2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« サロマ速報 | トップページ | 区切りの10年 »

2009年6月29日 (月)

サロマのラップと反省

お昼に横浜へ戻りました。故障のリスクを抱えながらも果たした2年がかりの完走、その一方で80km以降崩れて8時間台を守りきれなかった悔しさも重なり、何か微妙な気分です。

【サロマのラップ&スプリット】

km LAP SPLIT
5 0:22:10 0:22:10
10 0:44:56 0:22:46
15 1:08:31 0:23:35
20 1:32:34 0:24:03
25 1:56:16 0:23:42
30 2:21:01 0:24:45
35 2:45:51 0:24:50
40 3:12:38 0:26:47
45 3:39:49 0:27:11
50 4:07:31 0:27:42
55 4:37:57 0:30:26
60 5:06:41 0:28:44
65 5:35:56 0:29:15
70 6:06:20 0:30:24
75 6:35:29 0:29:09
80 7:08:40 0:33:11
85 7:44:18 0:35:38
90 8:22:57 0:38:39
95 8:56:47 0:33:50
100 9:27:54 0:31:07

調子をつかめず、苦しい走りが続きましたが、ペースは好調期に及ばなくても「リズムとリラックス」を心がけて粘れていたこと、そして曇り空の絶好の気象条件のアシストがってトイレ休憩が少なめだったので、後半への希望を持ちながら走れていました。

ただ、レースの流れをつかみきれなかったことが痛かったです。着替えステーションを抜けた55kmからの伸び悩み、持ち直して好調ムードに乗って走っていた63kmのキムワネップ岬付近で1kmラップが6分ちょっとだったことで出鼻をくじかれたことなどなど。そして何よりも74kmの鶴雅リゾートを抜けてからワッカまで思った以上に脚を使いすぎてしまいました。疲れきってしまったのか、ワッカ入り口のエイドで3分長居してしまいました。ここが踏ん張りどころだったかもしれません。

80km以降は脚、特にももの動きが悪くなりました。着地のたびに伝わる衝撃でストライドがまったく伸びず、キロ7分ペースに。追い討ちをかけるように、右ひざ裏が張って何度か立ち止まりました。歩きに限りなく近い走りでした。

ワッカを折り返し、92km過ぎからワッカに脚が慣れてきて徐々にペースを取り戻しはじめました。しかしここでもアクシデント発生。左肋骨あたりに張り発生。心臓に近いところなので非常にあせりました。スピードを上げたいところで少し控えめにせざるを得なかったところは痛かったですが、大事に至らずによかったです。

振り返ると、今回のレース展開といい、タイムといい、3年前とそっくりです。進歩がないですね。

ゴール後は応援に駆けつけていただいた会社の方に北見まで送っていただき、ご馳走になりました。この方はおそらく今年がサロマ勤務最後になるだろうから、8時間台ぐらいはと思っていたのですが。。。 前日旭川での会合の後、大会当日の午前3時半に遠軽までお迎えにきていただき、そして北見での慰労会。ありがとうございました。

ももの痛みが著しいです。復活には1週間近くかかるかな? 

« サロマ速報 | トップページ | 区切りの10年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126457/45489147

この記事へのトラックバック一覧です: サロマのラップと反省:

« サロマ速報 | トップページ | 区切りの10年 »