2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« マキシマム | トップページ | 「秋田」の翌日に。。。 »

2008年8月24日 (日)

久々の30㎞超走

体重増に頭を痛めるここ最近ですが、解決するには練習しかない。

土曜はみなとみらいで1000m×2。先週も同メニューで3分50秒と49秒、どれだけ進歩しているかをはかるところ、仕事疲れで体が重い。それでも3分48秒と47秒、特に2本目がきつかったが、ラストの踏ん張りが利いて先週を上回った。

そのあとは家内の家族との月一度の食事会でたっぷり栄養とアルコール補給、帰宅後は仕事疲れが重なってグロッキーでした。日曜の練習を心配するほどだったが、この体調では気持ちを振り絞って練習を重ねるしかないという思いで翌日を迎える。

そしてけさはみなとみらい・山下公園経由新杉田までの往復34km走。希望としては多摩川堤でやりたかったけれど、天気の悪さと五輪マラソンのオン・エアー時間が気になって近場で済ます。走り出すと右股関節が重くていやな予感、5kmぐらいで痛みは消えたが今度はもも前側が突っ張りはじめる。「上半身が重過ぎるので脚に負担がかかっている」現実を受け入れざるをえない。新杉田についたころにはキロ6分弱ながらアップアップ。どうなることかと思ったが、残り10kmあたりから元気を取り戻し、いいかたちで締めくくれた。久々の30km超走、「秋田」に向けていい弾みとなればと思う。

帰宅時には五輪マラソンスタート後26分経過、「まだ序盤だし、夏マラソンだから集団だろう」という予想がもろくも崩れた「まさか」のレース展開が映し出されていた。勝つためには「こうすべき」という「常識・セオリー」をぶちこわして主導権を握ることも必要と思った。わたしの「秋田」はというと。。。真似できません。体調が体調なので、しっかり練習し、体重もせめてあと2kg落とした上で、本日13位だった「弟」(自称)のような走りで、粘り強く走ることで活路を見出していこう。

こんどの土曜は「五島」です。
調子は徐々に戻っているが、残暑の中、起伏の激しいこのコースを走りきるにはまだまだです。今のコースになってから97分、96分ときているので、悪くてもこの程度にはとどめたい。

« マキシマム | トップページ | 「秋田」の翌日に。。。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/42257278

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の30㎞超走:

« マキシマム | トップページ | 「秋田」の翌日に。。。 »