2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月25日 (金)

会議の前につき

京浜東北のラスト3本前で帰宅でした。
あす(もう日付変わってる)は責任者会議なので、どうしても立て込んでしまいます。この会議の前は事前準備でいろいろ注文がつきますので。。。 いろいろと「こだわり」をもたれている方々(「マイ・マザー」(わがママ)とも言う)もそろっている会社ですので。

帰りの電車は客層悪かったっす。居眠りしてとなりの方にもたれたら「暑苦しい、じゃま」と邪険にする若者、破れ穴も見えるほどくたくたになった黒いズボンを着用していたおっさんがいたりと、目のやり場がなかったです。おまけに途中の駅でお客さん同士のトラブルのため4分遅れるし、運が悪かったです。

帰宅は25時ちょい、横浜駅からタクシーで890円。早く寝たい。右足に不安があるので、お風呂と右足への塗り薬だけはしっかりフォローしておこう。

2008年7月23日 (水)

やや上向き

きのう寝つきが悪かったので走りへの影響が懸念されたが、思った以上に調子よかった。足も大して痛まなかったことにもよるが、jogのペースとリズムで何となく吹っ切れた感じがあったことも大きかった。仕事での懸案事項もいろいろ思い出して必ずしも集中していたとは言い切れなかったが、同じ12kmをきのうよりも2分早い上がりだった。「切り替え」の大切さを身にしみて感じた。何で今までできていなかったのかなと自問自答した。

あと2日、忙しさが想像できるが、何とかつないでいこう。

暑さでペースダウン

朝練習、きのうと同じ12kmjog。前半はきのう以上の順調な走りだったが、暑さで気づかぬうちにジリ貧ペースだった。折り返して山下公園を通り抜けるまでは自分でもわからなかった。いけませんね。練習再開して7日め、暑さもこたえてセカンドウインドだったかもしれない。ここまで暑くなってくると、10kmを超える練習時には渇きを癒すための小銭が必要になってきたと思う。右足も痛まなかったので何とか継続して練習を積み重ね、体を作り直していきたい。「秋田」まで間に合うかどうか確信はできないが、やれるだけのことはやろう。

きょうは10万人を超えるランナーがお待ちかねの大会のエントリー開始日。わたしも「2度あることは3度ある」と祈って運を抽選に任せることにした。10時エントリー開始ということで、帰宅まで待ちきれず、昼食後携帯でエントリー手続きを進めていたところ、携帯の電波がぶちぶち切れてタイムアウトになったりして昼休み時間に終われず。業務終了後再チャレンジしたら、「このエントリーフォームの有効期限は2時間です」と最初からやり直すはめに。結局、空回りむなしく自宅でエントリー。

「何回参加していますか」との問いは、何となく「ふるい」にかけられているような感じがした。静かに待ちましょう。フルマラソンは、11月の湘南のあとは、1月の勝田、そして3月という予定です。3月は抽選の結果次第ですが、どこかで走ります。

2008年7月21日 (月)

徐々に快方へ向かう?

3連休最終日、朝6時すぎからみなとみらい経由山下公園へ。復活後控えめペースで走っているが、極端なペースダウンがないのが好材料。だいたいキロ6分ちょっと出るぐらいで走れている。きょうは右足の痛みも気にならなかった。少し余裕があったので、山下公園からプラスアルファの上積みして往復12km。いまはこんな感じでいいだろう。週末には20kmあたりまで持っていけたらいいな。。。と思う。

山下公園では、早朝からボランティアの方々がきのうの花火大会の後片付け。立つ鳥跡を濁さずということであたりまえかもしれないが、ずいぶん多くの方々が一生懸命アフターフォローに従事されていた。マラソンの大会でもそうだけど、こういった裏方さんへ思いを巡らすことが大切と思う。

きょう現在、月間走行距離はたったの48kmです。半月休場したので当然と言えば当然だが、何とか150kmはクリアしたいですね。来月につなげるためにも。

☆追記

映画で見逃した「アース」のDVDが先ほど宅急便で届きました。(BY アマゾン)
これからゆっくり鑑賞します。

2008年7月20日 (日)

3連休はおとなしく

朝、右下腿部を少し気にしながらのjog。塗り薬のおかげか、きのうのような電気が走るような痛みを感じることはなかった。大事をとって、きのうと同じ距離10kmを、少しだけ時間をかけて走る。暑くなる前だったので、脱水にあえぐことはなかった。山下公園では、早朝というのに、夜の花火大会の陣取りでにぎわっていた。大変なのはわかるけれど、通路に陣取りは勘弁して欲しいと思った。

昼以降は、どこにもいけないので家の掃除。3連休は、温泉へ遠出とか、遠征して気分転換、最低でも近場のスパとでも考えていたが、完治していない帯状疱疹では温泉やお風呂はだめ、遠征して軽くランのプランは、右下腿部の故障のためこれもだめ。どちらかだけだったらいいのにと悔しい思い。3連休はおとなしくすることに。

今夜は横浜の花火大会、音は聞こえるけれどマンションからは見えません。みなとみらいまで足を運ぼうにも、花火を見に行くのか混雑に紛れに行くのかわからないのでやめときました。みなとみらいのスパから眺めるのも一案だったけれど、きょうばかりは同じことを考えている方々も多いと思うので、微妙だったかもしれません。

2008年7月19日 (土)

今ごろ新人病?

朝、1ヶ月ぶりに10km走る。故障を引きずっている右アキレス腱は相変わらず重たい。何度かびびびっと電気が走る感覚も味わった。終盤は無事に自宅までたどり着きたいという思いでいっぱいだった。

帰宅後、前々から行きたいと思っていたやや近場のスポーツ整形外科へ行った。やっぱり一度診てもらったほうがいいと。暑い中国道16号を北上し、途中でバスに乗って目的地へ。

病院では1時間ほど待たされた後診察へ。初診ではアキレス腱というよりもすねの内側後部の炎症もしくは最悪疲労骨折とのことでレントゲン撮影。その結果、心配していた疲労骨折は回避された。肝心の故障の原因は、すねの内側後部の筋膜炎、すなわちシンスプリントだった。シンスプリントとは初心者がかかりやすい「新人病」ってやつです。自分の知識と経験の中では新人病はすね前側ばかりと思っていたので、後ろにも事例があるのは25年目のランナー経験にしてはじめて知った。まあ、気持ちの中ではほっとした部分が多いけれど、「25年目の今ごろにして新人病?」と、何だか割り切れなさもある。

診察時にドクターより、アキレス腱とひざの固さを指摘された。それが今回発症の原因とのことだった。病院へ行くと必ず指摘される内容だが、ストレッチの大切さを懇々と指導された。そして、無理すると疲労骨折にもつながると釘を刺された。ストレッチを丁寧に教えていただき、塗り薬をいただいて帰宅。薬を塗ったらだいぶんよくなった気がする。

あすの練習はひと晩寝て考えます。

2008年7月17日 (木)

まだ4kmジョッグ

きのうに続いてきょうも軽くリハビリjog。走り出す時間が朝6時前後、しかもきょうは研修所へ直行だったので早出、結局きのう同様30分弱の走り。まだ4kmジョッグです。走っていてアキレス腱の張りが気になります。サロマではこの痛みでレースを断念したので、慎重に行かないといけません。

ようやく湯ぶねでの入浴解禁。ゆったり足を伸ばせて気持ちいいです。でも、大好きな温泉や駅前スパといった公共の場所はまだまだです。病み上がりの人間が行ってはいけない。出入り禁止ですね。もうひと辛抱。。。

2008年7月16日 (水)

24日ぶりラン

サロマ後のアキレス腱故障と腰まわりの帯状疱疹を経て、24日ぶりに走る。止まっていた時計がようやく動き出す。30分足らずの慣らし運転、はじめは走り方を忘れていたような違和感があったが、徐々に思い出してきた。


ほんの少しの走りだったが、後々意味のある一歩になればと願う。

2008年7月13日 (日)

湯ぶねが恋しいです。。。

土日は暑かった。日中病院へ行ったり、こわれためがねの修理に出かけたりしたけれど、Tシャツの上に着ているポロシャツはすぐに汗を吸ってしまいます。梅雨明けもあとひと息。もっとも、わたくしのほうは20日以上ただのひと状態で停滞気味ですが。。。

暑くなってくると、湯ぶねで汗を流すのが心地よいはず。でも、こちらは帯状疱疹の水ぶくれや発疹が治りきっていないので湯ぶねはご法度。お風呂好きのわたくしとしてはつらいです。湯ぶねが恋しいです。。。

走るほうは、もう1,2日後にいけそうな気がしてきました。

2008年7月12日 (土)

20日間、ただのひと

帯状疱疹のほうは、痛さを忘れてかゆくなってきた。そして股のあたりが擦れて出血がはじまった。治りがけの証拠ですので、あと1週間の辛抱です。

走れなくなってちょうど20日、完全にただのひと状態です。特に今週はただのひと未満でした。走り出せるまでにはあと1週間かな。。。

2008年7月 8日 (火)

眠れない夜

突き刺すような痛みでろくに眠れない。

腰だけでなく、敏感な股関節あたりまでやられたのはイタ過ぎる。

あと10日ほど、このイタかゆさとお付き合いしなければならないつらさ。

この病気の再発要因として、抵抗力・免疫力の低下があるが、その大きな要因はストレス。自分の場合はこれ以外にない。少し無理しすぎたかなと振り返る。

明日の午前の出勤は微妙です。。。

2008年7月 7日 (月)

13年ぶりの再発

あさ、病院へ行ってきました。
病状は再発するはずのないと思っていた帯状包疹でした。13年前にかかったときには、めったに再発しないと医師から聞いていて自分の頭の中にはなかったので、医師から診断されたときには「再発しないって以前聞いていたのですが?」と質問。「再発しないよう学習はするけれど、抵抗力が落ちたときにはありえます」との返答には、もっとやばい病気でなくてよかったと安堵感。

でも、場所が腰回りと下腹部だけに、走るのはまだまだだめです。

13年前は回復後にブレーク、今回もあやかいたいところです。

家で静養してから出社します。薬を飲んだら、突き刺さるような痛みは和らぎました。

2008年7月 6日 (日)

復活ランはお預け

月曜からの復活に向けてリハビリしていたけれど、土曜の夜から左半身に異変発生。リンパ節が炎症起こしているような感覚、痛がゆい。患部と離れた膝の関節と腰回りに鈍い痛みもある。患部を見たときのショックは大きかった。金曜日の体調異変はこの前兆だったと今更ながら。


あすの朝、病院に行きます。四半期決算の締め日だけど、健康第一。会社はそのあとで。大事に至らぬことを願っています。

走りはまたお預けです。

2008年7月 4日 (金)

めがねめがね

会社出社後、こともあろうにめがねがぽきっ。レンズとフレームとのジョイント部分がレンズごともげてしまった。
おかげで視神経が疲れ、お昼すぎから体のあちこちが連鎖反応で変調。腹痛、すねと腹周りの擦り傷したような痛み、食欲も減退。

こんなときに限ってあすは土曜出勤、だいじょうぶ?


めがねを何とかしないといけませんね。

2008年7月 2日 (水)

そういえば。。。

そういえば、6月の走行距離は276.8Km、8休なのでやむなし。

ようやく早歩きできるまで回復。まだ鈍い痛みは残っているが、あと3日ぐらい休んだら走れそうです。あせりは禁物なので、日曜日まで休もうと思っています。

ノー残業デーなので早めの帰宅。

もうひとつそういえば、本日は9回目の結婚記念日でした。。。
挙式日は2日後なのでもう一回お祝いできます。
日曜日は家内の実家でお祝いかな。。。

2008年7月 1日 (火)

やっとまっすぐ歩行

サロマから9日、まだ走ることはできない。自分の中の時計は6月22日の午前9時19分で止まったままだけど、ようやく足をひかずにまっすぐ歩行ができた。着地して足首を返すときにまだ鈍い痛みは残るが、回復まではもうひとふんばりです。

きょう、佐呂間の工場の方より、大会翌日の「道新」が届いた。カラーでずいぶん大きく写っている自分の姿にびっくり。ちょっとは目覚めたかな?

それにしても、大会2日後に社内メールで発送されたものが到着に1週間かかるとは! 経費節減の折、社内メールは佐呂間とわが事業所を結ぶ直送便はなくキーステーションの事業所に転送また転送。おまけに隔日配送ときている。何か浮かばれないコストダウン。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »