2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

闘う私にもきっと追い風が。。。

5月最終日、日産スタジアムまで往復22km。ももが痛まなくてよかった。スピード練習入れるとぴりっときそうだったのできょうはおあずけとしました。今大切なことはスピードよりも継続して練習することだと思っています。

5月はサロマの仕上げにしたかったけれど、風邪・業爆・ももの故障とトラブル続きで月間266km。300kmにも届かなかったばかりでなく、かなめの40km走もいけなかった。まるで昨年のサロマ直前みたい。昨年の悪夢の再現はごめん、いま信じたいのは昨年の秋田の奇跡の再現です。
ラスト1ヶ月をしっかり仕上げます。

走り終えた後は自宅がまさかの水道断水。走った後お風呂入れないと困るので、着替えて横浜駅のスカイスパへ。疲れもたまっていたので、炭酸泉でゆったり。そのあとは新宿高島屋11階での催し物へ。足跡を思い出の曲を記憶の引き出しから取りながら心の中に流したメロディー。帰る前に「寄せ書き」に記帳して会場をあとにしました。

ただいま、馬場さんのコンサートからの帰り道。三郷まで足を伸ばして行ってきました。本日のタイトルはお気に入りの曲のタイトルが含まれています。気持ちをリセットし、また新しいスタートラインに立ち、ファイティング・ポーズを取ろうという気持ちになりました。足を運んでよかったです。

2009年5月27日 (水)

徹夜明け同然

きのうは先週いらっしゃった「お客様」からいただいたプレゼントの料理に四苦八苦。6人から35個もいただいたら、手分けをしても期限の一週間以内に片付けることはほんとうに至難の業です。一回5時間の社内会議もあいだに3回入れられ、きのうの夜は追いつめられた感じで追い込みかけました。時間を忘れて目の前の課題をひとつひとつ片付けていったので、またしても徹夜の勢いでした。足の痛いのも忘れてました。

26時半すぎに許容範囲までたどりついた感じでしたので、会社に泊まらずに帰宅。品川駅までは歩きを覚悟しましたが、運良くタクシーゲット、自宅には3時半前に到着。睡眠は2時間、走りは40分。眠さで神経の感覚が鈍かったのか、きょうは歩きなしのノンストップでした。

会社では、出先から上司が心配して「会社泊まったのか?」と電話いただきました。きのうてんぱった表情していたので気にかけていただきました。宿題は2つ残しで提出。また追加のプレゼントがあるようです。頬がひくひくしてきました。

ノーザンデーの特権を活用してほぼ定時退社のあと葡萄感、もとい武道館へ。そういえばきょうが2回めの命日でしたね。♪かけがえのないもの がいちばん心にこだましました。

今週もあと2日勤務、仕事も、足の痛みもおだやかでいてほしい。

2009年5月25日 (月)

歩きも交えて

昨日のハーフから一夜明け、もしも走れるものならという期待を胸に外に出ましたが、走る体勢をとると、昨日同様の左もも裏のつっぱり感が気になって、とても走れそうになかったです。かといって、そのまますごすごと自宅へ退散して悶々としているのも癪だったので、「歩くこと」で何かを変えたいと気持ちを切り替え。50分、歩けるところまでといつものランニングコースのみなとみらいへと足を進めました。みなとみらい大通りに着いたあたりから走れそうな感じになってきたので勇気を出して体を動かしてみると、走れました。結局25分かかってパシフィコ横浜まで着いたので、そこで折り返し。家に到着したのが40分だったので復路は15分。いつものペース並みにずいぶん盛り返しました。まさにきのうの大会の走りそのものです。

しばらくは歩きから入って、いけそうになってから走ることにしたいと思います。

2009年5月24日 (日)

反省も含めて

連休あけてから、風邪(おさわがせのインフルでないです)、得意先資金繰り悪化の対応、とどめは国税対応と難題続き。一度徹夜して朝2、3番ぐらいの電車で会社から自宅へ帰ったこともありました。生きているのやらピクリともしないのかわからない日々が二週間も続きました。練習もせいぜい6〜8kmがやっと。土日も含めて。深刻な練習不足です。

幸い、久々に土日お休みをいただけたので、気分転換も兼ねてカーター記念黒部名水ロードレース(ハーフ)に出場。インフルで過剰とも思える反応が目につくここ最近ですので、会社にも実家にも「内緒」で走りました。

当日は肌寒い曇り空。絶好の気象条件。きのうの1000m3分32秒といい、神さまはまだわたしに救いの手を差し伸べてくれているように思えました。
5kmまでは20分26秒と予定通りでしたが、6kmで左もも裏肉離れ。春日部ハーフから引きずっていたももの張りが練習不足も響いてここにきて爆発。キロ4分25秒ぐらいで踏ん張っていたけれど7km過ぎでもう一度もも裏が突っ張ってジ゛・エンド状態。スタート地点付近をもう一度通過する8km過ぎで棄権のつもりが、10kmまで行こうと引っ張り、キロ6分近いペースでがまん。10kmでナンバーカード外そうと準備しようとしたそのとき、キロ5分半ぐらいなら行けそうと気が変わり、完走を目指すことに。もろ、昨年12月の防府マラソンのパターンです。

そのあとはキロ5分20秒で15kmまで走ったあと徐々にビルドアツプ。ラストは4分20秒台まで上がりました。痛む足で。さすがにキロ5分オーバーを10km続けたので、100分を突破してしまいました。

【5kmごとラップとスプリット】
20.26-45.57(25.30)-1.12.24(26.27)-1.36.26(24.02)-1.41.22(4.56)

まずは足を治すことが先決です。大事に至らぬように。サロマを棒に振ることのないようにしたい。そして、記録は出せるときに出しておかないとチャンスを逃してしまうことを痛感しました。春日部大凧ハーフ前の絶好調さが今になって惜しまれます。

2009年5月 8日 (金)

変調の兆し

ここ最近のぐずついた天気で体まで調子狂ってしまった。目覚めたときにのどが少し痛かった。きのう豪快な寝相をした報いか。朝練習時もどことなく体がふわふわ。帰宅後体温測ったら平熱だったので安心したけど。春日部大凧からの左もも裏の張り、2日続いた飲み会でのリバウンドによる1500g増量(祈・瞬間風速)と、5月4日を境に運気が悪いほうに変わってしまったみたいです。チャンスを生かすべきときに生かせないとこうなってしまうのかと痛恨の極みです。ちなみに、朝通勤時の東海道線の遅れ、24時半帰宅、帰宅時の東海道線での急病人騒動などなど、きょうはだめだめな1日でした。

悪いことは忘れて、とっとと寝ます。

2009年5月 6日 (水)

足の張り

連休最終日は朝練習で磯子まで往復20km。足の張りと二日酔いでスローペース。久々に「調子悪い」と実感した走りでした。大会翌日のきのうよりもきつく感じました。途中で何度かけいれんがきそうでした。20kmを前半61分半、後半は終盤に盛り返して59分で合計2時間をちょっとオーバー。ここ数ヶ月の練習でのリズムのよい走りではない苦しい走りに自分の中で戸惑っています。またかつてのような不調に戻ってしまわないかと。

悩んでばかりもいられないので、走り終えた後横浜駅のSPAに行き、ゆったり温浴にマッサージ。先日痛くなった左もも裏よりも右ひざ裏のリンパあたりを揉まれたときに激痛を感じて、思わずのけぞってマッサージをストップさせてしまったこともありました。足のいろんなところが疲れていることを実感しました。大会前の40㎞走と30㎞走のショック療法の疲れに大会の疲れが乗っかったような感じがしています。

きょうで連休おしまいです。仕事はまた2週間ぐらいばたばたしそうですが、ひとつひとつ、やれることから着実にこなし、乗り切って行きたいと思います。

2009年5月 5日 (火)

春日部大凧ハーフ…ブレイクならずスカ

春日部大凧ハーフ、絶好調のつもりで臨みましたが、暑さと左もも裏の張りで調子狂い、1時間31分25秒と「まさか」のタイム。予定タイムに遠く及ばないばかりでなく、昨年のブレーキタイムより10秒ほど上回るにとどまりました。極めて不本意、穴があったら入りたい走りでした。ブレイクならずスカでした。。。

☆記録:1時間31分25秒
☆順位:年代別82位
☆5kmごとLAP
  20:07-41:46(21:39)-1:04:02(22:16)-1:26:41(22:39)-1:31:25(4:44)

入りの1kmはラッシュの影響受けて4分3秒、こんなはずではと少しあせり。次の1kmは巻きなおしてキロ3分46秒に戻した。ここから本領発揮と思った3㎞は11分49秒と思ったほど伸びていない。暑さでのどがかわいてきた。そして左もも裏が痛み出してきた。体は楽なのにスピードに乗れない。そうこうしているうちに同行の会社の先輩に抜かれた。4km通過時にキロ4分を超え始めた。こんなはずではないと思いつつ苦しい走りが続く。

5kmは20分07秒、4~5kmは4分13秒かかった。次の6kmは上り勾配でピッチ上がらずキロ4分16秒。ここで気持ちが切れたかもしれない。そして左もも裏も気になり始めた。堤防に出る8kmまでの辛抱と思っていたが、堤防に上がってからは自覚症状はないのにキロ4分20秒台。あまり抜かれていないのにこのタイム、遅いペースに落ち着いてしまったことに反省。

15kmで時計を見て、せめて1時間30分は切りたいと思ったけれど、スピードに乗れない走りは相変わらず。17kmの給水のすきに顔見知りの走友に抜かれた。必死に追い、いいリズムで走っていたけれど、差は開くばかり。追いつかないと1時間30分カットはないと考えていただけにもどかしかった。

せっかくの好調を生かせず、残念でした。速さは徐々に戻ってきたけれど、強さという面ではまだまだの実感でした。サロマに向けて実戦での立て直しのチャンスは日曜の仙台国際ハーフが出られなくなったので24日のカーター記念黒部名水ハーフのみとなってしまいました。あと20日、何とかしよう!

2009年5月 3日 (日)

ブレイクなるか?

きょうからわたしにもようやくGW到来。あすの春日部大凧マラソンの準備に疲れのたまった体をいたわりながら、ゆっくりしていました。きのうはマッサージ中に爆睡、よっぽど疲れていたんでしょう。

朝はみなとみらいまで走り、春日部大凧マラソン前日の1000m最終調整。9時ぐらいから毎年恒例のパレードがあるようなので、それまでに走り終えることが必須でした。2年前、人ごみをかきわけながら走って、疲れたばかりでなく、かなり顰蹙買ったかもしれなかったので。

走り始めると、前半150mすぎのポイント通過が36秒と予定より2秒遅れてやばいと思いましたが、そのあと徐々に持ち直し、折り返しは1分47秒。後半はその勢いを持続して初めて1分45秒カット、ゴールは3分31秒のみなとみらいコースベストでした。日産スタジアム横のコースで出した3分29秒には届かなかったけれど、あすの走りに期待が持てます。ハーフ1時間24分ぐらいでは満足できないという気持ちです。あすはブレイクの「チャンス」と心得て、ここ数年の低空飛行を突き抜けるつもりで走ります。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »