2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

8月も終わりです

昨晩22時半に長崎より帰還。帰ってきて体重測ったらおそろしい結果に!

走るほうはほどほどに、ウシと海の幸をたっぷり食べ過ぎたバチがあたったみたい。こんな重たい体で(?)大会当日は軽やかな走り。体重絞ったらもっといい走りができそう。でも、秋田まではあと4週間弱です。せめて8月上旬の人間ドック受診時の体重に戻さないとあかん。

8月の月間走行距離は465.9km、500kmに乗せたかったけれど右足首炎症による4日のブランクが痛かったです。でも、土曜のハーフで痛まなかったのはほっとしました。

昨日帰宅したらポストに防府マラソンの要綱が届いていました。昨年何かとお世話になった大会でしたので「即」申込書を書き上げ、「お礼状」も別途はがきにて記しました。精一杯のベストを尽くすとともに、楽しむ気持ちと市長をはじめ防府の皆様への感謝の気持ちを心にとどめて走る所存です。すでに、航空券も宿も「2泊3日」で手配しました。

タイトルとはあまり関係のない内容でしたが、9月はいよいよ「秋田」の月です。胸のすくような走りができるよう、最善を尽くします。

2009年8月30日 (日)

朝ラン・鬼岳お見事でした

朝ラン・鬼岳お見事でした
毎回恒例(?)、前日走った五島夕焼けハーフのコースを早朝に「もう一本」。

前半はキロ6分ちょいペースで、その後ビルドアップ。きのうはまだ余裕あったかなと走りながら。さすがに15kmすぎからのどがかわいたり、右もも裏があわやけいれんと苦しみましたが。。。

鬼岳と五島の海が見事、一度は携帯持参で走ろうと思っていたので、今回初持参。「これは!」と思えた箇所で足を止めて撮影しました。

写真は鬼岳、コースの11km付近です。大会中は景色見る余裕まではなかったので、じっくり見た時に気づく感動はまた大きいです。

2009年8月29日 (土)

五島夕焼けマラソン速報

ハーフ1時間33分11秒の年代別35位。現在のコースになって4回めにして、これまでのコースベストを3分47秒更新しました。

【5kmごとラップ】
21.13-43.26(22.13)-1.05.36(22.10)-1.28.00(22.24)-1.33.11(5.11)

右足首にもしもの場合を考えて湿布とサポーターで固めて出走。スピード練習不足を考慮して腹八分目ペースを心掛けた。
すると、2km8分5秒と予想もしないペース。久々に「絶好調」を体感した。いつもはここでもうキロ4分半に落ちているのに。

4kmから暑さがこたえ始めてキロ4分半ぐらいに落ちかけたが、5km通過で気をよくして再び復活。難所のヘヤピンカーブ後のきつい上りも余力を残し、キロ4分40秒台とロスも最小限にとどめた。

10km通過は今考えられるこの難しいコースでのベストに近いタイム。1時間30分切りは届かないかもしれないけれど、1時間31分は切れそうに思えた。このあたり、まだ余力十分でフルマラソン走っているような体感だった。そういえば、2年前の北海道マラソンもこんな感じだったな。。。と思い出した。

15km過ぎから小刻みに続くアップダウンでジャブのように余力を吸い取られた。余裕ありそうなのに、ラップもキロ4分20秒台がやっとになってきた。

1時間27分ちょいで通過できると思っていた20kmはジャスト1時間28分。5km22分ちょいが続いていたので、仕方ないか。しかし、このあとが本日唯一の反省点。武家屋敷跡をすり抜けるアップダウンで踏ん張りがきかなかった。平らになってから巻き返しをはかったが借金が大きすぎて、ラスト1.0975kmは5分11秒とブレーキ。ゴールは1時間33分台に落ち着いてしまった。
それでも、夏場の難コース、足首の故障、スピード練習不足を乗り越えての3分47秒のコースベスト更新は、不安だらけだった「秋田100km」への大きな励みを得たと思います。足首も全く問題なかったです。今日の走りを再現すれば、8時間30分はいけそう。

今日の走り、出走1時間半前に、ある友人からいただいたメールが引き金となって気持ちが点火して、程よくアドレナリンが分泌されたことが結果につながりました。これ以上ないと言ってもいいベストタイミング、狙ってもきっとできないかも?
今度土曜にお会いする予定がありますので、しっかりお礼しておきます。

長崎にて

長崎にて
長崎にて

きのうの夜に長崎着きました。
「長崎は今日も雨だった」、でも晴れ男が上陸したので雨上がりました。えっへん。

写真は、長崎の市内電車と、あのおいしいカステラで有名な「福砂屋」です。
宿は25年ぶりの思案橋の夜。懐かしいけれど、当時の面影と記憶がマッチしなかった。家に帰ったら、当時撮った写真を眺めてみよう。

体調は1000m刺激を3分38秒。大事をとって足首にサポーターつけて走って昨年の3分42秒を上回った。体はほぐれているみたい。スピード練習不足と足首の爆発だけが心配ですが、リラックスを大切に走ってきます。

2009年8月25日 (火)

マグロ状態? いやいや。。。

ごぶさたですみません m(_ _)m

先週富山から帰省後に痛かった右足首が悲鳴を上げてしまい、不本意ながらドクターストップ。整形外科に通院し、右足首の炎症との診断。思い返すと、サロマを「備え」なしで走ったときの無理がきたことと、7月下旬に気管支炎とリンパ腺炎による高熱で弱りきった状態で練習再開したことによる無理がたたったのだと思う。医師からは「けがの出やすい脚」で走りすぎているとダメだし食らったけれど、ランナーの気持ちをよくわかった方でした。病院では電気治療のあと足首を包帯でぐるぐる巻きにされて4日間通院。この間はお風呂はご法度で右足は防水用のビニール袋を巻いてシャワー。あわや「ウオーター・ワーム」(水虫?)になりそうでした。

3日間の完全休養後、ようやく金曜から走り始めました。マグロ状態からようやく動き出した感じです。

故障で苦しんでいる間は、「せっかく練習ができるようになった矢先に」とずいぶん凹みました。走ることで、少しずつ自分を取り戻していこうと日々積み重ね、今こうしてようやく落ち着いてきました。「ゆっくり走りながら徐々に上げていくように」という医師の許可を得て、右足首に湿布とサポーターを巻いて練習しています。今週土曜は「五島列島夕焼けマラソン」で遠征です。まさにぶっつけ本番同然ですが、「いいきっかけ」をつかめたらと思います。

2009年8月16日 (日)

現在帰還中・なぜか小松経由?

ただいま富山帰省から帰還途中ですが、富山空港ではなく、なぜか小松空港にいます。要は帰りの飛行機手配ミスにけさ気づき、あわてて空席照会したら富山発は全滅ながら小松発は奇跡的に4席空いてました。悪運の強さ、引きの強さにわれながら感心。でも、空席なかったらどうするの?(在来線と新幹線立ちっぱなし覚悟でした。)

里帰りのほうは、初日の居づらかった同窓会のあとは、実家でのんびりしているのが大半で、あとはお墓参りですね。

練習は、右足首の痛みに苦戦しながらも、14日22.4km、15日30km、16日25kmとはかどりました。

【14日】
前日の同窓会は珍しく一次会で帰り、悪酔いしなかったので予定通り朝練習。
久々の田園風景の中に建設中の新幹線高架の姿がちらほら見えたのが印象的でした。
相変わらず右足首内側が痛むけれど、ぐるぐるまわすと、いくらかはしのげます。アフターケアが大事ですね。

【15日】
実家から高低差100m上って戻る30km走。実家帰省時の練習で初めて岩峅寺を越えました。岩峅寺から先は、14年前に立山アルペンハーフマラソンで走ったコース、行きの傾斜を思い出しました。
コースの特性から、「秋田100km」をイメージして走りました。本番で生きてほしい。
締めの練習で1000m一本、3分48秒。伸びなかったのは、30km近く走った疲れと右足首痛の影響もあったと思います。それでも後半は1分52秒とよく粘れました。

【16日】
富山最終日は中学時によく釣りに行った滑川の高月海岸まで行って帰ってきました。海原の碧さに吸い込まれそう。なつかしい思いも重なり、走りを止めて海をずっと見ていたかった気分でした。
高月海岸から少し足を伸ばし、滑川市役所まで行って往復25km、途中は滑川ほたるいかマラソンのハーフのコースを通りました。この大会は10kmしか経験がないので、未知で新鮮な感じがしました。
右足首内側は10km超えると痛くなってきます。徐々に痛みを感じ始める距離は後ろのほうに長くなっているような気がしていますが。。。


あすから日常に戻ります。なつかしさと何だか割り切れない思いがおみやげに持って帰った今回の帰省でしたが、しっかり切り替えて、あしたへと臨んでいきたい。

2009年8月13日 (木)

同窓会

中学卒業後29年めの同窓会。5年に一度の開催で前回参加時ははめをはずすほどもりあがった。しかし、今回は気の合うメンバーも減り、地元にいないので、何だか自分の居場所がない感じだった。楽しみにしていた会合が何だかむなしかった。
休みは16日までの4連休、実家でのんびり過ごします。

2009年8月10日 (月)

ドック、無罪放免(たぶん)

本日は人間ドックの日、台風の影響で大荒れ模様の天気予報通り、朝から次第に降りがきびしくなってきた。めげそうになりながらも山下公園まで行って10kmちょい走ろうと足を進めていたそのとき、山下公園手前の高架橋途中で突然目の前に火の玉のようなフラッシュ。落雷直撃を覚悟したけれど、幸いにして雷鳴までには時間が空いていた。命拾いした。
そのあとも気持ちを切らさずに自宅まで11km走りきりました。無事で何より。

朝7時前に人間ドック受診のため、白金台にある病院へと向かうが、この時間帯が降りのピークか?けたたましい路面をはじく雨の音だった。


そんな感じだから、ドックの結果に不吉を暗示していたが、幸いにも速報値では異常なし。数値も改善されていたので、医師からも「安定していますね」とお褒めのことば。体重が前年に比べ1700g減は個人的に気をよくしました。

ドックも無罪放免だったので、お祝いの一杯いただきたいです。

2009年8月 9日 (日)

むかし感じた「風」

3年前まで住んでいた尼崎まで遠征。そういえば昨年もこの時期に行った。

小雨の朝、かつて住み慣れた街の余韻を感じながら走る。懐かしかった。
武庫川河川敷では3000mを一本。なんと13分03秒。。。
1000から2000mまで4分30秒ぐらいかかってしまった。きついと感じなかったのに。
向かい風もあったけど、まだまだスピードに乗り切れていない。

帰り道、4年前の列車事故の現場のマンション脇を通った。
今でも警備員と献花台が。まだまだ残る事故の爪あと。。。
忘れてはいけない。

3年前まで2年暮らした尼崎の街。前半の1年は順風満帆だったのに、後半の1年は無風を通り越し逆風に風向きが転じた。

昨年もそうだったけれど、幸せも苦難も味わったこの街で、当時自分を走らせていたものは何だったのかに気づき、「新しい風」をつかむきっかけにしたかった。自分の中で「手応え」はまだまだだけど、少しずつでもいいから「何か」をきっかけに少しずついい方向に進んでいけたらと願っています。

雨は計算外だった。時間があれば甲子園にもいこうと考えていたけれど雨天中止。予定変更して、尼崎からかつて住んでいた最寄り駅の武庫之荘まで足を運び、大好物のカスタードホルンの「一本焼き」を買って家路へと向かうことに。。。
あすの人間ドック前の栄養補給をしっかりやっておきます。

2009年8月 5日 (水)

徐々に軌道修正

月曜までは、右足首痛、寝不足、心労などノリの悪さばかりが目立っていたけれど、火曜日に懸案が解決してから運気上昇。胸のつかえが取れた。やっと眠りも回復した。その気持ちの切り替えが翌日朝の練習で右足首の痛みをやわらげてくれた。気持ちの持ちようですね。

朝12km走ることがようやく習慣になりつつあるようだ。いまは回復途上なので無理せずに12kmで刻んでいるが、足首の状態がよくなってきたら距離を伸ばそう。これからが勝負。

仕事はあすが経理締めのため正念場。短期集中覚悟ですが、運も味方につけながらうまく乗り切っていこう。

2009年8月 4日 (火)

復帰早々、「新人病」とは。。。

7月26日より練習再開し、金曜日まではけがなく走れていたけれど、土曜日に日産スタジアムまで往復したあたりから右足首内側が痛くなった。そういえば、昨年冬の防府マラソンの中間点すぎで同じところが痛くなったし、サロマの途中でも何となく気になっていた違和感だった。

昨年夏はアキレス腱の痛みに悩まされた。そのとき医師が下した診断は肉離れや疲労骨折ではなく、筋膜炎。いわゆる「新人病」だった。今回も同じと思う。復帰早々同じような新人病になろうとは。。。

何とか距離は稼げる。しかし、スピードを出すとどうも伸びない。土曜の日産スタジアム回廊1周で3分39秒要した。そして日曜の本牧高架下での1000m走に至っては3分57秒。ブランクも影響していると思うけれど。。。

まずは、足首の状態と相談しながら、錆付いた切れ味をそぎ落とす練習に励んでいこう。

復帰後、飲み会続きながら定時近辺で帰宅できているのは体調的にはいいけれど、いくつか解決しないといけない心の中でのもやもやを抱えている。だから、今日のように夜中何度か目がさめてしまう。これまでも何度か経験して乗り越えてきたことなので、いらいらしても仕方ない。心を落ち着け、アツくならずに乗り切っていきたい。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »