2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

11月反省

きょうで11月もおしまい。9月27日の秋田100kmのあとまる2週間休養し、12月20日の防府マラソンに向けてエンジンをかけ始めた1ヶ月。

その成果はというと。。。

走行距離は410km、3日休足(全日本大学駅伝観戦1日、二日酔い1日、日直業務1日)が惜しかったが、まずは及第点。スピード練習は1000mレベルでは絶好調時の3分29秒まで戻ったけれど、ロングは3000mたった1本だったので、実戦感覚面で弱かったかもしれない。そして肝心の大会のほうは、ハーフ2本走って90分とぎりぎり88分。しかも2本ともアルコール漬け、調整不十分など、これまでの調整では「タブー」と考えていたことをことごとくやっちまった。これはいろいろな事情はあるにせよ、ベストパフォーマンスを常に目指すアスリートとしては疑問符をつけざるをえない。よくぞこの程度で踏みとどまれているということ、これまでの練習の蓄積だろうから、決してこれにあぐらをかいてはいけない。

悲観する材料ばかりではなく、中盤の走りかたや、苦しみの中で見つけた復活の糸口など、次へとつながる伸びしろは残されていると思う。防府まであと3週間弱、12月はしっかり仕上げていこう!

2009年11月29日 (日)

横浜マラソン

横浜マラソン、ハーフ1時間28分59秒でした。。

【5kmごとラップ】
21.04-42.12(21.08)-1.03.16(21.04)-1.24.27(21.11)-1.28.59(4.32)


【走評】
昨日家内のご家族との昼食会でアルコールは80%にセーブしたが、その前日の飲み会のダメージが残っていた。先週の横須賀ハーフのようなひどい二日酔いでなかったが、勝負どころでの踏ん張りがきくか不安を抱えていた。先週あの体調で1時間30分台だったので、今回は悪くても1時間27分はほしかった。


入りの1km3分47秒は上出来も、2kmすぎから腹痛、そのあと呼吸がいっぱいいっぱいになってキロ4分25秒ペースの苦しい走りに。5km20分30秒以内を考えていたのに21分オーバー、このまま終わってしまいそうに感じた。


6kmすぎて海釣り公園に出てから思い出したように体が動き始めた。胸のむかむか感もどうにかがまんできるようになった。キロ4分25秒ペースが4分10秒前後に復活。リズムに乗って、フルマラソンの中盤を意識して、流すように走れ始めた。5kmラップも、21分ちょっとで踏ん張れている。欲をいえば、5km20分台に上げて1時間27分台狙えるところまで持ち上げたかったが。。。


15km過ぎてから、向かい風もこたえ始めてまた苦しくなった。このあたりは路面が悪く、風景も単調でがまんくらべでしたが、似たペースの集団の中で踏み止まっていたら大きくペースを落とすことなく粘れていた。ゴールは辛うじて1時間28分台でまとめました。


先週二日酔いで走った横須賀シーサイドマラソンが1時間30分22秒だったから、本来ならば1時間27分台で走るべきでしたが。。。
苦しさの中で見つけた粘りは収穫でした。

2009年11月23日 (月)

さぼり気味ですみません。。。

たいへんごぶさたしております。

11月に入ってから、仕事、プライベートでいろいろとばたばたしていたため、日記を更新する余裕も少なくなり、いつしか意欲もフェイドアウトしておりました。すみません。

先日、よこすかシーサイドマラソンを走ってまいりました。
9月の秋田100kmからの復帰第一戦でしたが、直前の飲み会4連発(大会前日も!)、インフル予防接種後の後遺症(?)もあって、出走ピンチでした。。。

睡眠時間2時間、朝食は4日連続のアルコール漬けで食パンひときれしか喉を通らなかったことで、体にかなりのハンディを用意した感じでした。それでも、「こんな感じで」辛うじて完走しました。

【5kmごとラップ】
20.48-42.15(21.27)-1.04.25(22.10)-1.25.34(21.09)-1.30.22(4.48)

スタート前は二日酔い止めの(?)ポカリスエット持参で不安だらけでしたが、アップがしっかりできたことと、入りの1kmが3.55だったことで安心。2~4kmで向かい風で体が起きて苦しくなったけれど、ロータリー折り返してからビルドアップ。力まずに前を追っていけました。

さすがに10km手前から15kmぐらいまでの観音崎灯台付近のアップダウンで余裕を奪われ、1時間30分切るのは微妙に。15km以降はかなり巻き返したけれど、最後の1kmで脚が止まりました。二日酔いのぼろが出たかな?

完走できれば十分と思っていたので、秋田100km後の復帰戦にしては最低ラインで踏みとどまった感があります。でも、大会に臨む姿勢としては落第もいいところです。4日連続のアルコール漬けはもともと決まっていた予定に会社で急遽プラス2日を入れられ、数珠つなぎになってしまいました。次週の横浜マラソンはこんなことはないはずなので、今日よりマイナス3分でいきたいです。

2009年11月 2日 (月)

感動しました。。。

熱田神宮から伊勢神宮へと駆け抜ける大学駅伝、応援に行ってきました。
5年ぶりの熱田・伊勢路に登場できた後輩たちのスタートを見届けたあと、列車を乗り継いで選手たちを追いかけ、3区7km付近、第5中継点、第7最終中継点、そしてゴールへと向かいました。

結果は。。。
ここをご覧ください。大健闘と思います。ことばだけでは語りつくせない感動がありました。特に最終中継点、自分の目の前で行われた「心のたすきリレー」。。。


体育系でもない国立大学でも「やればできる」ことを教えてくれた気がします。
大きなブレーキもなく持てる力を出しきれた後輩たちがたくましく思えました。拍手です。

改めて教えられた努力、情熱、目標達成に向ける執念の貴さ。
自分自身にも刺激を与えていただきました。そしてここでの四年間で汗を流したことが今でも生き続け、後輩たちにまで「伝統」として流れ続けていると思います。


帰りに赤福本店に寄って食べたぜんざいの味は格別でした。
達成感にも支えられたおいしさ。こんな満足感を、できることなら何度も味わってみたい。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »