2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

峠はこえましたが。。。

決算、予算、その他トップ報告する資料のとりまとめも終わり、峠は越えた感じです。でも、あっという間に月末月初、これに事業所長会議の資料とりまとめ指示が下り、なかなか落ち着けません。きょう土曜日は当然出勤、あす日曜は皇居でロング走実施後、シャワー浴びてから半日出勤の予定です。走るべきときに走れないのはとてもつらいこと、練習時間の確保と体力回復がまずは必要です。


これから、もと上司の送別会でかつて住み慣れた守谷の街へ向かいます。この上司は初任地で2年直接ご指導いただき、仕事での師匠です。わが結婚式でも乾杯のスピーチをいただいた大切なお方です。九州へ転勤となり、さみしくなるけれど、今日のこの日を楽しく歓談し、気持ちよく送り出したいと思います。

2008年5月25日 (日)

停滞期

水曜からすっかり業務のどつぼにはまったばかりでなく、金曜日のVIP歓送迎会では幹事で至らぬ点を多々ご披露してしまい、土曜からへこんでいます。。。

業務多忙による疲れに加えて気分も停滞し、走るのは10㎞がやっと。走行距離は水曜以降、6→0→6→10→9。ウルトラの練習すべき時期なのに、週末ですら平日以下。誤算です。きょうはたまった仕事の後片付けのため日曜出勤でした。

そんなときに「秋田100㎞」のナンバーカード通知が到着。今回は1334、仕事にはまって申し込みが遅れたので大きめの番号ですね。いつもながらの大会事務局からのあたたかく心のこもったメッセージが記されていました。「記録更新を目指して頑張ってください」に心癒されました。「サロマ」は現状では厳しいかもしれないけれど今できる範囲で全力を尽くそう。そして「秋田」は満足いく練習をこなして結果を残していこう。

2008年5月20日 (火)

手のひらがグローブみたい

きょうは振替休日いただいて、お役所への諸手続で約6時間。横浜から三鷹まで行って帰るだけで疲れました。風雨もあがったので、帰宅後10km走りましたが、疲れだけでなく、遅めのお昼で食べたひれかつ定食ととん汁がおなかに残ってきつかったです。


ひと風呂あびてから武道館へ。このグループのコンサートは、四年前に「Yell」の大好きな家内に連れられて万博記念公園の野外コンサート以来、オープニングはそのときにインパクトを受けた「轍」というのが何かの縁を感じ、うれしかったです。例によってはしゃぎすぎ、手のひらがグローブみたいです。轍、桜、蕾と、漢字ひと文字で心に響く曲が揃ってますね。

ちなみにまわりは女性優位でした。当然か。

2008年5月18日 (日)

1年ぶりのまじ40km走…これじゃいかん

今週もまじ忙しく、木曜は26時帰宅などくたくたでしたが、どうやら金曜で峠は越えた模様です。これで少しは人間らしい生活を取り戻せそうかな?

きょうは多摩川堤で1年ぶりのまじ40km走。よくよく考えたらサロマまで1ヶ月ちょっと。練習を積みたかった3~5月は業爆で満足な練習ができなかったので、せめて「かなめ」の練習ぐらいはしっかり走っておきたい。

結果は下記のとおり、走り終えた後は「こんなもんか」と思っていたけれど昨年の記録より「10分も」遅いことを帰宅後に知ってしょっく!

km LAP SPRIT 給水
5     0:27:58 0:27:58  
10     0:54:37 0:26:39  
15     1:21:49 0:27:12    *
20     1:48:00 0:26:11  
25     2:14:52 0:26:52    *
30     2:41:21 0:26:29    *
35     3:08:27 0:27:06    *
40     3:34:09 0:25:42  
前半     1:48:00         -  
後半     1:46:09         -  
    差    -0:01:51         -  

前半は抑え気味に入り、3時間27~30分をターゲットにしていたけれど、頼みの後半が伸びてくれませんでした。給水のロスタイム(時計止めませんでした)がそれぞれ1分ずつ、これももう少し何とかしたかったです。登戸すぎの小田急線のガードをくぐったあとの下りでペースを切り替えたけれど、キロ5分を切るペースは3kmと続かない。あとはキロ5分ひとけたぐらいで踏ん張っていたけれど、30kmすぎてからももの動きが鈍くなって痛恨のペースダウン。ラスト5kmで意地を見せたけれど、後の祭り。キロ5分20秒台だったら、100km8時間50分台なので、ちょっとこれじゃいかんって危機感を抱きました。

走り終えた後、六郷の銭湯で入浴しましたが、いすにすわるなり、両ももの内側の筋肉がぴくぴく痙攣しはじめ、5分ぐらい止まりませんでした。いすから起立して湯舟に入りたかったのに、無理して立とうものなら筋肉がつってしまうので泣く泣く待機。これっぽっちのスピードでこのありさまとはわれながら情けなく感じました。練習不足のつけですね。サロマへの課題山積、でも希望を捨てずに体をつくっていきます。

帰宅後は頭がボーっとして半病人状態、早く寝よう。

2008年5月13日 (火)

道連れ

朝はきのう25時半帰宅の疲れでグロッキー。まじ、午前中お休みいただこうかと覚悟した体調。その後は例によって殿中引き回しの上って扱いでしたが、午後4時にボスがご帰還になってから、上司とともに午後9時までトップ報告資料作成のため道連れに。その後は上司にお気遣いいただき、軽く一杯。帰りも横浜方面でしたので、道連れのようなものでした。

