2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

やすらぎの

やすらぎの
五島から長崎経由伊王島へ。
また船使ってしまいましたが、温泉浴気持ちよかったです。なめるとしょっぱいアルカリ泉のようで、アキレス腱あたりも楽になりました。やすらぎの伊王島というだけありますね。今回は駆け足だったけど、次回は泊まりでゆったりしたいです。

さあ帰ろう。今回は走友とのコミュニケーション以外はさえない道中でしたが、あすからの活力にします。

何というお宿。。。

大会翌日、つい12時間前に走った大会のコースを例年のごとくフルコース。アキレス腱の張りが気になったので、やばいと思ったら5km行ってひきかえすことにしていたけれど、支障なさそうだったので、ゆっくりながら全部走った。出だしのキロ8分ペースが前半は7分台、10km以降はキロ6分と回復。途中で朝練へ向かう高校生たちから何度か声かけられた。地方の方はとても礼儀正しいですね。


練習から戻るとまさかの連続。朝風呂しようと浴室に向かうと、あろうことか施錠中。ふつうのビジネスホテルなら部屋の中にバスタブなどあるのに今回は共同。しかも歯ブラシやひげそりも備えがない。ちくしょーと思いながら自販機でカミソリセットを買おうとしたら200円どろぼーされた。濡れタオルで体を拭いて着替え、抗議かたがた朝食に向かうと、宿の方から無愛想に「急いで食べて」と急かされる始末。まだ8時40分なのに。不快感一気に全開。フロントで精算しようとしたら不在、何度も「すみませーん」と呼びかけてもノーリスポンス。たまりかねて足を少し踏み入れて声かけたらやっと出てきた。「何という宿!」と憤慨。五島では3回ビジネスホテルにお世話になったが、今回がだんとつに最低ランク。もしも大会アンケートというものなど「声」をあげる機会があれば、今回の宿のことを言いたい。「松は末」って、宿の名前を含めた皮肉を込めて。

不愉快をリセットするためにも、長崎着いたら伊王島日帰り入浴に出かけよう。朝練後に入浴できず、体べたべた足パンパンですから。


追記
きのうの肉、とてもおいしかったけれど、量はいつもより少なめ、野菜なし、そして一部噛み切れない肉があって苦労しました。今年は過去最高の参加者でにぎわい、大会関係者の皆さんの一生懸命がいつもながらひしと伝わってくるいい大会でしたが、宿の件と肉の件で考えさせられました。来年からの改善を願っています。

2008年8月30日 (土)

覚悟はしていましたが。。。

五島夕焼けマラソン、まったくいいところありませんでした。

・記録(速報)1時間42分ジャスト・・・セカンドワースト
・5kmごとラップ・・・22:56-47:12(24:16)-1:11:03(23:51)-1:36:18(25:15)-1:42:00(5:42)

目標は悪くても1時間35分、あわよくば天候に恵まれているのでこの大会での自己ベスト1時間31分としてスタート。最初の1kmこそ4分4秒と予定通りも、そのあとおなかに力が入らなくなってずるずるペースダウン。腹筋不足もさることながら、お昼の食事での胸焼けを後悔。しのぎやすいと思っていたのに、後方から照りつける日差しに気分も負ける。そしてサロマで痛めた右アキレス腱が張り始めた。悪いことが次々と重なる。5km通過は21分台を予定していたのに、よもやの23分近いラップ。これでは100kmマラソンのラップだ。

5kmをすぎてからようやく胸焼けがおさまり調子を取り戻し始めた。相変わらずキロ4分40秒台だが。。。 7kmすぎのアップダウンでキロ5分半要したが、起伏がなだらかになってから、流す感じで気持ちよく走れるようになった。この調子でゴールまでいけたら、昨年ぐらいの1時間36分でいけるという希望を持って。。。

しかし14kmすぎの上りに差し掛かったころ、気になっていた右アキレス腱の張りが脚の推進力を奪ってしまうほどに。無理するとサロマの2の舞と思ったので、安全策を選ぶ。ペースはキロ5分になってしまったがやむを得ない。それにしても20kmで1時間36分とは、ジョギング並みですね。ゴールした後は、レースを意識した練習の欠如という現実を突きつけられ悔しかったが、同時に何とか完走できた安堵感もあった。

それにしても、「秋田」大丈夫?

2008年8月29日 (金)

大会前日

未明からの雷雨に加え、昨晩の飲み会のアルコールが残って出走が危ぶまれたが、8時ごろから晴れ間も見えて出走開始。お休み取っておいてよかった。大会前日恒例の1000mの刺激は疲れから調子に乗り切れない状況の中粘って3分42秒。あとひと息のところまで戻ってきた。帰宅後体重測ったらきのうよりまた1kg落ちた。朗報続きに胸をなでおろす。

お昼過ぎに長崎へ向けて出発、途中羽田空港で待ち時間を利用してマッサージへ。首周り、右の背筋、腰周りが「かなり」こっていた。痛くて苦悶の表情が続いたが、いまはすっきり。

長崎到着後は、いけす料理が評判のお店が1階にあるホテルに宿泊。シングルユースながらなぜかツインルーム、まあいいや。目の前に水辺の森公園があるので、あす朝軽く走ってから五島へ行こう。あすは悪くても昨年の記録クリアです。

2008年8月28日 (木)

必須目標の達成度

昨晩は会社を出たのが25時半、どこかの官庁みたいに玄関の前に居●屋タクシーがいないのでタクシーつかまえるのに難儀しました。空車と思ったら回送となっていたことが何度か。さすがにこの時間では皆さん眠っていたい時間ですし。。。
どうも、重要な会議の前日はこうなってしまうのが最近の傾向、人に仕事を振ってもそれ以上にパラシュートのように舞い降りてくる対応事項、上司が変わってから2倍ぐらい忙しくなった気がする。大変お気遣いいただいているので、頑張ろうという気になりますが。。。

タクシーつかまえてから友人に車内で携帯メールを作成しているうちに、タクシーはもう多摩川にさしかかっていた。携帯はキーボードが少ないのでPCよりも手がかかる。それにしても時間を忘れてずいぶんのめりこんでいたものと思う。ただ、さすがに車酔いしてしまった。家に着いたころには吐きそうだった。。。

それはさておき、今「秋田」までに絶対に成し遂げなければならないのが体を絞ること。先週火曜日が最重量、そこから秋田までに最低でも落とさねばならないのが2500g。今の状態は分母を25として、きょうようやく2けたにのりました。まだまだ重いけれど、2けたに乗ったことはよかった。まだこれがゴールじゃないので、引き続き頑張ろう。

朝練習は6時過ぎ起床がやっとだったので6kmのみ。右目が腫れたような違和感が気になった。今でも痛い。働きすぎましたね。。。

あすはお休みいただき、午後から長崎に向かいます。

2008年8月27日 (水)

ありがたきご配慮

昨日触れた秋田翌日の会議の件ですが、上司より「せっかくの休みだから、無理せずに」とのありがたきご配慮をいただきました。

助かりました。翌日の勤務のことを気にせずに、思いっきり走れます!

でも、目の前のわが体調は。。。
24時帰宅が続き、へろへろです。
帰宅後お風呂に入らないと翌日の練習にこたえます。 
体重も、昨日時点で減らすべき目標の23分の8だったのにけさ23分の4に逆戻り。
24時以降の食事は、腹八分目以下ですね。。。

2008年8月26日 (火)

「秋田」の翌日に。。。

本日の会議で、「秋田」の翌日に営業会議開催が決まってしまった。

よりによって、「秋田」の翌日とは。。。とショックでかい。

救いは会議が午後1時からということと、帰りの飛行機が大館能代9時05分発羽田10時15分着であること。(かなり)無理すれば午後からの「リカバリー」は可能である。

取り急ぎ、上司には「もう休みの予定を組んでいるので、差し支えなければ予定が済み次第(「秋田」とは伏せて)、12時出社でよろしいですか?」って、業務終了後にお伺いのメールを打って帰宅。結果はあす上司の返事次第、1日休めたら言うことないけれど、午後出社も覚悟です。(その場合には翌日午前にお休みいただこう。。。)

ちなみに、プロバイダーのポータルページの「きょうの占い」では、よりによって「心身不調」だって。
「プレッシャーやストレスを感じやすくなっています。でも、周囲に対しての言葉づかいなどに気をつけていれば、大きな問題もなく過ごせるでしょう。」とのことでした。

ついでに、「秋田」の前日は、お家の用事をすませてから12時前の「こまち」で会場へ向かうことになりましたので、会場到着は受付終了10分前の15時20分の予定です。ほんとうに、うしろからまえから、「秋田波高し」が正直な実感です。

2008年8月24日 (日)

久々の30㎞超走

体重増に頭を痛めるここ最近ですが、解決するには練習しかない。

土曜はみなとみらいで1000m×2。先週も同メニューで3分50秒と49秒、どれだけ進歩しているかをはかるところ、仕事疲れで体が重い。それでも3分48秒と47秒、特に2本目がきつかったが、ラストの踏ん張りが利いて先週を上回った。

そのあとは家内の家族との月一度の食事会でたっぷり栄養とアルコール補給、帰宅後は仕事疲れが重なってグロッキーでした。日曜の練習を心配するほどだったが、この体調では気持ちを振り絞って練習を重ねるしかないという思いで翌日を迎える。

そしてけさはみなとみらい・山下公園経由新杉田までの往復34km走。希望としては多摩川堤でやりたかったけれど、天気の悪さと五輪マラソンのオン・エアー時間が気になって近場で済ます。走り出すと右股関節が重くていやな予感、5kmぐらいで痛みは消えたが今度はもも前側が突っ張りはじめる。「上半身が重過ぎるので脚に負担がかかっている」現実を受け入れざるをえない。新杉田についたころにはキロ6分弱ながらアップアップ。どうなることかと思ったが、残り10kmあたりから元気を取り戻し、いいかたちで締めくくれた。久々の30km超走、「秋田」に向けていい弾みとなればと思う。

帰宅時には五輪マラソンスタート後26分経過、「まだ序盤だし、夏マラソンだから集団だろう」という予想がもろくも崩れた「まさか」のレース展開が映し出されていた。勝つためには「こうすべき」という「常識・セオリー」をぶちこわして主導権を握ることも必要と思った。わたしの「秋田」はというと。。。真似できません。体調が体調なので、しっかり練習し、体重もせめてあと2kg落とした上で、本日13位だった「弟」(自称)のような走りで、粘り強く走ることで活路を見出していこう。

こんどの土曜は「五島」です。
調子は徐々に戻っているが、残暑の中、起伏の激しいこのコースを走りきるにはまだまだです。今のコースになってから97分、96分ときているので、悪くてもこの程度にはとどめたい。

2008年8月20日 (水)

マキシマム

ようやく練習も軌道に乗り始めた。しかし、朝練習後にはかりに乗ったらあと一歩で「未体験ゾーン」の重さにあ・ぜ・ん。どうしたことか。。。

サロマのあと20日あまり休んだときに筋肉が脂肪に変わり、見かけは体重イーブンでも実は増えていたように思う。練習で落ちた筋肉が戻り始めると、落ち切れていない脂肪はおもりにしかならない。また、帰省時にたっぷり栄養補給したつけが回ってきたと思う。

体重はカロリーの足し算・引き算なので、いまは長い目で取り組みつつ、食生活にも気をつけよう。

2008年8月18日 (月)

富山に帰省しておりました

土曜から3連休で富山に帰省しておりました。

富山に到着してしばらく、大雨に。ゲリラ的な雨、繁華街では床下浸水もあったほどの土砂降りでした。翌朝の朝練習で常願寺川公園が一部冠水していて遠回り。距離表示のある道路だっただけに、帰路でのスピード練習のあてが外れたかに思えましたが、面白いもので、2時間後には道路が見えていました。。。

実家では海の幸をたっぷり栄養補給、取りすぎたかも?
練習のほうは、土曜19km、日曜21.6km、きょうは22kmとまずまずか。土日のスピード刺激では重たい動きながらもキロ4分を切り、浮上のきっかけをつかめそうなタイムでした。ただ、きょうの練習では途中でせきが止まらなくなりひやりとしました。幸い、今は治まりましたが。。。

あすからまた日常に戻していきます。

2008年8月11日 (月)

人間ドック・異常なし(の見込)

きょうは人間ドック。昨晩から食料と水分を取らず飢えた状態かな。。。と思っていたら意外と腹持ちがよくてしのげた。昨晩のパスタ大盛りが効いたようだ。脱水気味なのできょうは体に影響なさそうな10kmjogにセーブ。きのうの疲れもあってやや調子悪かった。動きが悪いのは、旅の疲れだけでなくカロリーオーバーの仕業かと思う。

8時すぎに病院へ行ってドック開始。最近見るのもいやになっていた体重は懸念していたとおり、昨年よりも1kg重くなっていた。医師からも「少し重くなりましたね」とぐさっとくるひと言。大丈夫かなと思ったけれど、そのほかは医師の所見ではたぶんパスとのこと。異常なしの見込です。安心です。

水分しっかりとって、バリウム腹痛にならぬよう気をつけます。

2008年8月10日 (日)

羽根を伸ばして、久々に

 
昨日業務が終わったあと、品川から新幹線に乗って大阪へ。尼崎の駅前のホテルで一泊して、きょうは朝練習後、写真の通り甲子園球場へ3年ぶりでした。バックネット裏で快適にと思っていたのに、チケットはすべて売り切れ。近畿勢同士の好カードの影響か?
やむなく、無料開放している暑い暑い外野席へ。その外野席も空いている席をさがすのにひと苦労。バックスクリーン横の席を確保できたけど、途中から通路で立ち見が出るほどでした。
 
試合のほうは観戦した2試合とも延長戦と白熱してました。さすがに2試合めは帰りの時間を考えてやむなく途中で退席。球児たちの一生懸命と盛り上がる声援を心地よく感じながら、かちわりとビール。暑かったけど、プレーに集中していたので苦にはなりませんでした。
 
 
それと、朝練習では5時に起床してかつて住んでいた家の前を通って武庫川河川敷へ。2年4か月ぶりでしたが、かつて走り慣れたコースを走りながら当時のことを思い出し、感慨深かったです。途中で3000mの刺激をいれたら、体にもちがへばりついたような重たい動きに支配され、13分19秒もかかって沈没。20日あまりのブランクの大きさを感じました。
 
合計28kmの練習でしたが、途中で3年前の列車事故の現場前を通りました。今では列車が突っ込んだマンションはいくつかの爪跡を残しながらも外見上は現状復旧し、行き交う人たちも何事もなかったかのように通過していたけれど。。。
マンションの前にはガードマンの方がいて、「おはようございます」と挨拶されて足を止めたら、マンションの奥に献花台が今でも用意されていました。何とも言えない気分になって言葉が出てこなかった。
 
あすは人間ドック、ちょっとだけプレッシャー。

2008年8月 6日 (水)

重い、重い

昨晩24時過ぎの帰宅で目覚めが非常に悪く、歩き出しそうな走りで出走。今にも降り出しそうなどんよりした空は、睡魔と重なって突き抜けるにはとても重たい空気に感じた。きょうも懸案事項対応のため8時出社、60分JOGがやっとこさでした。

1日じゅう、荒れ模様の天気。落雷によるパソコンへの影響を心配したが、締め日前日のためとっとと帰宅できないもどかしさ。あさっての研修の宿題もできていないという頭の痛い問題も。これで「お持ち帰り」確定。帰宅後に寝倒して挫折してしまわないか自信のなさがいっぱいだったが、きょうは珍しく粘り腰。22時に帰宅後2時間でフィニッシュ。助かったよ。

あすは締め日のうえ、また8時出勤。午前中は会議ときている。何とか乗り切ろう。

そんな中でもうれしいニュース。
甲子園で故郷の代表が県勢4年ぶりの勝利。これで県勢通算20勝とのこと。初戦突破のよろこびを味わうことが少ないのでとてもうれしい。2回戦は現住所の代表、健闘を祈っています。

2008年8月 5日 (火)

他人ごとと思っていましたが。。。

わが家にも、ついに「何とか特別便」が届いた。
自分は会社の厚生年金で関係ないので、もちろん家内のものです。
家にある家内の年金手帳を見たら、もれらしいものは、「たぶん」大丈夫と思うけれど、結婚前の記録はよくわからない。今度家内の実家におじゃまするときに相談するつもりです。

それにしても、世の中で大騒ぎしている「あれ」が届いたから、インパクト大きいです。

練習のほうは朝早く目覚めたけれど、8時出勤なので80分がやっと。調子よかったのでもっと走れたのに。8時に出勤して帰宅は24時、時計が3分の2回ってます。あすも早いんです。なかなかうまく回りませんねー。

2008年8月 3日 (日)

夏休みってわけではないのですが。。。

すみません、久々の更新となってしまいました。shock

前回更新の25日のあと、病院行ったり日曜出勤、松本出張、懸案事項対応、そしてまたしても土曜出勤と重なりまして。。。
気づいたら7月終わって8月になってました。

それにしても、7月の練習量は月間走行距離がたったの134kmと、25年のランナー生活の中で最低でした。実際走ったのが14日間、慣らし運転もあってほとんどが10km前後の練習だったし。終わったことをあれこれ考えても仕方がないので、「これから」を考えていこう。

土日は、故障回復と帯状疱疹快気祝いを兼ねて温泉旅。。。としたいところでしたが、お目当てのところは残念ながら満室。(前日に衝動的に思いついたのでしょうがないか。) そのほか、熱海とか湯河原とかも考えたけれど、いまひとつ踏み切れなかったです。結局、土曜出勤後、「熱海と湯河原の湯を汲んでくる浴場」で済ませました。そう、目の前にみなとみらいの観覧車が見えるあそこです。 マッサージのショートコースを済ませてからリラックスルームで爆睡。帰宅は21時ごろでした。

そしてきょうは朝7時から2ヶ月ぶりの日産スタジアム往復。ようやく20km超の練習をこなせるまでに回復したことをうれしく思いました。しかし、暑さは早朝でもはんぱじゃなかったです。日なたは気分がプッツンきれそうでした。スタジアム内の回廊は過ごしやすかったけれど、そのあとが大変。追い討ちかけるようにどこかで10円落として120円の飲料が買えなくなった。それならばと、コース上でコンビニを探して「ガリガリ」のお世話になりました。自社製品でないので会社にはシーっですね。

今週はいろいろと慌しかったけれど、走りの調子は上がってきていると思います。体重は故障前に比べてまだ1kg重いけれど、継続的に練習して絞っていきたいと思います。

こんどの土日は足を伸ばそうと思います。2年ちょっと前まで住んでいた場所まで。昔の武庫川の練習コースが何だか懐かしくなったし。土曜また出勤だけど、そのあと移動です。東京よりも暑いので、練習は朝5時厳守ですね。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »