2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 今年初の24 時すぎのひと | トップページ | あなどれない筋肉痛 »

2009年1月12日 (月)

山のカミ

業爆による背筋痛、嘔吐感で木金と2日練習をお休みしてました。
水曜25時帰宅時は気力十分でしたが、朝目覚めると背筋痛。四半期決算締め日なので無理やり出勤、無理しているうちに気持ち悪くなってしまった。
翌金曜走りたかったけど、不調は相変わらず。冷雨でやる気もそがれた。
四半期決算で締め日に仕事がピークに達し、正月ぼけした体では持ちこたえられずダウン同然でした。

土曜日、ようやく復活。10kmjogしたが、体がそれほどなまっていなかったので安心。ただ、朝練習のあと休日お客様クレーム対応の日直出勤が控えていたため、気が重たかった。
出勤して残務をこなしながらスタンバイ。クレーム0とめったにない幸運に恵まれ、ほっとしました。

日曜日、午後に家内とご両親にお会いする約束があったので朝20km走る。
ただのjogじゃあ、来週の千葉マリンがぶっつけ同然になるので、本牧で1000×2のロードインターバルを実施。3分46秒と3分50秒、1本めは「出てしまった」タイム、2本めは3分45秒ぐらいにまとめたかったけど前半アップアップだったのが響いて3分50秒を切れなかった。でも、後半粘れたのは好材料でした。
練習後は家内と新宿御苑を散歩後、吉祥寺の中華料理店でご両親と会食。これでもかというぐらいごちそういただきました。さすがのわたしもラストは限界でした。

そしてきょう、前々からやってみたかった箱根駅伝の5区6区コース往復へと出かけた。長い距離の練習から遠ざかっていたので挑戦のチャンスをうかがっていた。

朝5時に自宅出発し、電車に乗って6時半に小田原駅到着。着替えをコインロッカーに置き、腕に携帯と軍資金いれたポーチを巻いて出走。駅から第4中継点まで1kmなので理論値は往復48km、箱根の山を登り降りする負荷を考えると撃沈もあり得たが、そのときは途中で箱根登山鉄道のお世話になろうと開き直って走り始めました。

湯本までの5kmは29分弱、塔ノ沢越えてからキロ7分覚悟していたけど、意外にもキロ6分中盤で踏ん張っている。宮ノ下の富士屋ホテル以降の坂は予想通りきつい。それでも辛うじてキロ6分台。足を使いすぎると復路で撃沈してしまうので、少し余裕を残す。秋田100kmの大覚野峠をイメージして走るけど、こっちのほうがきつい。

小湧園をすぎてから路側帯には残雪が目立ち始める。標高も600mを超え、下界の快晴とは別世界の冬景色、冷え込んできた。芦ノ湯の最高点が待ち遠しかったけど、ずいぶんじらされた感じ。

20090112083942 そしてやっとこさ芦ノ湯の最高点に到着。見ての通りの雪景色。歩道は雪で埋もれている。そして小雪まで舞い始めた。寒い。

芦ノ湖に着いたらおしるこ飲もうと考えながら山下り開始。キロ6分半ペースがキロ5分切るペースにアップ。残り1kmちょいの箱根神社の鳥居を目印に駈け降りるが、寒さでぼけてしまったか、まぎらわしい標識に困惑されて逆方向に曲がってしまったようだ。いわゆる「小野ロード(?)」になかなかたどりつかないなーと思いながら走ること11分、芦ノ湖が左側に見えているのにそれまで全くコースアウトに気づかなかった。まぬけですね。これでは「山の神」ならぬ「山の噛み」です。4km近く余計に走ってしまった。往路は27km走ったことになる。復路のガス欠が心配になった。

芦ノ湖のゴール地点に着いたとき、時計は2時間42分。
お目当てのおしるこはなかったのでココアでガマン。給水後、小雪舞う中復路スタート。
5kmまでの登りをガマンと思い走るが、2~3kmあたりの上りがきつかった。ガマンを重ねて5km過ぎの芦ノ湯を通過してから下りで勢いづく。朝飯なしで空腹のまま走っていたからお腹が減ってきたけれど、キロ5分切るペースで順調に進む。しかし宮ノ下過ぎてから両ふくらはぎがひくひく笑い始めた。けいれんのあと何度かバランスを崩しそうになった。このあたりは路面が悪く、交通渋滞が始まったので不自然な動きがブレーキとなって足に負担がかかったのかもしれない。

湯本あたりから暖かさを感じ始めた。気温9度ながらも、芦ノ湖付近の冷気と比較するとあたたか過ぎるぐらい。残り5kmはけいれんはおさまったけどさすがにきつかった。それでもキロ5分ちょいを維持できていた。

復路23.4kmは2時間3分、往路とあわせて50kmちょっとを4時間45分なので上出来でしょう。

帰り道、小田原駅から東海道線グリーン車に乗って横浜まで。さすがに足はがくがくです。しっかりストレッチしておきます。


« 今年初の24 時すぎのひと | トップページ | あなどれない筋肉痛 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/43719211

この記事へのトラックバック一覧です: 山のカミ:

« 今年初の24 時すぎのひと | トップページ | あなどれない筋肉痛 »