まじ、疲れました。明日は走りましょう。

また終電のひと

大会翌日も容赦なく忙しかった。上から降りてくる仕事や不慮のトラブル続きで、日中は全く仕事にならない。自分の仕事ができるのは、上司の指示を片付け、その間にマウンテンと化した伝票をすべてチェックしてから。21時すぎにようやくとりかかり、結局は積み残したまま桜木町行き終電のひとに。24時半に会社出たので品川駅まで走らないと間に合わないタイミング、雨に降られながらぎりぎり間に合った。ずぶぬれなので風邪に注意です。

それにしても、筋肉痛のはずなのによく走れたと思う。火事場の馬鹿力もあるけれど、けさ塗ったファイテンのリラックスジェルに救われたのかもしれない。仙台ハーフでも効き目満足、サロマでも頼りにしよう。

2008年5月11日 (日)

仙台国際ハーフ結果

  451
yuki's
ハーフマラソン男子
  5K:   20:19実
10K:   40:39実
15K: 1:01:02実
20K: 1:22:21実
Goal: 1:26:48実…とりあえず2008年ベスト
時刻:11:36:48実

小雨、ちょい寒のこの時期にしては絶好のコンディション。スタート後3kmまでは「先週の春日部大凧同様、つぶれそうだな」というマイナス思考が働きましたが、5kmすぎでリズムをつかんでからは走っていて楽しい気分でした。事実、15kmまでは概ね5km20分20秒ペース、この体調、この練習ぶりでは奇跡に近い走りでした。15km以降も最初の1kmが4分20秒のあと腐らずにまずまずの粘りでした。でも、あと30秒は速く走れたかなというのが走り終えたあとの実感です。

走り終えた後は気心知れたランナーたちと銭湯→オフィシャルアフター→2次会と思いっきり楽しめました。かすみがうらのあとのアフターでも感じたのですが、こうして職場以外でのコミュニケーションを楽しめることってとても貴重なことなんだなと実感しました。

さあ、いよいよサロマモードへ突入です。。。

2008年5月10日 (土)

仙台到着

連休明けの3日は経理締めに人事異動にトップからの指示事項対応で毎度毎度の終電での帰宅。特に昨日は経理締め日、他の案件対応で午後6時まで手付かず状態だったので、まじで今月締まらないかもと思いました。仙台国際ハーフ直前とは思えない生活ぶりでした。

あさは疲れた体をゆすりながら1000mの刺激を一本。先週同様、「何とかなるもんだ」と思える走りで3分39秒。同タイムでした。先週よりはましな練習振りなので、ハーフ90分オーバーだけはさけたいです。

午前中ひと仕事ののち、仙台上陸。あすの受付を済ませ、おいしいお寿司を食べてホテルに到着しました。酷使した体を少しでもリラックスさせたいです。

2008年5月 6日 (火)

大型連休…4勝4敗でした

きょうで大型連休も終わり。でも、自分はと言えば26日の土曜と春日部大凧ハーフをはさんだ3日間以外の休日はすべて出勤。よって、4月26日からきょうまでの8日間の休日は「4勝4敗」です。もう少し世間並みにゆっくりしたかったけれど、そこは安月給の雇われの身で締め日がすべての経理屋ですから、ぐっとがまん。「サロマのあとで休めたらいいや」って感じで、気持ちを切り替えていました。

春日部大凧ハーフの疲れはおかげさまでだいぶん取れてきました。たまたま昨日、普段あまり行かない横浜駅西口の鶴屋町まで自宅から徒歩40分かけてタウンウオッチングしていたときに、ふとみつけたファイテンショップで2種類のファイテンジェルを衝動買い。春日部大凧ハーフでごいっしょさせていただいた会社の先輩が赤のファイテンジェルを使っていて気になっていたところだったので、すぐさま飛びつきました。最初は先輩同様の赤ジェルだけのつもりでしたが、お店のスタッフから「青ジェルは疲労回復やクーリングダウンにいいですよ。」とお勧めされたので迷わず購入。赤ジェルはいまご愛用のサロメチールのようなひりひり感もマイルドになっていてしかも「金」配合ときています。さっそく、数日後の仙台国際ハーフで試してみようと思います。

上記青ジェルのおかげで、けさの練習は思いのほか快調。今日出勤でなかったらきのう同様20km超走れた体調だったので、惜しいことしました。たったの12kmしか走れませんでした。もう少し早く起床しないとね。

あすから世の中も仕事。さっそく朝一番で頭の痛い難問がスタンバイしています。冷静に対応していきましょう。

2008年5月 4日 (日)

春日部大凧ハーフ速報

1時間31分39秒、週間50kmに満たない練習から予想・覚悟はしていたけれど、超えてはいけない一線を超えてしまった感じです。2週間前のかすみがうらマラソンのハーフ通過よりも37秒遅れました。

☆LAP TIME
    20:47-42:43(21:56※1)-1:04:53(22:10)-1:26:51(21:58※2)-1:31:39(4:48)

※1.10㎞標識位置が200mほど後方と思われたため。50秒補正。
※2.20km標識を見落としたため、残り1km通過より26秒マイナス。

走っていて、踏ん張りどころでのあっさりとしたもろさと、ぼてぼてした動きによるスピード不足は致命的でした。

来週の仙台国際ハーフでは、少しでも進歩のあとを残したいです。

アフターは柏で、会社の先輩かつ走友と2時間あまり楽しく歓談。ここ1ヶ月仕事でかかえていたもやもやがビールとともに蒸発しました。

2008年5月 3日 (土)

深刻な練習不足

あすは春日部大凧ハーフ、練習量がいつもの半分ぐらいなので深刻な練習不足です。救いは量は少なくてもほぼ毎日走れていたこと。きょうの1000m刺激では3分39秒とこの練習量では上等です。

まずは酷使したからだを休め、ぐっすり眠ることが先決です。あすは気張らずにリラックスを心がけます。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »