2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 前日受付終了 | トップページ | 大会翌日…酸欠状態です。。。 »

2008年11月16日 (日)

湘南速報

3時間13分54秒でした。30kmまでは2時間11分と予定通りでしたが、空腹と足のガス欠でキロ5分。。。 33kmからの西湘バイパスは単調でとても長く感じました。

【5kmごとラップ】
21.02-42.25(21.23)-1.04.06(21.41)-1.25.59(21.53)-1.48.06(22.07)-2.11.14(23.08)-2.36.37(25.23)-3.02.56(26.19)-3.13.54(10.58)

小雨降る中スタート。出だしは100mごとの道路標識ポールでペースを測ると26~27秒。ペースが上がらずがまんの走り。4kmぐらいからようやく100m25秒に落ち着いてきた。東海道の松並木と大磯の街並みを抜け、箱根駅伝第7中継点あたりの5kmは21分02秒。何とか盛り返したようだ。

R134号に出てからキロ4分15~20秒を行ったりきたり。つかみ所のない走り。10km通過は思ったよりも遅い。サブスリー貯金はたったの5秒。このあたりからキロ4分20秒前後がやっととなってきた。走りやすいはずのR134号で思い通りにスピードが乗っていかない。アームウオーマーがうっとうしくなってきたのでここではずす。

浜須賀の三叉路を過ぎてから距離表示がつかめなくなってきたので時計を見ないことにする。19.2km折り返し1km前ぐらいから苦しくなってきた。折り返しのランナーをチェックするあまり、何かレースに集中できてないみたい。

折り返し後まもなく20km通過。ぎりぎり85分台、サブスリーは厳しくなってきたけれど、とりあえずの目標3時間10分以内はこのあと粘ればいけるかもしれないと気持ちを振り絞る。前方の2000番台のナンバーカードの方がいいリズムで走っていたのでそのリズムにあわせて走っているうちに、急に羽根が生えたような走りの感覚になった。「しめた!」と思った。このまま巻き返していけば、サブスリーに限りなく近いところに迫れるかもしれないと期待した。

しかし、楽しみにしていた20~25kmのスプリットが22分07秒と伸びていなかった。盛り上がっていたモチベーションがシュリンクしていく。それと同時に空腹感に襲われ始めた。それが30km以降の失速へとつながってしまったか。。。

茅ヶ崎から箱根第3中継点の花水川橋(32.5km地点)がほんときつく、長かった。ここは箱根駅伝の3区の勝負どころ、ブレーキかかったら抑えがききづらいコースだなと身をもって実感した。

33kmすぎより西湘バイパスに入ると、単調ゆえ走るモチベーション維持に苦心した。西湘バイパスのガードレール上の100mごとの距離表示を手がかりに「今何km」と計算。相変わらずの苦戦だったが、37kmぐらいから目の輝きが戻ってきた。

39kmと計算したポイントにきて、39.2kmの折り返し目の前と思っていたらまだまだ先だった。始点の距離確認を500m間違えたみたい。がくっときそうだったが、折り返し後復活。40km通過が3時間02分56秒、このペースだったら3時間14分。3時間10分どころか、激よれの4月のかすみがうらでの3時間12分も上回ってしまう。それでも、悪くても3時間13分台でいこうと苦しみながらラスト2kmからスパート。ラストの100mごとのカウントダウンは無我夢中。ロングビーチ入り口の上りはきつかったけれど、何とか3時間13分台はキープできた。。。

3時間10分切れず、踏ん張り不足でした。30km以降、ロスタイム4分ですね。それでも、いまの調子ならこんなものでしょう。来月の防府にはつながったと思います。

« 前日受付終了 | トップページ | 大会翌日…酸欠状態です。。。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/43130625

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南速報:

« 前日受付終了 | トップページ | 大会翌日…酸欠状態です。。。 »