの移行を見据えてかすみがうらマラソンを走るのですが、疲れているとはいえ、易きに流れていてはだめになってしまうので、リズム感を大切に950mの回廊3周をこなそうと思いました。でも、実際走り出すまでは「最後までもつかな」と心配でした。

走り出すと、3分44秒→7分28秒と考えもしなかった快調なペース。体はきついはずなのにリズムに乗れている。ラスト1周も大崩れいないで3分41秒でまとめ、終わってみれば11分9秒のベスト記録! 3kmに換算すると11分45秒なのであと10秒ぐらいがんばれると思えるけれど、きょうのこの体調でベストを出せたことをすなおによろこびたい。疲れているといって弱気にならず、「いける!」と思ったそのときに全力を出し切ることが大切なんだな。。。と実感しました。

帰宅後は家でゆっくりしてからマッサージへ。フットマッサージを受けているとき、一瞬意識が飛んで、気づいたらもうフィニッシュ近いところでした。いびきかいていたかな?いまはやりの「ぐーぐーぐー」と(???)

あすは決算仮締めです。忙しいのは目に見えているので早めに出勤するつもり。でも、土曜11km、きょう23kmと少ないので、早く起床して距離を稼ぎたいです。

2008年4月 3日 (木)

4日続けて

会社脱出23時オーバーが4日続いた。
さすがに、朝練でも疲れが見え始め、キロ6ペースを久々にわずかながらオーバーした。

寝床に入ると毎日のように金縛りに襲われる。「おぇーっ」て吐くような不思議な体感、目覚めて何もなかったとわかって安心するここ数日なんです。そんな中、帰宅してぐったりしている自分に元気と笑いを注入するために、わたしと同い年のエドちゃんの「ぐぅー」な動画を見ております。最近のマイブームです。

いずれにしても、どこかでひと息つきたいですね。

らしくない誕生日

昨晩25時半に帰宅後、夕食と3時間の睡眠のあと朝走り始める。思いのほか調子はよかった。ただ、さすがに眠かった。会社では、日付が変わった直後に発信したレポートの反応が気になっていたが、直属の上司までは良かったものの、そのあとはおあずけを食らったように遅々として状況進展せず。PM3時までフリーズ。他部門の反応と対応がいまひとつ親身に感じられず、一転ピンチに。最後は事業所長のリーダーシップに訴えかけるような仕向け方をしたら、功を奏して状況逆転。助かった。。。 危うくひとり空回りするところだったから。

難問解決したのが午後6時すぎ、締め作業やら書類の山で週一回のノー残業デーは完全におあずけ。帰宅は24時過ぎました。それゆえ、誕生日恒例の「秋田100㎞申し込み」もきょうはおあずけ。そしてお決まりのケーキもおあずけ。。。のところでしたが、帰り道のコンビニで小さいカップケーキでささやかにお祝い。それにしても、「おあずけ」だらけの「らしくない誕生日」。。。

2008年4月 2日 (水)

午前様、そして誕生日

決算突入、プラス懸案事項対応していたらいつのまにか日付が変わっていた。会社に残っているところで「誕生日」を迎えるとは、いまの自分を象徴しています。
ちなみに、いま桜木町行き最終電車にかろうじて滑りこんだところです。

くたくたでも、朝の走りが元気だったことが救い、次の朝も同じように軽やかに走っていたい。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »