2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

貧乏くじ。。。ですね

きのう同様、さえない標題ですんません。

午前中出かける予定があったので、朝走る時間は8時まで。この時間、冬の大雨本降りの予報。大会前日の練習すら危ぶまれたが、運良く予定時間に降りが弱くなったので、いつものみなとみらいのコースで9kmjog。強雨で風邪ひかぬよう、ウインドブレーカーとズボン着用で1000m刺激を一本。
往路はこんな重装備でも1分48秒の往路自己タイ記録、「絶好調!」とよろこんだのもつかの間、折り返し後に現実を見ました。復路は重装備と向かい風で自覚症状以上のタイムロス。悪くても3分30秒台は出せると思ったのに3分44秒、復路は1分56秒もかかりました。そんなにきついとは思わなかったのに。。。

まあ、重装備というハンディつきなので、こんなもんでよしとしましょう。

用事を済ませて午後4時に帰宅したら雨も止んだ。風も予報での突風なんてなかった。貧乏くじひいたみたい。このうめあわせはあすの走りできっと!

2009年1月30日 (金)

ツキなし!

きょうのタイトル、ポータルサイトの「きょうの占い」でのわたしの運勢です。バナナの皮を踏んでツルンと滑っている情けないイラストが。。。 実は会社からの帰り道、品川駅東口入り口のタイルの上で、まさにそのイラストどおりの実演! 粘り腰で踏ん張ったけど。

ここ数日懸案事項がたて続けに発生し、疲れが出始めた。朝4時すぎに目覚めていたのに起床に1時間半かかり、走れた距離はやっとこさ10km。キロ6分切れていたのが不思議なくらい。

帰宅後、雨のランだったので、ももが雨に濡れてかゆくなった。皮膚が弱いので、雨に濡れると時々かぶれてしまう。会社に出社するころにはおさまったけれど。

とにかく疲れた、疲れた。
あすは家内の実家に行く用事があるので朝練習は平日と同じ時間に。でも、この時間帯は雨が本降りとの予報。心して走ります。

2009年1月29日 (木)

逆ぎれにはちょっと。。。

鬼門の責任者会議がきのう終わり、気持ちは身軽になったはずでしたが、きのうまでよりも、走りも体重も少しだけ重くなった。体脂肪率は落ちたけど。数字のマジック?

信号で2分ロスしたのが響いて、12キロをキロ6ペースからから少しだけオーバー。高島町の交差点、みなとみらい入り口の交差点、そして山下町の交差点が鬼門です。特に、60分以上走るときは、山下町の交差点がポイント。右折、左折、直進と3回信号が変わり、最悪のパターンでは2分待たされる。「今日の運勢占い」のような感じです。

出社してしばらくしたら、昨日お得意先への支払手続きミスに関する経過報告と別部門への改善要請をまとめ、上司より発信いただいたところ、別部門の責任者から逆ぎれの抗議が上司宛に届いた。武士の情けでじゅうぶん気をつかいにつかい、こちらの至らぬ点を反省点として記載しながらも、「一方的にこちらを悪いと決め付けないで」とはね。ちょっと、ひどすぎますね。規則規則、やり方の標準化、とかオンレールなやり方をよしとするだけでなく、もうちょい、空気を読んだ理解力、機転の利いた運用を重視したらいいのにと残念に思った。しゃくし定規じゃ、いけませんよ。

2009年1月28日 (水)

やっと400km

昨日責任者会議の準備で22時半帰宅、就寝は24時ながら資料取りまとめに他部門との調整で神経使ったので、せっかく朝4時半に起床しても背中が痛くて立ち上がるのに80分かかった。きょうは70分弱のjogながら、調子よかったので12kmいけた。ここ3日もったいない練習が続いている。

何だかんだ言いながら、やっとこさ400kmに乗った。予定ではもう3日早いはずだったのに、途中で休息や寝坊が入ってしまったので。。。  今月はあと土曜日までの3日だけ。日曜は神奈川マラソンですが、メインは愛媛マラソンなので大会に向けての調整はせず、現在の練習の延長でいこうと思います。

2009年1月27日 (火)

体調上向き、早起きはスランプ

体調上向き、jogはすこぶる調子よい。朝練習は信号待ち2分込みでもコースレコードに肉薄。もっとも、キロ5分40台なので大勢のランナーたちにとってはスローでしょう。でも、ゆっくりjogのわたしにはいいペースです。そして体重も好不調を占うボーダーライン圏内に安定してきた。好調の証しと思う。

振り返ってみると、昨年の今ごろは風邪に苦しんでいた。でも、ここ数年は不調ながらも、年に1度は好調の波が訪れている。ここ2年は東京マラソン直前の2月中旬がそうだった。今年は「いま」かもしれない。このチャンス、確実につかみたい。

しかし、早起きだけはスランプだ。2日続けて寝過ごして練習量をロスした。今の体調ならば80分で14km走れるはずなのにきょうは10km。もったいないです。

ポータルサイトに記載のきょうの運勢ではこともあろうに「トラブル発生」!
あすの責任者会議の準備や、きのうの許せない「USO800」請求があったので、いやな予感がありましたが、案外落ち着いた1日でよかったです。帰宅も会議前日恒例の25時ではなく22時半で済みました。やれやれ。。。

2009年1月26日 (月)

調子よかったはずでしたが。。。

きのうのペース走の疲れも感じず朝練習。ただ、惜しむらくは起床後身支度に手間取り6時ちょい前の出走になったこと。せっかく調子よかったのに72分しか走れなかった。リズムよく走れていたので、もうちょい走りたかった。たったの12じゃ物足りんですね。せめて15は走りたかった。

出社後は水曜の鬼門責任者会議の準備と先日の監査結果の取りまとめのため、月曜早々遅くの帰宅。帰り道に携帯を見ると着信メールありの表示。開封すると、こともあろうに架空請求の悪質メール。迷惑対策としてドメイン指定受信しているのに、あっしの携帯ドメインになりすましてのメールのため、迷惑対策のフィルターをかいくぐっての着信でした。こんなやつは「無視」に限る。まあ送った相手が悪かったですね。だまされません。屈しません。でも、ふざけたまねしたやつは許せない! おまわりさんからのお仕置きをぜひ受けて欲しい。

2009年1月25日 (日)

数年ぶりの23分台

金曜日の社内監査準備の業爆で思うように練習できなかったので、土日は千葉マリンの好感触を呼び戻しながら軌道修正しようとかなめの練習に励んだ。

土曜は二日酔いで午前中つぶれながらも日産スタジアムまで走って回廊950mを3周。3.46-7.43(3.57)-11.33(3.50)と、2周目以降は二日酔いの影響がもろに出てしまった。2周目はどうみてもかかりすぎ、3周目は盛り返そうと力を振り絞ったけれど3分50秒がやっとだった。それでも、走り終えてからまだ余裕があったので、帰り道に三ツ沢公園に寄って1周1300mのトリムコースを3周。公園内のアップダウンはいつ走ってもきつい。でも、ここでアップダウンに慣れておくことで、2週間後の愛媛マラソンのアップダウン対応に生きてくると思う。土曜は合計27kmちょい走った。

そして日曜。予定通り多摩川堤での6kmペース走。いつもならフルマラソン大会1週間前に6~8km走るけど、今回は愛媛マラソン1週間前に神奈川マラソン(ハーフ)を走るので、2週間前に6km走ることにした。朝7時前に自宅を出発して六郷土手まで京急に乗車、身軽になって荷物をコインロッカーに置いて8時ごろより練習開始。丸子橋までの約9kmをウオーミングアップ後ペース走開始。千葉マリンのタイムから考えて設定ペースは24分30秒、復調と手応えを感じた防府2週間前の24分40秒は上回りたかった。

走り出し、堤防を上りきってからリラックスに努める。最初の500mは1分58秒、いい感じだ。力まないよう少し流してみる。1000mは少しペースダウンして4分04秒だったので自然にペースアップ。すると次の500mはジャスト2分、そのあとは1分58秒とキロ4分を切った。まだ余裕あるので中間点は12分10秒切れそうと期待が膨らむ。折り返し付近は力まないよう少し緩めたのでキロ4分05秒、折り返しは12分07秒と予想以上の走り。この調子ならばゴールは24分05~10秒ぐらい、でもあわよくば23分台で走りたい。

折り返し後、逆風を感じた。息が上がりそうになり踏ん張りどころ。折り返し後500mは2分02秒、きついけど「このコースの復路には自信がある!」と自分に言い聞かせ、何とか24分ひと桁台でまとめようと踏ん張る。次の500mでジャスト2分、これで弾みがついた。4~5kmを3分59秒と元気になるようなタイムでカバー。5km20分08秒なので、先週の千葉マリンの5km通過よりも4秒よい。そしてラスト1kmを3分51秒でカバーすれば23分台に届く。ラスト500mは堤防を下るので貯金5秒として、平らな前半の500mで貯金4秒欲しかったけど現実は貯金2秒。計算上は厳しくなったがあきらめずにラストスパート。ゴールして時計を見たら23分58秒!防府2週間前より42秒アップしただけでなく、ここ数年(5年?)出せていなかった23分台に届き、すなおにうれしさを感じた。

これで手応えばっちり、来週の神奈川マラソンではハーフ1時間25分もいけそうと思います。ここで弾みをつけて、その翌週の愛媛マラソンでもサブ3のあたりまで狙えそうと楽しみになってきました。

達成感を胸に六郷土手駅に到着、25kmの道中でした。きょうは宅急便が午後に届くので恒例の六郷温泉浴はパスし、駅で着替えて戸部駅まで直行。自宅到着後ひと風呂あびて、女子マラソンTV観戦。大いに刺激受けました。

女子マラソンゴール時間近辺でお待ちかねの宅急便到着。きのう配達依頼したアクちゃん26インチが届きました。先代アクちゃんが6年前に買ったアナログ専用だったので、思い切って買い替えました。もっとも、寝室の20インチはすでに地でじ対応ですが。)
リビングのものはここ最近不自由感じながらガマンしてたけど、もう限界とばかりに買い替えを決断しました。リビングのレイアウトを試行錯誤していじりながらセッティングにいそしみ、無事にセッティング完了。さすがに先代よりひとまわり大きくなったし、画像もざらざら感を感じずクリアになったので十分満足です。

いまそれほど疲れを感じず、まだまだ走れそう。でも、右足首内側のちょっとした痛みだけが気になります。そう、先月の防府の22kmで痛くなった箇所です。大事に至らぬよう、しっかりケアします。 

2009年1月21日 (水)

珍しく、重たい酒

けさはここ2日とは異なり、寝起きも走りも悪かった。5時前に起床しながらも沈没してしまい、6時の時報であわてて走る準備を始めたので、走り出して20分は居眠り運転同然だった。だからちょうど3km地点にあるみなとみらい万葉の湯にも自宅から20分近く要して到着した。ここ2日は17分だったのに。山下公園に近づくにつれてお目覚めに近づいてきたけど、きのう11km走れた65分できょう走れた距離は10kmでした。きのうの監査準備で知恵熱とストレスが出たようです。

水曜日は毎週1度のノーザンデー。珍しく上司から「ノーザン行こう」とお誘いを受けたのでオフィスと同じビルのテナントで軽く一杯しました、さすがに「サシ」なので気を使うし、重たい話題もいろいろあったし、「ご指導」を受ける場面もあったので、珍しく、重たい酒でした。

ほろよい気分で、横浜駅ナカで糖分補給、あまり食べられなかったので。でも、飲んだ後のラーメンよりはいいでしょう。。。

2009年1月20日 (火)

化けるか、それとも元のまま?

朝練習、朝5時前に目覚めたあと居眠りしたためきのう同様6時オ・クロックあたりで出走。この時間帯からの出走では65~70分ぐらいが限界。結局きょうも11km、でもフィニッシュは信号待ち込みで1分早かったです。きのうの「お手紙」効果もあって、よろこびに包まれた走りになったことも好影響となったようです。

千葉マリン以降、いい感じを維持できているのは頼もしく、「もしかしたらこのまま化けるかな?」という期待もしてしまう。でも、いいことばかりではない。今度の金曜日に鬼門の社内監査、そして翌週水曜日には責任者会議など、いくつか危ない「地雷」が目の前にある。またいつものパターンで、業爆や余裕のない指示への対応に埋もれて「元のまま」になってしまわないかという不安もある。まあ、日々精一杯取り組み、たとえくたばっても翌朝があると気持ちを切り替え、「追い風」を引き寄せられるようにしよう。

2009年1月19日 (月)

うれしい封書、届いていました!

朝は大会翌日のリハビリjog。昨晩落ちるように眠りに着いたけど、あまりの空腹で夜中に目が覚めるなど寝起きはよくなかったです。それでも、6時前に走り始めて66分、11kmの心地よいjogができました。ほんとうに、きのうハーフを走ったとは思えないぐらいいい調子だったように思えます。もっとも、会社で長時間われを忘れて懸案事項に立ち向かったあと席を立ったとき、ももがばかになってました。

帰宅後、ポストを開けると見慣れない水色のA4サイズの封筒がありました。封筒は、昨年12月21日に20年ぶりに出走し、途中アキレス腱のアクシデントで歩きと泣きが入りながらも、ラスト10㎞で奇跡のリカバリーで完走したマラソンが開催されたあの防府市のものでした。そして封筒の差出人欄には「あのお方」の直筆でした。さすがにびっくりしました。開封すると、「防府マラソン、盛り上がりました」という市長メッセージが記された市の広報誌に加え、直筆のお手紙が同封されていてまたびっくり! 大会翌日にお礼状を市長さんに出したのでそのご返事を含めてのお返しだったのではと思っています。じっくり、お礼のお手紙を書こうと思います。今度はワードじゃなくて直筆で。。。

感激・うれしさでいっぱい、あすへの活力を得られました。
市長の懐の大きさを実感しました。ひとの上に立つひとはこうでなくちゃいけないですね。

2009年1月18日 (日)

千葉マリン速報

ハーフ1時間27分37秒、15km以降ペースダウンしましたが、設定タイム通りでした。

【5kmごとラップ】
20.12-40.41(20.29)-1.01.32(20.51)-1.23.02(21.30)-1.27.37(4.35)

キロ4.10ぐらいで入ろうと思ってスタート、軽く流した感じでもキロ4.02と上々。5kmで左折してからセカンドウインド状態に陥ったけれど、7kmの折り返し後復活。一度キロ4.05を超えていたペースも元に戻した。10km通過時にはゴール1時間25分も行けそうと思ったけれど。。。
次の折り返しで風向きが変わってからキロ4.05を再びオーバー。稲毛海浜公園途中までは粘っていたけれど、15km手前あたりからたれてしまいました。公園を抜けてからはそれなりに粘っていたけれどペースは落ちてました。15km以降もうひと踏ん張りあればあと1分はゴールタイムは違っていたかと反省。

それでも、復活までもうひと息のところまできました。

☆追記(こぼれ話)

1)スタート後5kmまで、沿道で某強豪ランニングクラブの方がウインドブレーカー姿で並走。重たい格好でキロ4分とは。。。 恐れ入りました。ただ、視界に入るとペースが乱されそうだったので、「見ない」「気にしない」ようにしていましたが、目に入ってしまうので気になりました。5kmまでの「目の上のたんこぶ」って感じでした。レースに集中したいので「ほっておいてくれ」と思うのはわたしだけ?(自分の走力のなさを棚に上げて)

2)ゴール後、市川のランナーから「引っ張っていただきありがとうございました」とお礼の言葉をいただきました。このお方とは8kmぐらいからずっと並走。12kmまではこちらが余裕なかったのでついていくのがやっとでしたが、12kmすぎて向かい風によるペースダウンを何とかしようとわたしが前に出て14kmまで引っ張りました。その後、15km手前で置いていかれましたが何とか見える位置で(20~30秒差)ゴールしました。たぶん、このお方は自己ベストなど満足の行く走りができたのかもしれない。過去にも2回(?)お礼をされたことはありますが、記録を目指すには人の後ろについていくよりも積極的に引っ張っていきたいというのがわたしの基本的スタンスです。それがたまたま「人のため」に役立ったみたい。

3)走り終えた後、クーリングダウンでは元気いっぱい。まだ10kmぐらい走れそう。いい刺激になったのかもしれない。力を出し切っていないのであれば反省だけど。

2009年1月17日 (土)

千葉マリン前日

千葉マリン前日、朝8時よりみなとみらいで1000mの刺激走。足の張りも取れたようで調子よさそう。スピード練習のブランクだけが心配。上りの前半は1分50秒、体の軽さとブランクによるギクシャク感のためもうひと伸び不足。最近はいつも落ち込む後半、この調子なら3分40秒ちょいかと思ったが、思った以上にタイムが伸びている。残り150mで37秒ならば3分40秒を切れそう。踏ん張りがきいて3分37秒でフィニッシュ。後半は1分47秒とビルドアップできました。前半もう少しよくなれば、このコースでのベスト3分34秒に近づきそうです。

一時はどうなるかと思った月曜の箱根52km走の疲れもほぐれてきたみたい。ただ心配なのは防府のときのように突然のアキレス腱の痛み。何となく張っているようにも思えるので、あすはしっかりウオーミングアップとストレッチを行います。

夜は千葉みなとで前泊、夕食は壁の穴にてパスタとデザートで栄養補給しました。

設定タイムはハーフ1時間27~28分ぐらいです。体は軽くてもロングのペース走ができていないのでこんなもんかと思っています。きっちり走りたい。

2009年1月15日 (木)

がち、やばいっしゅ

筋肉痛なかなかとれません。特にももとアキレス腱まわり。無理すると防府の二の舞になりかねない。それでも朝ジョグのスピードはもどってきたのは好材料。どん底からのスーパーリカバリーをひそかに期待。

昨晩帰宅後、エアコン・オーブントースター・電子レンジを同時稼働させたら30アンペアのブレーカーがダウンしてしまった。不幸にも懐中電灯常備してなかったので真っ暗やみ。あわてて懐中電灯を信号わたって「すぐそこ」のコンビニまで買いに行ったけれど、電池別売なのでリターン。国道1号の信号はやたら長いので、ずいぶんいらいらしました。わが家に灯りが戻ったのは停電後20分でした。

ブレーカーの災難、「がちやばいっしゅ」ってつぶやいてしまいました。灯りは大切ですね。

2009年1月13日 (火)

あなどれない筋肉痛

朝練習、きのうの小田原箱根往復52km走の疲れを抱えながらもキロ7分で11kmjog。もも前側とアキレス腱が特に張っていた。
出勤後、いすに座っていたり上司と会議室で打ち合わせているうちに筋肉硬直。これでけさ走れていたとは思えないほどの廃人モードに転落。山越えの52kmだから皇居や多摩川を走るのとでは比較にならないダメージがあったようです。

箱根の山はあなどれませんね。

2009年1月12日 (月)

山のカミ

業爆による背筋痛、嘔吐感で木金と2日練習をお休みしてました。
水曜25時帰宅時は気力十分でしたが、朝目覚めると背筋痛。四半期決算締め日なので無理やり出勤、無理しているうちに気持ち悪くなってしまった。
翌金曜走りたかったけど、不調は相変わらず。冷雨でやる気もそがれた。
四半期決算で締め日に仕事がピークに達し、正月ぼけした体では持ちこたえられずダウン同然でした。

土曜日、ようやく復活。10kmjogしたが、体がそれほどなまっていなかったので安心。ただ、朝練習のあと休日お客様クレーム対応の日直出勤が控えていたため、気が重たかった。
出勤して残務をこなしながらスタンバイ。クレーム0とめったにない幸運に恵まれ、ほっとしました。

日曜日、午後に家内とご両親にお会いする約束があったので朝20km走る。
ただのjogじゃあ、来週の千葉マリンがぶっつけ同然になるので、本牧で1000×2のロードインターバルを実施。3分46秒と3分50秒、1本めは「出てしまった」タイム、2本めは3分45秒ぐらいにまとめたかったけど前半アップアップだったのが響いて3分50秒を切れなかった。でも、後半粘れたのは好材料でした。
練習後は家内と新宿御苑を散歩後、吉祥寺の中華料理店でご両親と会食。これでもかというぐらいごちそういただきました。さすがのわたしもラストは限界でした。

そしてきょう、前々からやってみたかった箱根駅伝の5区6区コース往復へと出かけた。長い距離の練習から遠ざかっていたので挑戦のチャンスをうかがっていた。

朝5時に自宅出発し、電車に乗って6時半に小田原駅到着。着替えをコインロッカーに置き、腕に携帯と軍資金いれたポーチを巻いて出走。駅から第4中継点まで1kmなので理論値は往復48km、箱根の山を登り降りする負荷を考えると撃沈もあり得たが、そのときは途中で箱根登山鉄道のお世話になろうと開き直って走り始めました。

湯本までの5kmは29分弱、塔ノ沢越えてからキロ7分覚悟していたけど、意外にもキロ6分中盤で踏ん張っている。宮ノ下の富士屋ホテル以降の坂は予想通りきつい。それでも辛うじてキロ6分台。足を使いすぎると復路で撃沈してしまうので、少し余裕を残す。秋田100kmの大覚野峠をイメージして走るけど、こっちのほうがきつい。

小湧園をすぎてから路側帯には残雪が目立ち始める。標高も600mを超え、下界の快晴とは別世界の冬景色、冷え込んできた。芦ノ湯の最高点が待ち遠しかったけど、ずいぶんじらされた感じ。

20090112083942 そしてやっとこさ芦ノ湯の最高点に到着。見ての通りの雪景色。歩道は雪で埋もれている。そして小雪まで舞い始めた。寒い。

芦ノ湖に着いたらおしるこ飲もうと考えながら山下り開始。キロ6分半ペースがキロ5分切るペースにアップ。残り1kmちょいの箱根神社の鳥居を目印に駈け降りるが、寒さでぼけてしまったか、まぎらわしい標識に困惑されて逆方向に曲がってしまったようだ。いわゆる「小野ロード(?)」になかなかたどりつかないなーと思いながら走ること11分、芦ノ湖が左側に見えているのにそれまで全くコースアウトに気づかなかった。まぬけですね。これでは「山の神」ならぬ「山の噛み」です。4km近く余計に走ってしまった。往路は27km走ったことになる。復路のガス欠が心配になった。

芦ノ湖のゴール地点に着いたとき、時計は2時間42分。
お目当てのおしるこはなかったのでココアでガマン。給水後、小雪舞う中復路スタート。
5kmまでの登りをガマンと思い走るが、2~3kmあたりの上りがきつかった。ガマンを重ねて5km過ぎの芦ノ湯を通過してから下りで勢いづく。朝飯なしで空腹のまま走っていたからお腹が減ってきたけれど、キロ5分切るペースで順調に進む。しかし宮ノ下過ぎてから両ふくらはぎがひくひく笑い始めた。けいれんのあと何度かバランスを崩しそうになった。このあたりは路面が悪く、交通渋滞が始まったので不自然な動きがブレーキとなって足に負担がかかったのかもしれない。

湯本あたりから暖かさを感じ始めた。気温9度ながらも、芦ノ湖付近の冷気と比較するとあたたか過ぎるぐらい。残り5kmはけいれんはおさまったけどさすがにきつかった。それでもキロ5分ちょいを維持できていた。

復路23.4kmは2時間3分、往路とあわせて50kmちょっとを4時間45分なので上出来でしょう。

帰り道、小田原駅から東海道線グリーン車に乗って横浜まで。さすがに足はがくがくです。しっかりストレッチしておきます。


2009年1月 8日 (木)

今年初の24 時すぎのひと

第三四半期仮締めのため、24時ちょいまで会社。仕事始めは定時、きのうは22時、そしてきょうは24時と日増しに遅れる脱出時間。結局もとのままという説もあるけれど?

普段の締めなら流しているところでも(手抜きでないです)、四半期決算と社内監査を控えているので、慎重を期さないといけないんです。

走りのほうは、月曜の二日酔いブレーキ後、火曜は前日7km70分ペースランのリカバリーとばかりに15km、きょうは仕事疲れでつらかったけど12kmでした。悪くないペースながら、疲れが残っていたうえ信号にことごとくひっかかりました。「やすめ」といわんばかりに?

朝は5時間後にやってきます。いつもと同じように起床して走っている自分を期待して家路につきます。

@しんこやす

2009年1月 5日 (月)

昨晩からいろいろと不覚。。。

日曜は日産スタジアム往復プラス回廊1周3分39秒とぼちぼちのかたちで締めくくり、明治神宮初詣でのおみくじで「大御心」(いわゆる大吉です)を引いたまではよかったのですが。。。

明治神宮から外苑経由新宿駅へと向かう途中で携帯電話のディスプレイが突然ダウンしていました。電池切れだろうと新宿駅で充電器を購入して携帯につないでみたのですが。。。びくともしません。さすがにあせりました。待ち合わせ時間直前なのでドコモショップへ行く時間もなく、もやもやしたまま家内のご両親交えて小田急センチュリーホテルサザンタワーの日本料理店で新年会(?) 見事な夜景を見ながら、めったに口にできないお料理と日本酒をごちそうになっているうちにすっかり飲みすぎてしまいました。お店を出るときには自覚症状はなかったのですが、電車に乗ってから大変。横須賀線で危うく寝過ごそうになるし、乗り換え後戸部駅で降りる直前に足がもつれてすってんころりんと見事に腹打ち。そのあとはポカリを買って自宅に帰ったようですが、「ほとんど」覚えておりません。でも、なぜか電源ダウンした携帯電話を充電しようとトライした形跡はありました。

午前4時半に起床すると二日酔い。携帯電話が気になったので電源入れようとすると、まだまだマグロ状態。気持ち悪いなと思いながらマニュアル見ながらいろいろトライするけれどだめ・だめ・だめ。そろそろ走り出そうと準備しているときに急に気持ち悪くなって「直行便」、WCから出たあと(出した後)楽になったと思い、走り出すとダメージでか過ぎて足が進まない。70分時間を取ったけれど、ぼーっとして力が入らないし、途中で気持ち悪くなるし、ペースは限りなくキロ10分ペースに肉薄。早朝散歩のおばちゃんにも抜かれそうでした。でも、たとえ気持ち悪くても、たとえキロ10分ペースに肉薄しようとも、こらえながら走りました。たった7.2kmでしたが。。。

仕事始め初日はダメージ大きいため安全運転、大きな問題も起こらず助かりでした。定時退社後、ドコモショップへ直行して携帯電話の故障診断をお願いしました。すると、さすがプロですね。電池パックが何らかの衝撃で接触不良を起こしていたようでした。きのうズボンのポッケに入れて2時間歩いていたときにずれたのかもしれませんね。何だかしまりのない結果でしたが、お釈迦にならずに助かりました。

まだ二日酔い後遺症でぼーっとしているのでそろそろお休みします。

2009年1月 3日 (土)

自宅ベランダより(2日目?)

きょうもきのう同様、調子悪そう。どうももちがつかえてお通じが悪くなったようみたい。走ろうにもなかなか走ろうという引き金を引けなかった。夜中に何度か目がさめたこと、走りこみの疲れが出ているのかもしれない。

それでも、朝5時ちょいに走り出した。体調を考えて16キロぐらいにしようと考えていたけれど、あえて根岸森林公園へと向かうアップダウンの豊かなコースを選択。早く切り上げて駅伝見ようという魂胆はまったくなく、駅伝の山登りを見てから起伏のあるコースを走ろうと言う気になったのかもしれない。走り出すと、アップダウンをこなしながら徐々に体がほぐれてきて、何とか20キロ走ることができた。やれやれ。

帰宅後、きょうも駅伝観戦。もちろんベランダ観戦もしました。駅伝を見ていて、「相乗効果」と「連鎖反応」が今回のキーワードと実感しました。流れをつかんだチームは相乗効果でいい結果をつかみ、逆につまづいたチームは取り戻そう、がんばろうという気持ちが力みを呼び、二重、三重遭難していくことになってしまう。実力で悪い流れをリセットできればいいんだけど、実力が拮抗し、舞台が大きくなればなるほど難しくなってきますね。それでも、両者は紙一重、運・チャンス・ミス次第でどちらに転ぶかわからないと思います。

さて、2日続けてのベランダ観戦、熱が入りました。
本日は9区13km地点すぎの自宅ベランダからの観戦でした。
そして写真撮影もきょうは学習効果の甲斐あって自分としてはうまくいったと思います。

こんな感じで。。。

P1030074

スライドショーも作成してみました。(画像をクリックすると次の画像に進みます。)

あすは年末年始休み最終日なので、ロングジョッグだけでなくスピード練習も入れてみよう。

2009年1月 2日 (金)

自宅ベランダより

朝5時15分より出走。おせちでお腹が張って調子に乗れず、10キロでおまけしようかな。。。とさえ思ってました。

と言いながらも、夜明け前の国道1号と15号を北上しているうちに元気になり、箱根駅伝の鶴見中継所までたどりつくことができました。朝6時すぎ、中継所では出走3時間前ながら、ぼちぼち準備が始まっていました。こうして戦い前の雰囲気を実感しているうちに、元気を取り戻したようです。往復20kmちょっと、行きは64分で帰りは59分でした。もっとも、帰りは大晦日の34kmの記録と大差なかったのでちょっと。。。という感じでした。

帰宅後、慌しくお風呂と朝食を済ませて駅伝観戦。わが家は2区10km地点手前の沿道上にあるので、ベランダから観戦できました。モグスは1人だけ違う世界を走っている感じでした。写真も撮っていたけれど、歩留まり非常に悪くていけませんね。これでおまけしてください。ユニフォームのカラーで誰だかわかりますよね。本調子ではなかったけれど、終盤の踏ん張りはさすがでしたね。あすは正面なのでもう少しましなもの撮ります。

20090102

それにしても、結末は予想もしていなかった逆転劇でしたね。区間賞3つ、区間新2つでも往路優勝できない、駅伝の恐ろしさを実感しました。個人的にはそのまま逃げ切って欲しかったけれど。。。

2009年1月 1日 (木)

新年初日

2009年あけましておめでとうございます。

昨晩は2009年になったことを確認してから就寝、朝は5時15分より走り初め。きのうの34kmjogで足が張っていたが、横浜臨港パークで初日の出が拝めるよう、山下公園・本牧・大桟橋・みなとみらいを時間あわせのごとく走り回りました。それにしても早朝からいつもではありえない人口の多さ。普段この時間帯にお出ましにならない方々も含めてにぎわっていました。大桟橋では船の見える場所までいけなかったです。

朝6時40分に横浜臨港パークに到着。予想通りの混雑ぶりだったが、運良く座れる海辺の階段があいていたので、そこで初日の出を拝みました。2年連続の見事な初日の出でした。

初日の出に2009年の目標として次の3つをお祈りしました。

・けが、かぜで練習に穴を開けないこと。(そうだ、ストレスも!)
・秋田100kmでのクリスタルランナー達成。(もちろん10回すべて8時間台)
・5年ぶりにサブスリー復活。

今年はいい年になりますように。。。

2009newyear

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »